料理 酒 日本酒。 料理酒と清酒(日本酒)の違い

料理酒おすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

料理 酒 日本酒

スポンサードリンク あさりの酒蒸しに使う料理酒には日本酒!? 料理で使うお酒と言えば、料理酒を思い浮かべる人もいると思いますが、最近では 料理に日本酒を使う人も増えてきていますね。 「あさりの酒蒸しには、日本酒がいい。 」って聞いたけれど…「そもそも料理酒と日本酒の違いってなんだろう?」という人もいますよね。 今回は、あさりの酒蒸しに使うお酒の話しや、日本酒との相性、おすすめの料理酒についてご紹介していきます。 ではそもそも、日本酒と料理酒は何が違うのかというと、料理酒には、塩分や酢などの旨味調味料が入っています。 料理酒は飲んでもおいしくありません。 あさりには、もともとのしょっぱさがあるので、料理酒で作ると少ししょっぱく感じることがあります。 なので、どちらかと言えばあさりの酒蒸しを作るときには日本酒のほうをおすすめします。 あさりの酒蒸しを料理酒で作るときには、 調味料は料理酒だけにして作って、最後に味を整えた方が良いでしょう。 あさりの酒蒸しを日本酒で作ると、風味や香り、あさりそのものの味もよく出て美味しく仕上がりますよ。 お酒の味やアルコールの臭いが苦手な人はしっかりとアルコールを飛ばしておきましょう。 ちなみに、あさりの酒蒸しで日本酒が良いのには他にも理由があって、日本酒に含まれている成分があさりの生臭さを消し、さらに日本酒の旨味と香りが料理を美味しくしてくれるからです。 飲んでもおいしいお酒は、料理に使ってもおいしい!ということでしょう。 あさりの出汁も存分に楽しむことができます。 日本酒には食塩などの添加物が入っていないので、 料理を自分好みの味にしやすいという点もあります。 食材そのものの味を活かいたい料理の時には日本酒がおすすめです。 料理酒は、お酒として飲めないように食塩を加えている、という話しもあります。 お酒として飲めなくすることで、酒税分安く販売できる、ということです。 料理酒には初めから塩分が入っているので、減塩に取り組んでいる人や、これから取り組もうと思っている人はその点を抑えておきたいですね。 「純米」の表示がある日本酒は、塩分などの添加物は入っていません。 いままで料理では料理酒を使っていたけれど、これからは日本酒に切り替えてみようと思っている、という人にはコンビニやスーパーで簡単に手に入る、紙パックの日本酒もおすすめです。 飲むお酒としては味が少し劣りますが、料理用としては十分です。 簡単に手に入れることができますし、まずはここから試してみてください。 日本酒で作る料理の味付けに慣れてきたら、各酒蔵が、 食塩無添加の料理用の日本酒を販売しているので、こんどはその中から選んでみると良いですよ。 食塩無添加なので、お酒扱いとなり値段は料理酒よりは高くなりますが、普通の日本酒よりは安いです。 自分好みの日本酒を見つけて料理がしたい!というレベルまで達した人は、お酒コーナーから使う日本酒を選んでみましょう。 普通の日本酒から選ぶときには、「辛口」から選ぶと良いですよ。 また、「米」「米麹」のみで作られている日本酒が良いです。 米や米麹だけで作られている日本酒を、「純米酒」といいます。 まとめ 以上、料理酒と日本酒の違いやあさりの酒蒸しに使うお酒、料理で使う日本酒の選び方についてご紹介しました。 お酒コーナーの中から自分好みの日本酒を見つけられたら、料理がもっと楽しくなりそうです。 スポンサードリンク.

