パズ ドラ クラウド システム。 【パズドラ】クラウドシステムとは?|ゲームエイト

【パズドラ】クラウドシステムとは?|ゲームエイト

パズ ドラ クラウド システム

ただ究極クラウドはサブとしてもかなり優秀で、悪魔に対する火力はかなりのもの。 リーダーとしても使い道が多いのは究極クラウドなので、まずは究極進化させて使うのがおすすめだ。 悪魔に対する無効貫通だけならドットクラウド ドットクラウドは悪魔に対する無効貫通火力に特化している。 ピンポイントではあるが、悪魔に対する無効貫通要員が欲しい場合はドットクラウドを優先的に確保しても良い。 アシスト装備の優先度は低め クラウド装備は光属性パーティを使っている人にとってはかなり強力で使いやすい。 ただ汎用性は高くなく、最初に作るキャラとしては向いていない。 25倍という高い全パラメータ補正を持っている。 のような超高難易度ダンジョンでも難なくクリアできるほど安定感のあるリーダーだ。 軽減効果が無く割合ダメージには弱い クラウドのリーダースキルには軽減効果が無く、割合ダメージをそのまま受けてしまう。 に出現するの99%割合+通常攻撃といった行動パターンにはめっぽう弱く、敵によっては全く耐久できない事もある。 タイプ縛りがあるが強力なサブが揃っている クラウドはリーダースキルに攻撃、マシン、回復タイプの縛りがある。 ただこれらのタイプにはや、といった超強力なサブが揃っている。 ある程度の手持ちを持っていれば、タイプ縛りが気にならないほどの強力なパーティを組める。 スキルトリガーの確保がやや難しい クラウドはスキル使用時に攻撃倍率が発動するため、リーダー運用するにはスキルトリガーの編成が欠かせない。 しかしタイプ縛りの関係で相性の良いスキルトリガーが少なく、他の強力なサブが揃っていても運用が難しい場合がある。 システム運用が超強力 クラウドのスキルは縦1列変換+1ターンヘイスト。 最短7ターンで使えるため、パーティにクラウドを4体編成することでスキルをループさせることが可能(通称クラウドシステム)。 ある程度のダンジョンであれば、システムで高速周回できる。 クラウドのサブ評価 悪魔特化型の火力要員として使える クラウドは覚醒スキルに悪魔キラーを2つ持つ。 さらに2体攻撃2つとコンボ強化を持ち、超覚醒でさらに付与できる。 悪魔に対する光属性の打点としてはトップクラスで、ダンジョン攻略やランダンなどピンポイントで活躍できるスペック。 無効貫通要員としても優秀 クラウドは超覚醒でダメージ無効貫通を付与できる。 やなど悪魔タイプのダメージ無効持ちは多く、貫通要員として様々なダンジョンで活躍できる。 ただ、悪魔に対する単純な無効貫通火力だけではの方が上回る。 クラウドの総合評価と使い道 攻略から周回まで幅広くこなせるリーダーとして運用するのがおすすめ。 スキルトリガーさえ確保できれば、ある程度の手持ちが揃っていれば十分強力な運用が可能。 リーダーで使わなくなったら、悪魔に特化した火力要員としてサブ起用しよう。 進化クラウドの評価 全パラ補正で高難易度適正あり リーダースキル 攻撃タイプのHPと攻撃力が2倍。 6コンボ以上で攻撃力が7倍、回復力は2倍。 耐久力・復帰力・火力全てにおいて優れており、高難易度ダンジョンであっても簡単に攻略ができる。 究極進化後クラウドよりも扱いやすい 究極後クラウドと比べるとタイプ縛りがより厳しくなり倍率も下がっているが、ネックであるスキル使用条件が無くなり回復倍率も高くなっている。 リーダー運用時は究極進化後よりも手軽で扱いやすい。 クラウドにおすすめの超覚醒 クラウドは超覚醒させるべき? クラウドが持つ超覚醒はどれも優秀。 おすすめの超覚醒 火力が欲しければ2体攻撃orコンボ強化 クラウドは覚醒スキルに2体攻撃とコンボ強化を持つ。 パーティの平均的な火力を底上げしたい場合は、超覚醒でも2体攻撃かコンボ強化を付与するのがおすすめ。 少ないコンボで運用するパーティの場合は2体攻撃、コンボが必要なパーティで運用する場合はコンボ強化を付与しよう。 唯一性で判断するなら無効貫通一択 クラウドは超覚醒でダメージ無効貫通を付与できる。 覚醒スキルのダブル悪魔キラーと組み合わせれば、悪魔に特化した無効貫通要員として活躍できる。 唯一性はピカイチなので、無効貫通要員が欲しい場合は無効貫通を付与しよう。 スキル使用時、攻撃力が7. 5倍、回復力は1. スキル 興味ないね 全ドロップのロックを解除し、右端縦1列を光ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 6コンボ以上で攻撃力が7倍、回復力は2倍。 スキル 興味ないね 全ドロップのロックを解除し、右端縦1列を光ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

