ガンダム シリーズ 時 系列。 ガンダムシリーズを時系列で並べるとどうなりますか?時系列でガンダムシリーズ...

【決定版】ガンダムシリーズ年表 ~宇宙世紀編~ 全81作品

ガンダム シリーズ 時 系列

ガンダムシリーズの時系列 ガンダムシリーズは大きく分けて宇宙世紀シリーズと呼ばれる「宇宙世紀」という暦を軸にした作品とそれ以外のアナザーシリーズの2つに大きく分かれます。 宇宙世紀シリーズは初作品の「機動戦士ガンダム」からの流れを引き継いでいる作品になります。 (宇宙世紀シリーズでもパラレル的な扱いな作品もありますが本記事ではざっくりと宇宙世紀シリーズにまとめています。 ) そのため、作品によっては「機動戦士ガンダム」の内容をある程度知っておくとより楽しめる作品もあります。 ただ、知らないからといって話が全然わからないみたいなことはないので、そのへんは安心してもいいかなと思います。 はじめから「機動戦士ガンダム」を見るのも全然ありだと思いますが、さすがに古い作品でもあるので、ガンダムを見始めたばかりという方や宇宙世紀シリーズを知らないといった方にはちょっと厳しいかもしれません。 また、アナザーシリーズですが、こちらはそれぞれ独立した作品になりますのでそこらへんは気兼ねなく見れるガンダムアニメ作品です。 一応簡単に一覧にしてみましたので、どんなガンダム作品があるか参考にしてみて下さい。 タイトル 話数 機動戦士ガンダム U. (違っていたらすいません。。。 有識者の方ご指摘下さい。 ) この中から個人的な感想や見る順番を踏まえつつ、おすすめ作品の一覧を書いてみました。 っといっても必ずその順番で見てね。 ということではなく、どれから見たらいいか迷ってる時の参考程度になったらいいなぐらいで書いてます。 笑 自分が気になった作品から見るのが一番だと思いますので。 よければどうぞ読んでみて下さい。 ガンダムUC OVA 初めてみるガンダムアニメとして個人的におすすめの作品 宇宙世紀シリーズのガンダム。 作画が綺麗でモビルスーツがとにかくかっこいいので、ガンダムのかっこよさを知るには個人的には一番おすすめの作品。 宇宙世紀シリーズの過去作品に登場した旧式のモビルスーツから本作に登場する最新のモビルスーツまで多くの機体が出てきますが、 どのモビルスーツもかっこいいです。 ロボットものアニメとしてガンダムのかっこよさを感じることができるでしょう。 OVA作品で全7話と視聴しやすいのもポイント。 比較的新しい部類に入る作品のため、初めてガンダムを見る人やまだガンダムを見始めた人には見やすい作品です。 ガンダムUCですが、OVAだけでなくTVシリーズ版もあります。 管理人はOVAを先に見ているからってのもありますが、個人的にはOVA版をおすすめ。 宇宙世紀シリーズの流れを汲んでいるので、「機動戦士ガンダム」から登場するキャラクター達もストーリーに関わっています。 後、BGMが素晴らしい。 各シーンで流れるBGMが流れますが、どのシーンで流れるBGMもそのシーンに合っていて印象づけられるので、ぜひ視聴して味わって欲しい作品。 「機動戦士ガンダム」から続くアムロとシャアの戦いに終止符を打つ作品 宇宙世紀シリーズのガンダム作品。 「機動戦士ガンダム」から続くアムロとシャアの因縁に終止符を打つ作品であり宇宙世紀シリーズの流れを思いっきり汲んでいる作品。 モビルスーツの戦闘シーンは個人的には屈指の作品だと思います。 作品自体がかなり前の作品なので、最近のアニメのような派手さはありませんが当時の作画で考えても見応えのある戦闘シーンが多く、今見てもガンダムや他のモビルスーツのかっこよさを充分感じることのできるガンダム作品だと思います。 戦闘シーンが結構過去の二人の戦いを思い出すようなシーンなんかもちょくちょく出てくるので過去作品を見ておくとより胸熱になれます。 