ファイル マネージャー おすすめ。 Androidスマホに内蔵されたファイルマネージャーでファイル操作をする方法

【無料で軽い】Androidでおすすめのファイルマネージャー

ファイル マネージャー おすすめ

見た目を比較 まず、各ファイルマネージャーを立ち上げた時にはじめに表示されるUIを比較します。 「Yahoo! ファイルマネージャー」は、画像や動画、音楽、といったメディアファイルが格納されているフォルダへすぐにアクセスできるようになっています。 ストレージの容量も一目瞭然で、「Yahoo! ファイルマネージャー」でのファイル整理はここからスタートします。 「アストロファイルマネージャー」はシンプルで、PCのエクスプローラーに近い印象です。 虫眼鏡マークの下に表示されているバーから、開いているフォルダの階層を把握できます。 「Solid Explorer」は、立ち上げるとフォルダが一列に表示されています。 こちらは設定で変更することもできます。 画像や動画が格納されているフォルダのサムネイル表示が高速なので、ストレスフリーなブラウジングが可能です。 操作性を比較 ここでは、実際にどのようにファイルを整理していくか、その操作性を比べます。 「Yahoo! ファイルマネージャー」は、ホーム画面から画像のボタンをタップすると画像が格納されているフォルダへ、動画のボタンをタップすると動画が格納されているフォルダへのアクセスが可能です。 スマホのフォルダ構成がわからなくても、目的のファイルまで容易にアクセスできます。 ファイル操作は、長押ししてドラッグ&ドロップでおこなえます。 2画面表示にすれば、2つの画面を別々に操作できるので、ファイルやフォルダのコピー・移動時に便利です。 「アストロファイルマネージャー」でファイルなどを移動する場合は、移すファイルを選んだあとに、目的のファイルが格納されているフォルダを探して移動します。 ファイルの種別によって検索することもできるので、フォルダ構成を気にしないでブラウジングすることも可能です。 ファイル管理は目的のファイル、フォルダをロングタップし、右上メニューから移動、名前の変更といった操作をおこないます。 削除する場合は、ゴミ箱マークをタップします。 「Solid Explorer」も「アストロファイルマネージャー」と同じように、移動するファイルを選択して目的のファイルが格納されているフォルダに移動します。 画面を左右にスワイプすると、別々のフォルダをブラウジングできます。 スマホを横向きにすると、2カラムでの表示となるので、目的に合わせて縦向き、横向きを使い分けると便利です。 ファイル管理は、目的のファイルやフォルダをロングタップするとメニューが表示される仕組みです。 コピーや移動、削除はメニューから実行します。 プロパティを選択すると、ファイルの容量や属性といった情報も確認できます。 画面を横向きにした際の2カラム表示を利用して、ファイルをドラッグ&ドロップでコピー、移動することも可能です。 ドラッグ&ドロップでコピーをするか移動するのかは、設定画面から変更することができます。 ファイルを移動、コピーして、名前を変えてという基本的な操作はどのファイルマネージャーも同じ要領でできますが、「Yahoo! ファイルマネージャー」はメディアファイルへのアクセスがしやすいので、これからファイルマネージャーを使用してみようと思うユーザーには最適かもしれません。 「アストロファイルマネージャー」と「Solid Explorer」は、スマホを使い慣れた人に向いていると思われます。 機能面を比較 ファイルの移動やコピーといった基本機能は、どのファイルマネージャーも同じですが、機能面では少し違いがあります。 共通の機能 DropboxやGoogleドライブといった各種クラウドサービスとの連携方法をみていきたいとおもいます。 「Yahoo! ファイルマネージャー」と「アストロファイルマネージャー」は、クラウドに保存したいファイルなどをロングタップし、共有ボタンをタップして、任意のクラウドを選択すれば完了です。 「Solid Explorer」は、ファイルのロングタップで表示されるメニューの「送信」をタップすると、共有画面が出現します。 「共有」や「送信」と各アプリで呼び方は違うものの、操作方法は同じです。 ファイルの圧縮と解凍も共通機能のひとつです。 「Yahoo! ファイルマネージャー」と「アストロファイルマネージャー」は、通常のファイル操作と同様にこちらも圧縮したいファイルをロングタップし、各アプリのメニューから「圧縮」や「ZIP」といった項目を選ぶと、ZIP形式の圧縮ファイルを作成することができます。 もちろん、既に圧縮されているファイルを解凍することも可能です。 「Solid Explorer」の場合は、ファイルを長押しして「アーカイブ」を選ぶと、ZIPファイルまたはTARファイルを作ることができます。 また、パスワードを設定することも可能です。 イメージビューアの違い 「Yahoo! ファイルマネージャー」と「アストロファイルマネージャー」には、イメージビューアが搭載されています。 「Yahoo! ファイルマネージャー」は画像を選択すると、その場で壁紙登録や画像編集をすることができます。 「アストロファイルマネージャー」は、画像の閲覧のほかにクラウドとのファイル共有が可能です。 「Solid Explorer」に搭載されたPC共有機能 「Solid Explorer」には、他の2つのアプリにはない目玉機能として、PC共有機能があります。 スマホとPCをケーブルを接続することなくファイルをやりとりすることができます。 前提としてPCとスマホをWi-Fi接続する必要がありますが、設定はとても簡単です。 右下メニューから「ファイル共有」を選択し、共有したいフォルダとパスワードを任意で設定します。 その後、「開始」をタップしてサーバーのアドレスをPCのエクスプローラーに入力し、ユーザー名(admin)と設定したパスワードを入力するだけで連携が可能です。 そして、「停止」をタップすれば連携を止めることができます。 まとめ ファイルマネージャー3本を比較しましたが、ファイルを移動、コピー、削除といった基本的な機能はどれも同じです。 「Yahoo! ファイルマネージャー」は、わかりやすいスケッチ調のホーム画面から探したいファイルの種類をタップしてブラウジングできるので、フォルダ構成を気にすることなく、直観的に目的のファイルが格納されている場所へ移動することができます。 スマホを購入したばかりの人にもオススメです。 「アストロファイルマネージャー」はシンプルなUIで、ファイルマネージャーに欲しい機能を最低限まとめてくれているアプリです。 「Solid Explorer」は、他のアプリにあったイメージビューアはないものの、TAR形式でのアーカイブ化、PCとのケーブルレスでのファイル共有といった「Solid Explorer」にしかない機能も備わっており、画像や動画のサムネイルを高速で描写するなど、上級者向けの高機能ファイルマネージャーといえます。 各アプリで細かい違いがあるので、今回比較したアプリを全部インストールしてみて、操作してみた中から気に入ったものを利用してみるのもいいでしょう。 「Solid Explorer」は14日間のトライアル期間が設けられており、以降は有料でアンロックキーを購入する必要がありますが、高速描写、高速ブラウジングは魅力です。 メディアファイルの管理には「Yahoo! ファイルマネージャー」を、細かなファイル整理には「アストロファイルマネージャー」を利用といったように、目的別に使い分けるのもいいかもしれません。

