鳥 イラスト。 鳥クリップアートとストックイラスト。384,626 鳥EPSイラストとベクタークリップアートグラフィックは数千ものロイヤリティーフリーストックアート提供者から検索することが可能です。

鳥 イラスト

概要 空を飛ぶことに適応した脊椎動物群。 現生する唯一の恐竜の系統群でのに属する。 恒温性があり、で、を持っており歯は無く、体が体毛()で覆われており、前肢がになっている。 歯が無いかわりに砂嚢(砂肝)で食物をすり潰す。 の前後に空気を貯めるふいごのような器官(気嚢)を持ち、きわめて心肺機能が高い。 体制に飛翔のための適応が顕著であるが、やなど空を飛ばない鳥もある。 によるコミュニケーション、群れの形成、つがいが協力しての子育てなど、社会性を発達させた種が多い。 知能が高く社会性を発達させた種が多いことはと共通する特徴だが、まぶたが二重(瞬膜)、血液中のアンモニアを尿酸に変えて排泄するなど、基本的な体制はの特徴を残す。 恐竜が進化の過程で獲得した恒温性や軽量ながら強靭な、気嚢システムによる高度な肺機能は鳥類に受け継がれ、多大な運動量を要求される飛翔に役立っている。 多くの鳥類はオスのペニスが退化しており存在せず、オスメス共に「」と呼ばれる排出器官と生殖器官を兼ねる穴がある。 フン・卵・精液などはみんなこの穴から排出される。 交尾の際にはオスとメスがこの穴を押し付けあう形をとる。 ただし、はリンパ液によって勃起するペニスを有し、カモ科は繁殖期ごとにペニスが生え変わる。 鳥の種類の一覧• ダチョウ目• ダチョウ科:• キーウィ目• キーウィ科:• ヒクイドリ目• ヒクイドリ科:• シギダチョウ目• シギダチョウ科:オオシギダチョウ• キジ目• キジ科:() () () (、) シチメンチョウ()• カモ目• ハト目• ハト科: デンショバト()• ドードー科:ドードー()• カッコウ目• カッコウ科:• ツル目• ツル科:• クイナ科:クイナ(水鶏)• チドリ目• チドリ科:コチドリ• シギ科:ヤマシギ• ウミスズメ科:• カモメ科:• カイツブリ目• カイツブリ科:• フラミンゴ目• フラミンゴ科:ベニイロフラミンゴ• ヨタカ目• ヨタカ科:• アマツバメ目• アマツバメ科:• ハチドリ科:ミドリハチドリ• ペンギン目• ペンギン科:• ミズナギドリ目• ミズナギドリ科:オオミズナギドリ• アホウドリ科:• コウノトリ目• コウノトリ科:• ペリカン目• ペリカン科:• サギ科:• トキ科:(、)• ハシビロコウ科:• カツオドリ目• カツオドリ科:アオアシカツオドリ• ウ科: ウミウ• タカ目• ミサゴ科:• ヘビクイワシ科:• コンドル科:• フクロウ目• フクロウ科:() ワシミミズク• サイチョウ目• サイチョウ科:• キツツキ目()• キツツキ科:• オオハシ科:オニオオハシ• ブッポウソウ目• ブッポウソウ科:• カワセミ科:• ハヤブサ目• ハヤブサ科:ハヤブサ()• スズメ目• カササギヒタキ科:• モズ科:()• カラス科:()• フウチョウ科:()• シジュウカラ科:• ヒバリ科:(、)• ヒヨドリ科:• ツバメ科:(、)• ウグイス科:()• エナガ科:• メジロ科:• キクイタダキ科:• ゴジュウカラ科:• ムクドリ科: ()• : ()• スズメ科:(、)• カエデチョウ科: ( )• セキレイ科:• アトリ科:() ()• ホオジロ科:• オウム目• インコ科:• オウム科:(• 古代鳥:(、、、) 鳥が関連とする神話・伝承• 神話・伝承• 仏教:• その他: 鳥物• 鳥をモチーフとしたキャラクター 特撮• ゲーム• アニメ• その他•

