新 日本 プロレス twitter。 【新日本】鷹木、ヒロム、デスペラードが登場!テレプロレスリング「BEST OF THE SUPER Jr.」の配信決定!

【新日本】鷹木、ヒロム、デスペラードが登場!テレプロレスリング「BEST OF THE SUPER Jr.」の配信決定!

新 日本 プロレス twitter

新日本プロレスの軍団(ユニット)2020 改めまして、明けましておめでとうございます。 新日本プロレスは17:00Gongより新年の幕開けです! 『人生変えるイッテンヨン』 — 新日本プロレスリング新日企画 njkikaku 2020年、東京ドーム2連戦から開幕した 新日本プロレスはその人気がますます加速しています。 新日本プロレスに興味を持った 初心者の方も多いと思いますが、この記事では 2020最新版の 軍団ユニットと 所属選手や歴史、 画像でまとめています。 また 相関図で現在の戦況やユニットについて知っておくと、生観戦がますます楽しくなることは間違いありません。 軍団ユニットと所属選手一覧 2020年最新版の ユニットは以下の通りです。 新日本本隊(正規軍) 27年間、お疲れ様でした。 いわゆる新日本プロレス所属のベビーフェース(正義)の選手たちで、古くはアントニオ猪木選手やタイガーマスク選手、闘魂三銃士などが所属していました。 中心選手としては棚橋弘至選手や飯伏幸太選手、また90年代後半から新日本プロレスを支えた第三世代やデビューして間もない若手選手(ヤングライオン)が所属します。 最近ではジュニアのレジェンド、獣神サンダー・ライガーさんや中西学さんが引退をされました。 飯伏幸太• 小島聡• ジェフ・コブ• ジュース・ロビンソン• 棚橋弘至• 天山広吉• デビッド・フィンレー• トーア・ヘナーレ• タイガーマスク• 田口隆祐• 上村優也• 辻陽太• かなり久しぶりに息子と朝練習しました。 脚の状態はかなり良くなりました。 一日も早く完全復調出来るよう、永田裕志51歳今日も頑張りますゼァ。 — 永田裕志 nagata769 第三世代でかつてミスターIWGPと呼ばれた永田裕志選手が結成したユニットです。 メンバーの離脱や引退などで現在は永田裕志選手一人になっています。 バレットクラブのバッドラック・ファレ選手もかつてはキング・ファレの名前で所属していました。 本間朋晃• けがからの復帰以降試合からは離れている柴田勝頼選手がコーチとして指導しています。 外国人選手がほとんどですが、日本のヤングライオンも志願してこのLA道場でトレーニングをしています。 アレックス・コグリン• カール・フレドリックス• クラーク・コナーズ• ゲイブリエル・キッド• 成田蓮 CHAOS ライガーさんお疲れ様でした! — オカダ・カズチカ rainmakerXokada 現在WWEで活躍する中邑真輔選手が2009年に矢野通選手と共に結成したユニットです。 中邑選手が退団後はオカダ選手がリーダーとして活動しています。 当初はヒールユニットとして活動していましたが、その人気は絶大で2019年の棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手の握手により現在は新日本本隊と共闘関係にあり、ベビーフェース色が強くなっています。 特にオスプレイ選手は外国人選手ながら世界的な人気をほこっています。 矢野通選手は金髪で結成当初はかなりのヒールっぷりでしたが、現在はコミカルなプロレスをするイメージですね。 オカダ・カズチカ• 石井智宏• ウィル・オスプレイ• 後藤洋央紀• SHO• マイキー・ニコルス• 矢野通• YOH• YOSHI-HASHI• ロッキー・ロメロ• ロビー・イーグルス ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン 今週の内藤哲也選手の最新日記は… 「タイトな試合スケジュールの方が好き」 「長期間のオフが嫌いだし、凄く苦手」という筆者。 依然として大会中止が続く、いまの現状に思うことはやっぱり……!? 当初は内藤選手、EVIL選手とBUSHI選手の3人でしたが毎年一人、また一人とメンバーを増やしており、実力者揃いの穴のないユニットです。 反体制の立場でありながら、その一言一言がファンの心を掴んでおり、ヒールでありながらカリスマ性のあるアンチヒーローという言葉がぴったりです。 内藤哲也• EVIL• SANADA• 鷹木信悟• 髙橋ヒロム• BUSHI バレットクラブ 【2. 6後楽園大会・第6試合】 2. このユニットは外国人選手が多く乱入なども辞さず、正真正銘のヒール(悪役)です。 現在はジェイ・ホワイト選手とKENTA選手のツートップとなっていますが、シングル、タッグ、ジュニアと試合巧者でありながら反則も織り交ぜてくる強いユニットです。 特に2020年はKENTA選手がツイッターを駆使し各選手へ絡んでおり、1・5レッスルキングダムのバッドエンドは新日本史上最悪の結末と言われています。 ジェイ・ホワイト• 石森太二• エル・ファンタズモ• KENTA• 高橋裕二郎• タマ・トンガ• タンガ・ロア• チェーズ・オーエンズ• バッドラック・ファレ• バレットクラブ同様ヒールユニットですが、相手を挑発する宝城や言葉などから「喧嘩屋」という言葉が最も近いかもしれません。 会場では思い切りブーイングが浴びせられますが、鈴木みのる選手があがるリングはその悪役っぷりにファンは推しの選手に精一杯の声援を送るため、試合としては盛り上がります。 こういう点では鈴木みのるは真のプロレスラーだと感じます。 また、昨年まではデイビーボーイ・スミスJr. やランス・アーチャーという外国人選手もおりましたが、退団や移籍をしており、また、TAKAみちのく選手もプライベートなスキャンダルが報じられて以降新日本プロレスから離れています。 決めゼリフは「鈴木軍、イチバーン!」• 鈴木みのる• エル・デスペラード• 金丸義信• ザック・セイバーJr. タイチ フリー 新日本プロレスに定期参戦しながらも特にユニットに所属していない選手です。 タッグマッチなどでは主に本隊やCHAOSと組むことが多いです。 ジョン・モクスリー• コルト・カバナ.