次の

料理酒おすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

料理 酒 日本酒

和食などを作る際、お酒を使うことがあると思います。 レシピにお酒と書いてあるときは、どんな種類の日本酒が良いのか、または料理酒を使う方が良いのかと、悩んだことはありませんか? そこで今回は、日本酒と料理酒の違いや、料理酒で代用する際の注意点、料理をより引き立てる日本酒の使い方などを解説します。 日本酒の調理効果と料理酒との違い 和食のレシピの常連、「酒」。 まずは、料理に日本酒を活用することで得られる効果を知り、そこから、日本酒と料理酒の違いについて見てみましょう。 料理に日本酒を活用するメリット 料理に日本酒を入れると、「お酒の香気成分や有機酸によって、素材の臭みが取れる」というメリットがあります。 それ以外にも、「アミノ酸により、旨味・コクを出す」「素材を柔らかくする」「調理の一番はじめに使うことで、味のしみ込みをよくする」「香ばしい香りがつく」などの調理効果があるため、調味料としてお酒は積極的に使われているのです。 料理酒には塩や副原料が加えられている 料理酒が日本酒と違う一番のポイントは「塩が添加されているものが多い」ということ。 また、塩だけではなく甘味料などの副原料が含まれている料理酒もあり、使うことで料理の味を調える効果を持っています。 それ以外にも、一般的な料理酒の原料となるお米は日本酒と比べて磨きが少ないことや、アルコールが抑えられている場合があることも特徴です。 料理酒を舐めてみると塩味・甘味が強く、日本酒のようなお米の風味はあまり感じられないでしょう。 また、酒税法上、塩を添加して飲めないようにすることで、酒類販売免許を持たないお店でも販売ができるという面もあります。 料理酒で代用する場合の注意点 一般的な料理酒には、海水とほぼ同じ3%ほどの塩が加えられています。 そのため、あらかじめ塩分が含まれている料理酒を使うときは、塩加減に注意しないと予想以上に味が濃くなってしまいます。 同様に、水アメなどの甘味料が入っている場合は、 砂糖やみりんの量を調整することが必要です。 料理酒を使うときは「日本酒と同じ」と思わずに、原材料の欄をよく見て、味付けのバランスを取るようにしてください。 料理酒に向く、日本酒の種類 日本酒といっても、造り方からその味わいまでタイプはさまざま。 それでは、「料理に向いている日本酒」とは、どのようなものでしょうか。 お米の旨味がある純米酒がおすすめ 吟醸酒や大吟醸酒のように、精米歩合が高い日本酒は料理酒には向かないとされています。 酒米は、磨けば磨くほどに味わいがシャープになり、雑味が少なくなります。 そのため、飲む場合には上品でキリッとした味わいを楽しめますが、お米の旨味も削られているため、 料理に複雑な旨味を加えるには少し不十分な場合があるのです。 料理に日本酒を使うなら、お米の旨味がある純米酒がおすすめです。 日本酒自体にどっしりとした程よいコクがあり、料理の味に深みを与えてくれるからです。 また、料理酒の塩や添加物が気になる方にとっても、純米酒を使えるなら安心ですね。 特にアサリの酒蒸しのように大量のお酒を使う料理では、シンプルで味わい深い日本酒を使うことで、料理のグレードを上げることができそうです。 おわりに 和食の味のベースとなる「旨味」。 日本酒を活用すると、素材の臭みを消すだけでなく、料理の旨味が増し、味わいを引き立ててくれます。 キッチンに純米酒がある日は、飲むだけでなく料理にも活用してみてください。 きっといつも以上に「おいしい一品」ができ上がり、晩酌がますます楽しくなるでしょう! 料理におすすめの純米酒「米だけの酒 糀2倍の純米酒」 料理に活用できる日本酒をお探しであれば、沢の鶴「米だけの酒 糀2倍の純米酒」をおすすめします。 その理由は、アミノ酸が通常の2倍以上含まれていること!「米だけの酒 糀2倍の純米酒」は通常の倍の量の麹を使用しています。 麹は、米のたんぱく質をアミノ酸に変えるため、料理の旨味・コクをじゅうぶんに引き出してくれるのです。 もちろん、料理酒としてだけでなくおいしく飲んでいただける日本酒です。 スッキリと飲みやすく、女性の方も親しみやすい味わい。 5」は「米だけの酒 糀2倍の純米酒」にリニューアルいたしました。 沢の鶴「」紹介ページ.

次の

日本酒を大量に使うお料理ってないでしょうか?

料理 酒 日本酒

>焼酎は料理酒になるか? ならないと考えて下さい。 焼酎には2種類あって、 ・甲類(ペットボトルとかで売ってる透明なやつ) 「何度も蒸留を行うため、アルコール純度が高くなり、原料本来の風味が失われるため、味覚の個性は薄い(wikipedia)」は味がないので料理酒になりません。 ・乙類(芋とか麦とか泡盛とか味のある奴) 「1回のみの蒸留のため、原料本来の風味や旨み成分が生きている(wikipedia)」は、一部の郷土料理などを除いてクセが強いので料理酒には使いません。 ----- ・料理酒の主目的はアルコールであるとの誤解 料理酒の主目的は、料理酒自体が持つ食材としての旨味です。 例えば「牛肉の赤ワイン煮」におけるワインはメイン食材なので不味い料理酒 ワイン を使えば不味い料理が出来ます。 アルコールには、 ・味を染み込みやすくする。 時に柔らかくする。 ・揮発するときに臭みも飛ばし、残存アルコール臭が臭みの邪魔をする。 などの効果がありますが、それだけが目的ならもっと安価に手に入るペットボトル入り焼酎や薬局のアルコールで良いでしょう。 ----- ・誤解に基づく商売 「料理酒」とは「料理に使う酒 ワイン含む 」の意です。 古くからある言葉で、料理人はこの意味でしか使いませんし、映画や小説でも大体そうです。 若い人だと「塩入日本酒」を想像する人もいると思いますが、出現が昭和の後期、広まったのは平成に入ってからです。 この塩入日本酒、最近ではまともな純米酒に塩だけ入れた製品も出てきましたが、元々は日本酒を醸造用アルコールで割り、味が薄まった分アミノ酸と糖分を添加し、酒税が掛からないように塩を入れてラベルに「料理酒」と書いた商品のことです。 回答者の中にも引っかかったままの人がいますが、日本酒以外の成分にお金を払う意味は無いでしょう。

次の