次の

鶏(鳥) のイラスト<無料>

鳥 イラスト

概要 空を飛ぶことに適応した脊椎動物群。 現生する唯一の恐竜の系統群でのに属する。 恒温性があり、で、を持っており歯は無く、体が体毛()で覆われており、前肢がになっている。 歯が無いかわりに砂嚢(砂肝)で食物をすり潰す。 の前後に空気を貯めるふいごのような器官(気嚢)を持ち、きわめて心肺機能が高い。 体制に飛翔のための適応が顕著であるが、やなど空を飛ばない鳥もある。 によるコミュニケーション、群れの形成、つがいが協力しての子育てなど、社会性を発達させた種が多い。 知能が高く社会性を発達させた種が多いことはと共通する特徴だが、まぶたが二重(瞬膜)、血液中のアンモニアを尿酸に変えて排泄するなど、基本的な体制はの特徴を残す。 恐竜が進化の過程で獲得した恒温性や軽量ながら強靭な、気嚢システムによる高度な肺機能は鳥類に受け継がれ、多大な運動量を要求される飛翔に役立っている。 多くの鳥類はオスのペニスが退化しており存在せず、オスメス共に「」と呼ばれる排出器官と生殖器官を兼ねる穴がある。 フン・卵・精液などはみんなこの穴から排出される。 交尾の際にはオスとメスがこの穴を押し付けあう形をとる。 ただし、はリンパ液によって勃起するペニスを有し、カモ科は繁殖期ごとにペニスが生え変わる。 鳥の種類の一覧• ダチョウ目• ダチョウ科:• キーウィ目• キーウィ科:• ヒクイドリ目• ヒクイドリ科:• シギダチョウ目• シギダチョウ科:オオシギダチョウ• キジ目• キジ科:() () () (、) シチメンチョウ()• カモ目• ハト目• ハト科: デンショバト()• ドードー科:ドードー()• カッコウ目• カッコウ科:• ツル目• ツル科:• クイナ科:クイナ(水鶏)• チドリ目• チドリ科:コチドリ• シギ科:ヤマシギ• ウミスズメ科:• カモメ科:• カイツブリ目• カイツブリ科:• フラミンゴ目• フラミンゴ科:ベニイロフラミンゴ• ヨタカ目• ヨタカ科:• アマツバメ目• アマツバメ科:• ハチドリ科:ミドリハチドリ• ペンギン目• ペンギン科:• ミズナギドリ目• ミズナギドリ科:オオミズナギドリ• アホウドリ科:• コウノトリ目• コウノトリ科:• ペリカン目• ペリカン科:• サギ科:• トキ科:(、)• ハシビロコウ科:• カツオドリ目• カツオドリ科:アオアシカツオドリ• ウ科: ウミウ• タカ目• ミサゴ科:• ヘビクイワシ科:• コンドル科:• フクロウ目• フクロウ科:() ワシミミズク• サイチョウ目• サイチョウ科:• キツツキ目()• キツツキ科:• オオハシ科:オニオオハシ• ブッポウソウ目• ブッポウソウ科:• カワセミ科:• ハヤブサ目• ハヤブサ科:ハヤブサ()• スズメ目• カササギヒタキ科:• モズ科:()• カラス科:()• フウチョウ科:()• シジュウカラ科:• ヒバリ科:(、)• ヒヨドリ科:• ツバメ科:(、)• ウグイス科:()• エナガ科:• メジロ科:• キクイタダキ科:• ゴジュウカラ科:• ムクドリ科: ()• : ()• スズメ科:(、)• カエデチョウ科: ( )• セキレイ科:• アトリ科:() ()• ホオジロ科:• オウム目• インコ科:• オウム科:(• 古代鳥:(、、、) 鳥が関連とする神話・伝承• 神話・伝承• 仏教:• その他: 鳥物• 鳥をモチーフとしたキャラクター 特撮• ゲーム• アニメ• その他•

