仏壇 チーン。 仏壇で「チーン」と鳴る仏具はなにかご存じですか?

仏壇にご飯をお供えのルール。知っておきたい仏壇のお供えご飯編

仏壇 チーン

YouTubeや Instagramでも、 いざというとき役に立つ仏事の情報を配信中!• 東京都練馬区に新店舗をオープンいたしました。 スタッフ一同お客様のご来店を心よりお待ちしております。 明るめのカラーに木象嵌が映えるデザインのお仏壇です。 7月のイベント 仏壇仏具対象商品70%OFFセールや好物ローソクプレゼントなど多数のイベント開催いたします。 ご来店お待ちしております。 深みのある色味に木象嵌の桜を施したお淑やかなお仏壇です。 愛媛県松山市に新店舗をオープンいたします。 スタッフ一同お客様のご来店を心よりお待ちしております。 お盆提灯SALE開催中! 伝統的な形から和洋風問わずインテリアにもぴったりなモダンなデザインのお盆提灯など豊富にご用意しました!.

次の

仏壇での「りん」の鳴らし方。正しい作法やマナーとは?|ウィズハウス

仏壇 チーン

実は家の仏壇にあるものとお寺にあるものでは名前が違うんだ。 それぞれ名前を紹介するね! 仏壇にある必ずあるこれ。 素材は真鍮(しんちゅう)で作られており、心が鎮まるような心地の良い「チーン」という音がなりますよね。 本当の名前は一体なんなのでしょうか? 実は自宅の仏壇にあるものと、寺院などにある大きいものでは呼び方が違います。 自宅の仏壇にあるようなものは「 お鈴(おりん)」というものです。 お鈴は鈴棒(りんぼう)と呼ばれるお鈴を鳴らす棒と、お鈴を置くための座布団でワンセットです。 それに対して、寺院などにある大きいものは磬子「けいす」または「きんす」といいます。 【仏壇 チーン】お鈴を鳴らす意味• お鈴を鳴らす本来の意味• 仏壇で鳴らす際の意味 仏壇に置いてチーンとお鈴を鳴らす事にはどんな意味があるのでしょうか? どうやら元々の意味とは少し異なるようです。 元々の意味と仏壇で鳴らす意味について両方詳しくご紹介いたします。 お鈴を鳴らす本来の意味について お鈴をチーンと鳴らす本来の意味は、 お坊さんが読経の始まりや途中、終わりに鳴らすものです。 なので、実は元々は仏壇で鳴らすものではなかったのです。 お坊さん達には鳴らす回数や、鳴らす場面が明確に決まっており、とても意味のある物のようです。 仏壇で鳴らす際の意味 では一体仏壇で鳴らす際にはどんな意味があるのでしょうか? 簡単に言ってしまえば、「 挨拶」です。 供物をお供えする際には「 今からお供えをしますので、是非召し上がってください。 」というような意味合いがあったり、 お参りの際には、「 どうか安らかにお眠りになり、どうか天から私たちを見守っててください。 」というような意味合いになります。 【仏壇 チーン】お鈴のマナーについて• お鈴の叩き方• お鈴を叩く数 ここではお鈴を叩く際のマナーについてご紹介いたします。 名前さえあまり知られていないので、 マナーについて詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。 しっかりとしたマナーを学び、失礼のないようにしていきましょう。 お鈴の叩き方について お鈴の本来の叩き方は上から叩くのではなく、 横から優しく叩くのが正解です。 また、 叩くときは決して乱暴に叩いてはいけません。 優しくそっと叩くだけで心地の良いチーンという音を奏でてくれるので、気をつけましょう。 お鈴を叩く回数について お鈴を叩く回数に明確な決まりは特にありません。 なので叩く回数は人の好みによりけりです。 しかしあまり多く叩き過ぎても良いものではないので、 基本的には1回くらいが好ましいでしょう。 上述したように、挨拶的な意味合いがあるので、 お祈りをする前に1回チーンと鳴らしましょう。 ただし、宗派によっては叩く回数が決められていることもあるので紹介いたします。 お鈴は基本的に金属でできているため、掃除や手入れは少し気を遣ってする必要があります。 基本的にはタオルや布などでさっと拭いてホコリや汚れを落とすぐらいで問題ありません。 お鈴が変色してきたりした場合には専用の洗剤が売っていますので、それを使ってしっかり手入れをしましょう。 また、手入れの際には指紋や手の油が付着してしまうのを防ぐために白手袋などをはめることをお勧めします。 もし、お鈴の傷が目立ってきた、そもそも古いという場合には買い替えも検討しましょう。 買い替えの際には「いい仏壇」がおすすめです。 「いい仏壇」では、自分が住んでいる場所の近くのどこに仏壇店があるのかを検索することができます。 また、初回来店時に使えるクーポンが発行できますので、来店前にはクーポンを発行して持って行きましょう。

次の

仏壇で「チーン」と鳴る仏具はなにかご存じですか?

仏壇 チーン

金属のお椀のような物体をなんと呼ぶのか知らない方も多くいるようです。 敬称をつけ「おりん」とも呼ばれます。 本来、経を読む合図として使われましたが、仏壇にお参りをするときに鳴らすように変化しました。 それは、おりんの音が極楽浄土まで届くと言われるのに無縁ではないでしょう。 現在では美しい音色が心を落ち着かせるとして、ヒーリングの点からも注目されています。 ここでは手元供養品を取り扱う、未来創想のおすすめおりんをご紹介します。 リン棒を当てると、澄んだ音色を奏でつつおりんがやさしく揺れ動きます。 空気中を漂うように残る音と、おりんの揺れが少しずつ静まるのを見ていると、悲しみもいつかは鎮まると感じられるでしょう。 リン棒は、従来の仏壇にも合わせやすい黒檀と花梨の2種類をご用意しました。 わずかな違いですが、明るい花梨は清らかな音を、木質がとても硬い黒檀は澄んだ音色を奏でます。 サクランボの実の部分にあたるおりん本体が、4:1ほどの割合で2つに分かれています。 どちらを上にしても、リン棒をおりんに収納できます。 ブラック・ゴールド・シルバーと、インテリアにもミニ仏壇にも合わせやすいカラーが揃っています。 2つの音で、亡き人との語らいをお楽しみください。 ベル型おりんはリン棒がないため、スペースを取らず、仏具に見えないのが特徴。 仏壇を置かず、日常生活の限られたスペースで故人と向き合うのにぴったりのおりんです。 虹色おりんは、従来のおりんの形を残しつつ、外側を明るく飾る華やかなデザイン。 インテリアに合わせてお好みの色を選べます。 おりんを叩くリン棒は、黒檀の玉に竹の持ち手がナチュラルで明るい色彩。 小さく華やかな虹色おりんは、美しい音で故人と心を繋いでくれるでしょう。 ブラックとシルバーの2種類あり、微妙に音が違います。 どちらも澄んだ美しい音色ですが、ブラックはやや低めの落ち着く音を、シルバーはやや高めの軽やかで元気な音を奏でます。 そんなやさしいひとときを感じられるおりんです。 愛する人が居なくなった寂しさや心の苦しみを、澄んだ音色がやさしく癒やしてくれるでしょう。 極楽浄土へ届くといわれる美しい音色は、故人の供養とともに遺された人の支えとなります。 亡き人を偲びつつ、遺された人が前を向いて生きていける未来のために。 未来創想ではおりんだけでなく、亡き人との絆を結ぶおしゃれな仏壇・仏具を多数ご用意しています。

次の