次の

【パズドラ】クラウドのテンプレ(クラウドパ)|ゲームエイト

パズ ドラ クラウド システム

ただ究極クラウドはサブとしてもかなり優秀で、悪魔に対する火力はかなりのもの。 リーダーとしても使い道が多いのは究極クラウドなので、まずは究極進化させて使うのがおすすめだ。 悪魔に対する無効貫通だけならドットクラウド ドットクラウドは悪魔に対する無効貫通火力に特化している。 ピンポイントではあるが、悪魔に対する無効貫通要員が欲しい場合はドットクラウドを優先的に確保しても良い。 アシスト装備の優先度は低め クラウド装備は光属性パーティを使っている人にとってはかなり強力で使いやすい。 ただ汎用性は高くなく、最初に作るキャラとしては向いていない。 25倍という高い全パラメータ補正を持っている。 のような超高難易度ダンジョンでも難なくクリアできるほど安定感のあるリーダーだ。 軽減効果が無く割合ダメージには弱い クラウドのリーダースキルには軽減効果が無く、割合ダメージをそのまま受けてしまう。 に出現するの99%割合+通常攻撃といった行動パターンにはめっぽう弱く、敵によっては全く耐久できない事もある。 タイプ縛りがあるが強力なサブが揃っている クラウドはリーダースキルに攻撃、マシン、回復タイプの縛りがある。 ただこれらのタイプにはや、といった超強力なサブが揃っている。 ある程度の手持ちを持っていれば、タイプ縛りが気にならないほどの強力なパーティを組める。 スキルトリガーの確保がやや難しい クラウドはスキル使用時に攻撃倍率が発動するため、リーダー運用するにはスキルトリガーの編成が欠かせない。 しかしタイプ縛りの関係で相性の良いスキルトリガーが少なく、他の強力なサブが揃っていても運用が難しい場合がある。 システム運用が超強力 クラウドのスキルは縦1列変換+1ターンヘイスト。 最短7ターンで使えるため、パーティにクラウドを4体編成することでスキルをループさせることが可能(通称クラウドシステム)。 ある程度のダンジョンであれば、システムで高速周回できる。 クラウドのサブ評価 悪魔特化型の火力要員として使える クラウドは覚醒スキルに悪魔キラーを2つ持つ。 さらに2体攻撃2つとコンボ強化を持ち、超覚醒でさらに付与できる。 悪魔に対する光属性の打点としてはトップクラスで、ダンジョン攻略やランダンなどピンポイントで活躍できるスペック。 無効貫通要員としても優秀 クラウドは超覚醒でダメージ無効貫通を付与できる。 やなど悪魔タイプのダメージ無効持ちは多く、貫通要員として様々なダンジョンで活躍できる。 ただ、悪魔に対する単純な無効貫通火力だけではの方が上回る。 クラウドの総合評価と使い道 攻略から周回まで幅広くこなせるリーダーとして運用するのがおすすめ。 スキルトリガーさえ確保できれば、ある程度の手持ちが揃っていれば十分強力な運用が可能。 リーダーで使わなくなったら、悪魔に特化した火力要員としてサブ起用しよう。 進化クラウドの評価 全パラ補正で高難易度適正あり リーダースキル 攻撃タイプのHPと攻撃力が2倍。 6コンボ以上で攻撃力が7倍、回復力は2倍。 耐久力・復帰力・火力全てにおいて優れており、高難易度ダンジョンであっても簡単に攻略ができる。 究極進化後クラウドよりも扱いやすい 究極後クラウドと比べるとタイプ縛りがより厳しくなり倍率も下がっているが、ネックであるスキル使用条件が無くなり回復倍率も高くなっている。 リーダー運用時は究極進化後よりも手軽で扱いやすい。 クラウドにおすすめの超覚醒 クラウドは超覚醒させるべき? クラウドが持つ超覚醒はどれも優秀。 おすすめの超覚醒 火力が欲しければ2体攻撃orコンボ強化 クラウドは覚醒スキルに2体攻撃とコンボ強化を持つ。 パーティの平均的な火力を底上げしたい場合は、超覚醒でも2体攻撃かコンボ強化を付与するのがおすすめ。 少ないコンボで運用するパーティの場合は2体攻撃、コンボが必要なパーティで運用する場合はコンボ強化を付与しよう。 唯一性で判断するなら無効貫通一択 クラウドは超覚醒でダメージ無効貫通を付与できる。 覚醒スキルのダブル悪魔キラーと組み合わせれば、悪魔に特化した無効貫通要員として活躍できる。 唯一性はピカイチなので、無効貫通要員が欲しい場合は無効貫通を付与しよう。 スキル使用時、攻撃力が7. 5倍、回復力は1. スキル 興味ないね 全ドロップのロックを解除し、右端縦1列を光ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 6コンボ以上で攻撃力が7倍、回復力は2倍。 スキル 興味ないね 全ドロップのロックを解除し、右端縦1列を光ドロップに変化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