次の

データ管理で必須、ファイルマネージャーアプリ比較:Yahoo!ファイルマネージャー vs アストロファイルマネージャー vs Solid Explorer(Android)

ファイル マネージャー おすすめ

Contents• 【AndroidでNASを利用できるファイルマネージャーについて1】そもそもNASとは何なのか? NAS(ナス)とは家庭内のWi-Fi上に繋がっているハードディスクのことです。 通常のハードディスクはパソコンに接続されており、接続している機器からのみアクセスできるのが一般的ですが、NASはWi-Fiなどの家庭内のインターネット上に接続されている機器であればどこからでもアクセスできるのが一般的です。 専門的な説明としては若干のズレがありますが、上記の内容で考えてもらえるとスムーズに理解してもらえると思います。 なお、若干専門的な表記では「正式名称はネットワーク アタッチト ストレージであり、頭文字で略した表記がNASとなります。 ネットワーク上に直接接続して利用できるストレージ」となります。 【AndroidでNASを利用できるファイルマネージャーについて2】ファイルマネージャーとは何なのか? Androidにもパソコンと同じようにフォルダが多数存在しています。 スマホやタブレットで標準でインストールされている「ギャラリー」アプリでは、スマホ上に保存されている写真やビデオのフォルダのみが表示されますが、「ファイルマネージャー」アプリを使用するとパソコン上でのフォルダ操作と同様に、Android上に作成されているフォルダを参照するなどの操作を行うことが出来ます。 また、スマホ上のフォルダだけではなく前述したNASにアクセスすることができるので、NAS上のデータの参照やNASへのデータの保存か出来るようになります。 【AndroidでNASを利用できるファイルマネージャーについて3】ちょっと便利な使い方 前述したファイルマネージャーとNASを利用することで、以下の様な使い方が出来ます。 【その1】パソコン上で作成したファイルをスマホ上で簡単に表示することが出来る。 【その2】デジカメで撮影した写真をパソコン上で取り込んでNASに保存することで、スマホやタブレット上で参照することが出来る。 【その3】スマホで撮影した写真をNAS上に保存することで、パソコン上で表示することが出来る。 また、プリンターで印刷することが出来る。 【その4】自分のスマホで撮影した写真やビデオをNAS上に保存しておき、同居の家族に簡単に共有することが出来る。 NASは基本的に電源がONの状態になっているため、パソコンの様に必要なタイミングで起動する必要がありません。 そのため、思いついたタイミングでNAS上に保存してあるデータを手軽に参照することが出来ます。 【AndroidでNASを利用できるファイルマネージャーについて4】おすすめのファイルマネージャー Androidでは無料のファイルマネージャーがいくつも提供されていますが、今回は個人的に使い勝手が良くおすすめしたいファイルマネージャーを厳選して紹介します。 【おすすめファイルマネージャー1】X-plore File Manager X-plore File Managerはスマホやタブレット上に保存されているデータ(ローカルデータ)やNAS以外にも、オンラインWebストレージ(GoogleドライブやDrop Boxなど)、FTPサーバーなど多彩な機器に接続することができるファイルマネージャーです。 独特な外見をしており、画面の左と右で異なるフォルダを同時に表示することが出来るので、ファイルコピー時にコピー元とコピー先を同時に表示して作業することが可能となっています。 スマホで縦画面で表示している場合は左ペインと右ペインを切り替えて操作し、横画面に回転した状態では左ペインと右ペインを同一画面上で表示することが出来ます。 一部機能ではアプリ内課金が必要になりますが個人的には無料で使用しており、無料の状態でも十分使い勝手が良いファイルマネージャーです。 【おすすめファイルマネージャー2】FE File Explorer FE File Explorerはシンプルな外見のファイルマネージャーです。 また、Android版以外にもiOS版(iPhone、iPad)も提供されており、複数のデバイスを所有している場合は各端末で同一の操作が出来るようになっています。 無料版では以下の機能が制限されており、必要な場合では有料版のFile Explorer Proにアップグレードする必要があります。 ・クラウドストレージ(GoogleドライブやDrop Boxなど)への接続 ・複数のNASやWindows上の共有フォルダへの接続 なお、スマホから1台のNASへの接続は無料版の「FE File Explorer」で問題なく行うことが出来ます。 【AndroidでNASを利用できるファイルマネージャーについて5】おすすめのNAS NASを調べると多くの機器が販売されており、初めてNASを使用する場合は選択する機種に迷ってしまうと思います。 そこで、ここではおすすめしたいNASを紹介します。 【おすすめNAS1】バッファロー LS510D0201G 2TB 価格の性能を両立しているコストパフォーマンスに優れたモデルです。 有名メーカーのバッファローが製造しているため、初めての人でも安心して使うことが出来ます。 複数の端末やデバイス(パソコン、スマホ、タブレットなど)から同時に接続しても安定して利用が出来るデュアルコアCPUが搭載されています。 メディアサーバー機能も搭載しているので、DLNAに対応している機器(テレビなど)であればNAS上の動画を再生することも出来るようになっています。 また、WebAccess機能も搭載しており、外出先の自分のスマホから簡単にNAS上のデータにアクセスすることが可能となっています。 