次の

鳥クリップアートとストックイラスト。384,626 鳥EPSイラストとベクタークリップアートグラフィックは数千ものロイヤリティーフリーストックアート提供者から検索することが可能です。

鳥 イラスト

概要 空を飛ぶことに適応した脊椎動物群。 現生する唯一の恐竜の系統群でのに属する。 恒温性があり、で、を持っており歯は無く、体が体毛()で覆われており、前肢がになっている。 歯が無いかわりに砂嚢(砂肝)で食物をすり潰す。 の前後に空気を貯めるふいごのような器官(気嚢)を持ち、きわめて心肺機能が高い。 体制に飛翔のための適応が顕著であるが、やなど空を飛ばない鳥もある。 によるコミュニケーション、群れの形成、つがいが協力しての子育てなど、社会性を発達させた種が多い。 知能が高く社会性を発達させた種が多いことはと共通する特徴だが、まぶたが二重(瞬膜)、血液中のアンモニアを尿酸に変えて排泄するなど、基本的な体制はの特徴を残す。 恐竜が進化の過程で獲得した恒温性や軽量ながら強靭な、気嚢システムによる高度な肺機能は鳥類に受け継がれ、多大な運動量を要求される飛翔に役立っている。 多くの鳥類はオスのペニスが退化しており存在せず、オスメス共に「」と呼ばれる排出器官と生殖器官を兼ねる穴がある。 フン・卵・精液などはみんなこの穴から排出される。 交尾の際にはオスとメスがこの穴を押し付けあう形をとる。 ただし、はリンパ液によって勃起するペニスを有し、カモ科は繁殖期ごとにペニスが生え変わる。 鳥の種類の一覧• ダチョウ目• ダチョウ科:• キーウィ目• キーウィ科:• ヒクイドリ目• ヒクイドリ科:• シギダチョウ目• シギダチョウ科:オオシギダチョウ• キジ目• キジ科:() () () (、) シチメンチョウ()• カモ目• ハト目• ハト科: デンショバト()• ドードー科:ドードー()• カッコウ目• カッコウ科:• ツル目• ツル科:• クイナ科:クイナ(水鶏)• チドリ目• チドリ科:コチドリ• シギ科:ヤマシギ• ウミスズメ科:• カモメ科:• カイツブリ目• カイツブリ科:• フラミンゴ目• フラミンゴ科:ベニイロフラミンゴ• ヨタカ目• ヨタカ科:• アマツバメ目• アマツバメ科:• ハチドリ科:ミドリハチドリ• ペンギン目• ペンギン科:• ミズナギドリ目• ミズナギドリ科:オオミズナギドリ• アホウドリ科:• コウノトリ目• コウノトリ科:• ペリカン目• ペリカン科:• サギ科:• トキ科:(、)• ハシビロコウ科:• カツオドリ目• カツオドリ科:アオアシカツオドリ• ウ科: ウミウ• タカ目• ミサゴ科:• ヘビクイワシ科:• コンドル科:• フクロウ目• フクロウ科:() ワシミミズク• サイチョウ目• サイチョウ科:• キツツキ目()• キツツキ科:• オオハシ科:オニオオハシ• ブッポウソウ目• ブッポウソウ科:• カワセミ科:• ハヤブサ目• ハヤブサ科:ハヤブサ()• スズメ目• カササギヒタキ科:• モズ科:()• カラス科:()• フウチョウ科:()• シジュウカラ科:• ヒバリ科:(、)• ヒヨドリ科:• ツバメ科:(、)• ウグイス科:()• エナガ科:• メジロ科:• キクイタダキ科:• ゴジュウカラ科:• ムクドリ科: ()• : ()• スズメ科:(、)• カエデチョウ科: ( )• セキレイ科:• アトリ科:() ()• ホオジロ科:• オウム目• インコ科:• オウム科:(• 古代鳥:(、、、) 鳥が関連とする神話・伝承• 神話・伝承• 仏教:• その他: 鳥物• 鳥をモチーフとしたキャラクター 特撮• ゲーム• アニメ• その他•

次の