そういう意味では「機動戦士ガンダム」から「機動戦士Zガンダム」ぐらいは見ておくとより楽しめる作品ですが、TV版の方は話数も多く、かなり昔の作品のため今見ると結構つらいものがあるかもしれません。 宇宙世紀シリーズのガンダムにがっつり好きになった時にでもみればいいかなと個人的には思います。 それぞれの作品で劇場版3部作の作品がありますのでそちらを見てからでもいいかも。 宇宙世紀シリーズの中でも管理人がかなり好きな作品なので過去作品を見たことの有り無しに関わらずぜひ見て欲しいガンダム作品。 ヒューマンドラマを楽しめるガンダム作品 宇宙世紀シリーズ作品。 こちらはガンダムを題材としてヒューマンドラマを描いた作品。 登場人物の一人である少年アル・フレッドがひとつのコロニー内の戦争を通して成長を描いている物語。 宇宙世紀シリーズ作品ですが、過去作品のつながりなんかもほぼ無いので単体で見れる作品です。 アル・フレッドとジオンのパイロットのバナード・ワイズマン、連邦のパイロットのクリスチーナ・マッケンジーの3人の関係がストーリーが進むにつれて、それぞれの思いがある結果となって終結します。 ラストシーンなんかは泣けるため、ネタバレなしでぜひ見て下さい。 ガンダム作品ですが、ガンダム要素がそこまで強くないのでガンダムを見始めた人にはおすすめできる作品。 アナザーシリーズのガンダムとして面白い こちらはアナザーシリーズのガンダム作品。 劇場版まで通して作品がありますが、全部つながっていて綺麗に完結する作品なので最後までみるのが個人的にはおすすめ。 ガンダム自体SFみたいなものですが。 笑 比較的にまだ新しいガンダム作品なので、今見ても見やすい作品なのでガンダムを初めて見る人とか、ガンダム初心者の方にはおすすめできます。 戦闘シーンも派手さがあり宇宙世紀シリーズ作品とは違ったモビルスーツの良さを見ることができます。 物語自体はイオリア・シュヘンベルグの計画にのっとりながら戦争根絶を目指す組織のソレスタルビーイングが各地で戦争や紛争に介入していきますが、物語が進むにつれて国や世界を巻き込んだ戦いに発展していきます。 ソレスタルビーイングのガンダムのパイロットである4人がそれぞれキャラやガンダムの特徴がはっきりしていて面白いです。 誰か1人は好みのキャラが出てくると思います。 また、味方以外でもネタキャラから魅力的なキャラまで多くのキャラが登場しますのでそのへんも見ていて楽しめる作品です。 アレハレ好きな人は劇場版の戦闘シーンまでぜひ視聴してみて下さい。 泥臭さを出そうとした癖のあるガンダム作品 アナザーシリーズのガンダムでまだ新しい作品。 ガンダムの中でも割と異色の作品です。 ガンダム初心者には見やすい作品かなと。 アナザーシリーズは基本単体の作品なのでどれも初めての人には特に前後関係とか関係なく見れるので見やすいといえば見やすいですけどね。 どんぞこにいる子供たちが市民権を得ようと葛藤し、戦いに明け暮れる様子を描いた作品。 笑 他のガンダム作品との違いはビーム兵器の登場が少ないので、味のあるガンダムの戦いが見れます。 泥臭いというよりは機械と機械の兵器としての戦いが強いのでその当たりが好きな人にはおすすめしたい作品。 戦争の凄惨さを描くガンダム 宇宙世紀シリーズ作品。 一応パラレル的な扱いのガンダムです。 個人的には大人向けのガンダム作品かなと。 戦争の凄惨さを現すような描写が多いため見るときは少し注意。 そういうのが苦手な方にはあまりおすすめできませんが、他のガンダム作品と比較してリアルよりな感じがありますので見てもらいたい作品。 また、アニメとして作成されたのも比較的新しいので、描写がきれいなのとモビルスーツ同士の戦いは迫力があって面白いです。 宇宙世紀シリーズの作品ですがパラレル的な扱いなので特に他のシリーズ作品との関係も薄いので作品単体で見れるのでガンダム初心者にもおすすめ。 また、結構音楽的なところも特色があっていい点。 JAZZチックな音楽をバックにモビルスーツ戦が行われたりしてスタイリッシュというか独特な雰囲気のあるガンダムを見れます。 