【メーカー】バッファロー 【容量】2TB 【搭載HDD台数】1台 【おすすめNAS2】バッファロー LS520D0402G 4TB このNASも前述したLS510D0201Gと同様に、有名メーカーのバッファローから提供されている製品です。 最大の特徴はハードディスクが2台搭載されており、万が一片方のハードディスクが故障した場合でも残ったハードディスクからデータを復旧できる「ミラーリング(RAID1)」に対応しています。 ミラーリングで使用する場合はハードディスクの容量は表示されている半分(4TBの場合は2TB)が利用可能容量となります。 なお、ミラーリングは工場出荷時に標準で設定されています。 また、前述のモデルと同様にメディアサーバー機能やWebAccess機能も搭載されています。 この製品は国内製で長期3年保証 内蔵HDDのみ1年保証 となっていることも安心して使用できる材料の一つです。 ハードディスクは2台搭載されており、アイオー独自のデータ保護技術「拡張ボリューム」を採用しているので1台のハードディスクが故障した場合でも、保存しているデータが復旧可能な冗長性のある使い方が可能となっています。 Remote Link 3 リモートリンク3 機能を搭載しており外出先のスマホから自宅のNASへアクセスすることが可能となっています。 アクセスするための専用アプリであるRemote Link Files リモートリンクファイルズ もAndroidとiOSの両方で提供されています。 また、スマホの写真・動画ファイルを同一Wi-Fi上のNASに簡単にバックアップが出来る無料アプリ「Fotoclip(フォトクリップ)」も提供されています。 【メーカー】アイオーデータ 【容量】4TB(RAID1:2TB) 【搭載HDD台数】2台 【AndroidでNASを利用できるファイルマネージャーについて6】X-plore File ManagerでNASに接続する方法 ここでは、個人的にも愛用している「X-plore File Manager」を使用して、NASに接続するための手順の例を紹介します。 なお、NASの設定は完了していることを前提条件としています。 【NASへの接続方法1】スマホとNASを同一Wi-Fiに接続する スマホまたはタブレットのAndroid端末(以下スマホとします)からファイルマネージャーでNASに接続するには、NASとスマホが同一Wi-Fiに接続されている必要があります。 NASは多くの場合は無線接続に対応していないため、有線で接続することになるためNASをWi-Fiルーター背面のLANと記載されているポートにLANケーブルで接続します。 スマホはNASを接続したWi-Fiルーターに無線で接続することで、スマホとNASを同一Wi-FIに接続したことになります。 【NASへの接続方法2】NASへの接続に必要な情報の確認 ファイルマネージャーでNASに接続するために必要となる以下の情報を事前に確認しておきます。 【必須項目】NASのローカルIPアドレス 【使用している場合】NAS上の共有フォルダに接続するためのユーザー名とパスワード ローカルIPアドレスの確認方法は様々ですが、バッファロー製のNASの場合は以下の方法で確認することが出来ます。 【方法その1】NAS Navigator2(Windowsパソコンのアプリ)からシステム情報を表示する 【方法その2】SmartPhone Navigator(スマホのアプリ)のNAS一覧から確認する。 なお、X-plore File Managerを使用する場合は、ローカルIPアドレスは不明でも設定自体は可能となっています。 【NASへの接続方法3】X-plore File ManagerでLANの表示 X-plore File ManagerでNASへ接続する手順を紹介します。 なお、以降の手順はX-plore File ManagerをインストールしたAndroidのスマホで確認しています。 【LANの表示手順】 1. X-plore File Managerを起動します。 フォルダを表示する項目の一覧から「表示」をタップします。 一覧に表示する項目の選択画面が表示されるので、「LAN」の項目をタップします。 LANの横に「チェックマーク」が表示されたことを確認して、画面上の空いている場所をタップします。 最初の項目一覧に戻り、「LAN」の項目が追加されていることを確認します。 【NASへの接続方法4】X-plore File ManagerでNASの検索 【NASの検索手順】 1. 一覧からLANをタップして、「サーバー追加」をタップします。 追加方法が表示されるので「スキャン」をタップします。 LANの項目配下にNASが表示されます。 【NASへの接続方法5】X-plore File ManagerでNASの追加 【NASの追加手順】 1. スキャンで表示された「NASのIPアドレス」をタップします。 サーバー追加画面が表示されます。 NASで共有フォルダへのアクセスにユーザー名とパスワードが必要な場合は入力します。 サーバー追加画面で「保存」をタップします。 一覧画面にNASが追加されます。 NASをタップするとNASに存在しているフォルダ一覧が表示され、NAS上のファイルにアクセスが可能となります。 AndroidでNASに接続できるファイルマネージャーに関するまとめ 今回はAndroidでNASに接続できるおすすめのファイルマネージャーとNASの機種について紹介してきました。 また、個人的に愛用しているファイルマネージャーでNASに接続する具体的な手順も同時に紹介しています。 スマホとNASの組み合わせは一度使うと非常に便利であることがお分かりいただけると思いますので、この機会に是非使用を検討してみてください。