次の

【パズドラ】クラウドの評価!究極進化はどれがおすすめ?|FFコラボ

パズ ドラ クラウド システム

ちょっと前に追加された機動龍と機動獣シリーズ。 その中でもとりわけこの「レオニス」という光の機動獣は「クラウドの代わりになる」として話題となりました。 しかし、ただ「クラウドの代わり」というわけではなく、「『 クラウドを1体しか持ってい無い人でも』クラウドシステムが組めます」「 『クラウド』を持っていない人には不要なモンスターとなります」など、リーダーとしてのクラウドの代わりにはならない、とのこと。 それもそのはず、クラウドのLSはスキル使用時に全員の攻撃を3倍にし、さらに攻撃タイプに補助的な倍率がかかるというもの。 しかしレオニスのLSは マシンタイプの攻撃を3倍にし、スキル使用時に光に補助倍率。 つまりマシンタイプにしか倍率が乗らず、クラウドPTのサブとして有用なイルムやアマテラスに倍率が乗りません。 また、回復力が圧倒的に足りないです。 クラウドシステムは回復力がそれなりに高いクラウドを4体詰めることで回復力をギリ保てますが、機動龍機動獣の回復力はご察し。 ということで、何とかクラウド0体所持でクラウドシステムを組むことを夢見た結果がこのPTです。 ミソになるのがこの機動龍シェザル。 マシンタイプ限定とはいえ、回復力を2倍にできます。 つまりフレンドのクラウドと合わせれば、バランスよく耐久を上げることができます。 また、列強が2個ついているので、イルムやアポロンと合わせて、列強火力を確保することもできます。 しかし、 スキルターンが8ターンなので、ループに1ターン欠落が生じます。 いわずもがな。 クラウド代用枠。 実は回復力と覚醒以外のステータスはクラウドとほぼ同じです。 意識したのでしょうか。 コストも実はクラウドとほぼ同じ。 クラウドの4. 5倍とシェザルの1. 5倍で6. 75倍までしか伸びないので注意が必要です。 そして列強と変換要員で水アポロン。 イルムと同じく6. 75倍です。 シェザルによるループの穴をこのアポロンで埋めます。 この枠の他の候補として、13. 5倍がかかるモンスターの中 光かつマシン攻撃 では 究極レイ、レオニス 4体目 9倍がかかる中では 光マシン 精霊王アルカディアス、マシンゴーレム 6. 75倍がかかる中では 光攻撃 バアル、ヴァルキリー、女装トール、アーサー、火アマテラス、ウーブ など様々。 一応真無限で試運転。 回復力は5600程度。 火力だけ見ればズオーシステムや四神システムのほうがいいのですが、パズルが楽なのと、 盤面の1列しか変換しないので、回復しながら火力が出せるという点が絶対的な強みです。 封印に対応するのであればインドラを入れ、火力を高めるのであれば覚醒トールやウーブなどを入れるのがいいでしょう。 とりあえず、私はしばらくこのPTでいろいろ周回してみるつもりなので、気になる方や質問がある方は気軽にやコメント欄でどうぞ。

次の