出典: アナザーシリーズガンダムの代表格とも言える作品 アナザーシリーズのガンダム作品です。 また、放映当時からかなりの人気があったガンダムです。 初代ガンダムをオマージュしているところもありますが、アナザーシリーズとして新しいガンダムの道を開拓した作品ではないかなと個人的には思います。 アニメ以外のメディアでも独立した作品が多く作られているガンダム作品なのでその人気は推して知るべし。 続編や外伝なども作られていますので、こちらの作品を見て好きになった人はぜひその他の作品も見て欲しいところ。 ガンダムも数多く登場しますが、結構ロマン溢れる機体もいたりして面白いのでおすすめです。 少し古いというか懐かしい作品になりますが、ガンダムを見始めるのにはおすすめの作品になります。 ガンダムSEEDの続編となったシリーズ作品 アナザーシリーズの「機動戦士ガンダムSEED」の続編となった「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」。 SEEDが面白かった人は見ても損はない作品。 恐らくですが、最初は新しい主人公で作成を目指していたが制作の都合がバンダイの都合か、はたまたそんな予定は元々なかったのか、途中でSEEDの主人公だったキラ・ヤマトがほぼ主人公として登場したので続編となった感が強い作品です。 笑 SEEDに登場した馴染みのメンバーはそれぞれ別の道を歩みつつも登場しますので、そのへんは前作から見ておくと良い作品。 登場するガンダムは相変わらず厨二心をくすぐるものが多いのでスタイリッシュなガンダムを見たい人にはおすすめの作品。 モビルアーマー同士の熱い戦闘が見れるガンダム 宇宙世紀シリーズの作品。 こちらもあまりシリーズ作品との関連は薄い方で独立した作品として見れるガンダム。 作品自体は古いですが、今見てもそこまで古臭さを感じずに見ることができると思います。 どちらかという割とむさ苦しい感じのガンダムで結構良いキャラをした渋いおっさん比率の高めのガンダムです。 また、時代の割にはモビルースーツが綺麗に作画されていてガンダムももちろんですが、連邦軍の量産機のかっこよさが結構光る作品なので、 宇宙世紀シリーズ好きな人は見ておいた方がいいかもしれません。 ストーリーは後半から少し「ん?」と思うところはありますが、それでも割と綺麗にまとまっている方かなと思います。 最後の大型機であるモビルアーマー同士の戦いは熱いものがありますのでおすすめできる作品。 出典: 宇宙世紀シリーズ作品の中ではかなり古いがその中でも屈指の面白さを誇るガンダム 宇宙世紀シリーズの作品。 TVアニメ版と新約とする劇場3部作編があります。 個人的にはTV版の方が好きですが、全50話というのと今見るのではかなり古臭い作画になりますので宇宙世紀シリーズが相当好きでないと見るのが苦行かもしれません。 笑 新約の方はTV版の方を所々カットしているのと新規で綺麗に作成された部分もありそちらの方が見やすいかもしれませんが、TV版の作画も使用しているため結構チグハグ感が否めないです。 また、ストーリーも大幅にカットされていて、その都合で物語の解釈も多少違ってくるところもあるため、できればTV版を見て欲しいところ。 また、Zガンダムの主人公であるカミーユと初代ガンダムの主人公アムロと宿敵であるシャアが同じ陣営に属して戦うシーンも個人的には胸熱です。 色々な陣営が絡んできて物語の終盤では三つ巴の戦いになるのも個人的には面白かった展開です。 ガンダムが初めての方は新約の劇場版、かなり好きな方はTVアニメ版をみることをおすすめします。 出典: ガンダムシリーズの原点となる作品 初のガンダム作品であり宇宙世紀シリーズの原点とも言える作品。 宇宙世紀シリーズやアナザーシリーズなど多くのガンダム作品が今ではありますが、この作品があったからこそだと思います。 