次の

Androidのファイルマネージャーおすすめアプリ6選!!|モノログ

ファイル マネージャー おすすめ

Nautilus(デフォルト) PCManFM Caja Peony Thunar Dolphin Nemo など Nautilusとは デフォルトではNautilus(ノーチラス)がインストールされていて、これはこれで見やすくて使い心地が良いのでおすすめではあります。 細かく言えば、UbuntuのバージョンアップにともなってNautilusも仕様変更となりました。 以前までグローバルメニューが使えたのに廃止されたので見た目にスッキリはしているものの、タブを追加したい時の操作が少し面倒な点があります。 Nautilusには他のファイルマネージャーと違って様々なエクステンション 拡張機能 が用意されていて、好みに応じて追加することが出来ます。 SynapticやUbuntuソフトウェアで 「Nautilus」と検索すれば、関連した拡張機能が表示されます。 表示される拡張機能はSynapticの方が多いですが、UbuntuソフトウェアではNautilusの表示画面下に「アドオン」と書かれた項目があり、チェック印を入れれば機能が追加されるようにもなっています。 PCManFMとは そこでNautilusのデメリットを補ってくれるファイルマネージャーとしてPCManFMというファイルマネージャーをおすすめします。 たとえばアイコンのサイズ変更したいとき、7〜8種類のサイズから選んで変更できます。 グローバルメニューなので操作をしたい項目がすぐに探せます。 PCmanFMにはエクステンション 拡張機能 は用意されていていません。 Thunarについて 外見はPCManFMに似ている感じです。 Xfceデスクトップ環境向けに開発されたファイルマネージャーといわれています。 Thunarには一種類ですがエクステンション 拡張機能 が用意されています。 まとめ いろいろな種類のファイルマネージャーがありますが、どうせ使うなら使い勝手のよいものを選びたいものです。 ただ、人によって好みに違いがあるのでいくつか試してみて自分にあったものを使えばよいのかな、と思います。

次の