ペロリーム マホイップ。 ペロリーム|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ペロリーム (ぺろりーむ)とは【ピクシブ百科事典】

ペロリーム マホイップ

第2特性が無いという共通点も同じであり、モチーフが近いだけでは切り離せないような関係があるようにも思えます。 重さ・高さが全く異なる マホイップ ペロッパフ ペロリーム 高さ0. 3m 重さ0. 5kg 高さ0. 4m 重さ3. 5kg 高さ0. 8m 重さ5. 0kg ただし、「重さ」「高さ」の2点に目をつけるとペロリーム系と大きく離れていることが分かります。 ペロリーム系と比べてあまりにも軽く設定されており、わたあめをモチーフとしているペロッパフと比べても3kg軽いという結果が確認できました。 分類は似ている ペロッパフ:わたあめポケモン ペロリーム:ホイップポケモン マホイップ:クリームポケモン お菓子をモチーフとしている以上、やはり分類は似通ったものが設定されています。 ペロッパフはともかく、ペロリームとマホイップの分類はかなり近いような印象を受けます。 …というかペロリームとマホイップの分類は逆の方がシックリくるような…? HP種族値が進化にしては低い マホイップ:97 ペロッパフ:88~99(努力値無振り) ペロリーム:102~113(努力値無振り) ペロッパフ・ペロリームの努力値無振り・個体値0~31のHP実数値が上記の数値です。 ペロッパフの数値内には収まっていますが、進化形であるペロリームの数値内には収まっていません。 マホイップに努力値が入っていた場合だとペロッパフの範囲にしか収まらないので、少なくともペロリームの進化である可能性は低いと言えます。 仮に画面上のステータスが逆V(個体値0)だとしても、ペロリームの下限よりも低いのでペロリームと関係は薄いでしょう。

次の

【ポケモン剣盾】マホイップ登場で深まる謎「ペロッパフ系の進化形?」「単なるモチーフ被りなら他ポケにも希望?」

ペロリーム マホイップ

通常色はイチゴホイップ系の色合いだが、色違いはチョコベリー系の色合いに変化。 イメージ的にもが良く似合いそうである。 対戦における性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 82 80 86 85 75 72 480 可もなく不可もなく、を体現したような平均的な種族値を持つ。 固有特性「」は 味方全体の眠り状態を防ぐというもの。 単フェアリー仲間と比較すると・・あたりに見劣りしてしまいがち。 その代わりとしてなのか、技のレパートリーは妙に豊富。 何故かを覚えないのだが、サブ技は・・・・となかなかに幅広い。 特にに対抗できるかえんほうしゃの存在は大きい。 補助技も・・と有用なものが揃う。 第7世代がらを取得したため、味方のサポートをする形も増えつつある。 光るものはあるが今一歩の要素も多いポケモンなので、やることをきっちり決めて器用貧乏に陥らないようにするのが運用の肝になるだろう。 主な使用トレーナー ・ ・ ・ 劇場版 関連イラスト pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 21:03:53• 2020-07-16 21:02:27• 2020-07-16 21:02:12• 2020-07-16 21:01:51• 2020-07-16 21:01:05 新しく作成された記事• 2020-07-16 21:01:05• 2020-07-16 20:53:42• 2020-07-16 20:40:49• 2020-07-16 20:27:12• 2020-07-16 20:18:46•

次の

【ポケモン剣盾】マホイップ登場で深まる謎「ペロッパフ系の進化形?」「単なるモチーフ被りなら他ポケにも希望?」

ペロリーム マホイップ

再び道具を持つと元に戻る。 最初から道具を持っていない場合は効果がない。 相手の回避率を2段階下げる。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 Lv. 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 『くさ』タイプや特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』のポケモンは影響を受けない。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 通常攻撃。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 ダブルバトル用。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』のポケモンは影響を受けない。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 場の状態が『ミストフィールド』で、自分が『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではなく地面にいる時、威力が1. 5倍になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 ただし、『バトルスイッチ』『ばけのかわ』などフォルムに関わる特性や、一部の固有の特性などには効かない。

次の