アムロやシャアといった宇宙世紀シリーズ作品に度々関わっている二人の最初の物語になります。 本作もTVアニメ版と劇場版とありますが、今から見るのであれば劇場版の方をおすすめします。 さすがに古い作品なのは間違いないので、最近のアニメになれている人には少し厳しいかなと思います。 また全43話とこちらもZガンダム同様長いので、ガンダムが好きで、原点となる作品をあますことなく見たい人にはTV版をおすすめしますが、さらっと知りたい人には劇場版の方でいいでしょう。 今でも色々なところで最強パイロット候補に上がるアムロのパイロットとしての成長過程をみれる作品でもあります。 シャアが赤い彗星になるまでの道程が描かれている作品 宇宙世紀シリーズ作品ですが、「機動戦士ガンダム」をベースとしたパラレル的な扱いの作品らしいです。 原作はコミックスで一年戦争も描いていますが、アニメでは一年戦争より前のルウム戦役までを描いていています。 アムロの宿敵であるシャア・アズナブルを中心としたストーリーになるため、シャア好きな人にはおすすめできるアニメ作品。 また、比較的新しい作品なので宇宙世紀シリーズで登場する旧モビルスーツも綺麗に見れるのもポイント。 CGでモビルスーツが描かれているシーンもあるため、旧世代のモビルスーツの良さを感じられます。 アニメの方ではシャア・アズナブルが「赤い彗星」と呼ばれる所以を知ることができるため、特に宇宙世紀シリーズが好きなガンダムファンの方は見るといい作品です。 出典: ガンダム With 王道ラブストーリー 宇宙世紀シリーズ作品。 こちらは単体作品として見やすいので、ガンダム見始めの方でもおすすめ。 一年戦争中のアナザーストーリーにあたるガンダム作品で地上での戦いをミリタリーテイストに仕上げています。 が、主人公であるシロー・アマダが全て流れを持っていってます。 シローが熱血すぎて熱意さえあればどうとでもなる様子を教えてくれます。 また、ジオンのパイロットであるアイナとの出会いから段々と恋に落ちていきますがこのラブストーリーも中々見ごたえあります。 終盤でのシローのセリフは名言といっても過言ではないでしょう。 他にも、ノリスといった魅力的なジオンのパイロットもいてモビルスーツ戦闘では光るものがあるのでそこも含めて楽しめる作品だと思います。 少し真っすぐになりたい時に見るといいガンダム作品。 ガンダムNT(ナラティブ)  機動戦士ガンダムUCの先を行く最新作 個人的に未視聴ですが、近いうちにみたいなと思っているガンダム作品。 宇宙世紀シリーズ作品。 「機動戦士ガンダムUC」の1年後が舞台の作品。 ユニコーンガンダムの3号機目が登場し、そこからストーリーが展開されるみたいです。 劇中1話完結ということもあり見やすさもありそうな作品。 作画のクオリティも高くかなり面白そうです。 もう既に放映自体はされているので、ちらほらとネット上でも感想は上がっているようなのでどんな内容か知ることはできそうです。 管理人は視聴するまでは見ませんが。 笑 また、今後は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」~「機動戦士ガンダムF91」までの宇宙世紀を描いていくことに力を注いでいくみたいなので、今後のガンダム作品の展開にも期待です。 最後に 個人的にガンダムシリーズの作品を視聴のしやすさやおすすめを一覧にしてみましたが、 どれか1つでも気になるものがあれば幸いです。 こちらの記事中には書いてませんが他にもガンダムの作品はかなり多く、また、それぞれ特徴のある作品もありますので気になるものがあればぜひ見て下さい。 自分に合うガンダム作品はきっとあるはず。 それにしても改めて記事を見返すと宇宙世紀シリーズが多いですね。 個人的に宇宙世紀シリーズ作品が好きなので偏ってるかもしれません。 汗 年齢的に若干懐古的なところも入ってるかも笑 それでは素敵なガンダムライフを!.