次の

新日本プロレスTwitterに内藤が苦言

新 日本 プロレス twitter

歴代チャンピオン History -Champions-• IWGPヘビー級王座 IWGP HEAVYWEIGHT• IWGPタッグ王座 IWGP TAG TEAM• IWGPジュニアヘビー級王座 IWGP Jr. HEAVYWEIGHT• IWGPジュニアタッグ王座 IWGP Jr. HEAVYWEIGHT TAG TEAM• IWGPインターコンチネンタル王座 IWGP INTERCONTINENTAL• NEVER 無差別級王座 NEVER OPENWEIGHT• NEVER無差別級6人タッグ王座 NEVER OPENWEIGHT 6-MAN TAG TEAM• USヘビー級王座 IWGP UNITED STATES ユニット UNIT.

次の

新日本プロレスリング株式会社

新 日本 プロレス twitter

今回はSNSでの話。 ツイッターをやってないプロレスファンにご報告です。 何かと話題のKENTAのツイッターにYOSHI-HASHIが参戦しました! SNSプロレス お誕生日おめでとうございます。 Tシャツ沢山買ってね! — YOSHI-HASHI YOSHIHASHICHAOS YOSHI-HASHIがいないところでイジッてもただの悪口なんですが、まさかのご本人登場!しかも大人の対応。 いや天然なのか?ネット上が固唾を呑んで見守っていると… 棒かー 棒あげるのかー 悩むなぁー — YOSHI-HASHI YOSHIHASHICHAOS さらにイジるKENTAに対して「棒をあげるかどうか」で悩むYOSHI-HASHI 因みに今のTシャツの背中にもちゃんと棒が入ってるんで買ってね — YOSHI-HASHI YOSHIHASHICHAOS 棒はさておきTシャツ買え買え攻撃!恐ろしいぜッ…!これがSNSプロレスか…。 僕にはスマートフォン片手にたじろいでいるKENTAの姿が見えるようだ。 YOSHI-HASHIの計画 出典:新日本プロレス公式サイト よく考えたらKENTAの最初のツイートにYOSHI-HASHIはどうやってたどり着いたのでしょうか? 「ブス」とか「雑巾」とかで日常から検索してるとは思えないし、してたら怖い。 誰かのいいねで表示されたのがありそうですが、もしかしたらですよ? YOSHI-HASHIはKENTAをフォローはしていません。 ですがいつもイジってくるKENTAを前々から狙っていて、今の話題の少ない時期にズバッと切り込んだのでは? そう物事が変わるのは一瞬 そして物事が変わるのはTシャツだ! 実は流れてしまったNEW JAPAN CUPでお互いに勝ち進めば二回戦で当たるはずだったKENTAとYOSHI-HASHI。 ブスブス言われてきたYOSHI-HASHIが積年の恨みをべく、NJCでKENTAのことを狙っていたのなら今回の唐突なSNSプロレスは説明がつきます。 もしこのやりとりがNJC前に行われていたら、もし二人がNJC二回戦で対戦していたら、YOSHI-HASHIはTシャツを持ってくるだけで会場の支持を得られたはず、そしてKENTAに勝ち 「おい!KENTA!Tシャツ買ったのか?買ってないだろ!(オイ!)」 「いいか!(オイ! ) 物事がかわるのは一瞬じゃない(オイ? ) Tシャツだぁぁーーー!(オーーーーイ! ) あとSNSで人の悪口はやめろ!(オーーーーイ! )」 こんな光景みられるかなぁ。 今からでも遅くないはず!ということで二人の対戦を待ってます。

次の