次の

ガンダム見る順番のおすすめはコレ!時系列もまとめて理解!

ガンダム シリーズ 時 系列

『ガンダムビルドファイターズ(GBF)』全25話(2013年)• 『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』(2017年8月25日配信)• 『ガンダムビルドファイターズトライ GBF-T 』全25話(2014年)• 特別編『ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ』(2016年8月21日放送)• スピンオフ『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』全5話(2017年)• 『ガンダムビルドダイバーズ(GBD)』全25話(2018年)• Webアニメ 1st Season『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』全13話(2019年)• Webアニメ 2nd Season『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』(2020年4月~) 『ガンダムビルドファイターズトライ』は、『ガンダムビルドファイターズ』の7年後を描いた続編です。 『ガンダムビルドダイバーズ』は、前2作とは全く関係のない別シリーズです。 『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』は、『ガンダムビルドダイバーズ』の2年後を描いた続編です。 『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』は、『ガンダムビルドファイターズ』と『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場したキャラとガンプラの短編です。 なので、本編を見た後に見るのがおすすめです。 『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』は、YouTubeの公式チャンネルで配信されています。 『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』『ガンダムビルドダイバーズ』の配信なし。 無料お試しするなら、アニメ作品数No. 1のがおすすめです。 無料お試し期間:31日間• 月額料金:400円(税抜)• 作品数:2,800作品以上• 強いジャンル: アニメ NTTドコモが運営する動画配信サービスで、ドコモユーザー以外でも利用可能です。 「dアニメストア」の魅力は、何といっても 価格の安さ。 Amazonプライムの月額500円(税込)より安いので、アニメを見まくるコスパとしては最強です。 アニメ特化で、作品数はトップを誇ります。 現在放送中のアニメの見逃し配信も充実しており、地方に住んでいてもテレ東系のアニメをリアルタイムで追えます。 デメリットは、アニメ以外の作品がほぼ皆無なこと。 アニメの他に映画や海外ドラマも見たいという人には不向きです。 その分アニメ原作のミュージカルや舞台作品、声優さんのイベント映像まで網羅されており、アニメ好きなら入って損なしです。 無料お試し期間:30日間• 月額料金:500円(税込)• 年額料金:4,900円(税込)• 作品数:数千本• 強いジャンル: オリジナル作品、映画、海外ドラマ 年払いだと、 月額換算で月々約410円。 月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。 Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。 通販の お急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料。 さらに「Prime Reading」で 800冊以上のKindle本が読み放題、 「Prime Music」で 100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。 すさまじいサーピス過多っぷりに、 「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。 「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。 また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。 とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

次の

ガンダムシリーズアニメおすすめランキング~機動戦士な宇宙世紀シリーズからアナザーガンダムまで | すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

ガンダム シリーズ 時 系列

『ガンダムビルドファイターズ(GBF)』全25話(2013年)• 『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』(2017年8月25日配信)• 『ガンダムビルドファイターズトライ GBF-T 』全25話(2014年)• 特別編『ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ』(2016年8月21日放送)• スピンオフ『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』全5話(2017年)• 『ガンダムビルドダイバーズ(GBD)』全25話(2018年)• Webアニメ 1st Season『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』全13話(2019年)• Webアニメ 2nd Season『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』(2020年4月~) 『ガンダムビルドファイターズトライ』は、『ガンダムビルドファイターズ』の7年後を描いた続編です。 『ガンダムビルドダイバーズ』は、前2作とは全く関係のない別シリーズです。 『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』は、『ガンダムビルドダイバーズ』の2年後を描いた続編です。 『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』は、『ガンダムビルドファイターズ』と『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場したキャラとガンプラの短編です。 なので、本編を見た後に見るのがおすすめです。 『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』は、YouTubeの公式チャンネルで配信されています。 『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』『ガンダムビルドダイバーズ』の配信なし。 無料お試しするなら、アニメ作品数No. 1のがおすすめです。 無料お試し期間:31日間• 月額料金:400円(税抜)• 作品数:2,800作品以上• 強いジャンル: アニメ NTTドコモが運営する動画配信サービスで、ドコモユーザー以外でも利用可能です。 「dアニメストア」の魅力は、何といっても 価格の安さ。 Amazonプライムの月額500円(税込)より安いので、アニメを見まくるコスパとしては最強です。 アニメ特化で、作品数はトップを誇ります。 現在放送中のアニメの見逃し配信も充実しており、地方に住んでいてもテレ東系のアニメをリアルタイムで追えます。 デメリットは、アニメ以外の作品がほぼ皆無なこと。 アニメの他に映画や海外ドラマも見たいという人には不向きです。 その分アニメ原作のミュージカルや舞台作品、声優さんのイベント映像まで網羅されており、アニメ好きなら入って損なしです。 無料お試し期間:30日間• 月額料金:500円(税込)• 年額料金:4,900円(税込)• 作品数:数千本• 強いジャンル: オリジナル作品、映画、海外ドラマ 年払いだと、 月額換算で月々約410円。 月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。 Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。 通販の お急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料。 さらに「Prime Reading」で 800冊以上のKindle本が読み放題、 「Prime Music」で 100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。 すさまじいサーピス過多っぷりに、 「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。 「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。 また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。 とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

次の