たけ も ね 小説。 徳冨蘆花 不如帰 樋口一葉 たけくらべ 時代背景がわかる小説

表現者たけの世界

たけ も ね 小説

『 宮本武蔵』(みやもとむさし)は、の新聞小説。 に連載されたこの作品は、の8月23日から、4年後の7月11日まで続いた。 の開祖でもある・の成長を描き、剣一如を目指す求道者・宮本武蔵を描いたこの作品は、からへと向かう戦時下で人気を得た。 しかし、小説の多くの部分、特に冒頭は殆どが吉川英治の創作であり、お通や又八などの存在をはじめ、との出会いも創作である。 小説では武蔵はで西軍に加わったことになっているが、剣豪として有名であった父のが関ヶ原の東軍のに仕官していたことを証明する黒田家の文書 があり、父とともに東軍として九州で参戦していた可能性が高いことなど、小説の前提が完全に史実に反している。 この小説による誤った宮本武蔵像がその後一般大衆にあたかも真実であるかのように広まったことに対し、吉川自身は、、も本書のどこかを自身の精進に生かし得たということを「人づてに聞かされもした」「(よろこびとか張り合い以上に)苦痛にも似た自責をおぼえないではいられない」と述べている。 小説誕生の経緯 [ ] ととの間に生じた宮本武蔵の強弱を論じた論争に端を発する。 1932年に直木が「武蔵=非名人説」を発表し、それに対して菊池が「武蔵=名人説」を唱えて反論した。 論争の最中、直木がに対してどちらの説を採るかを尋ねたところ、吉川は菊池説を支持すると表明した。 直木は「吉川が武蔵を名人とする理由を発表せよ」と迫ったが、この要求に対して吉川は沈黙を守った。 1935年になり吉川は本作を発表。 によるラジオ朗読や映画化されるほどの人気を博し、「武蔵=名人説」が多くの支持を集める結果となった。 出版 [ ] 単行本 [ ]• 『宮本武蔵』全6巻(1936年5月 - 1939年9月、大日本雄辯會講談社) 箱入り特装本。 『宮本武蔵』全8巻(1939年10月、大日本雄辯會講談社) 箱入り特装本を軽装、安価にした普及版。 『宮本武蔵』全6巻(1949年3月 - 1950年4月、) 占領下での出版であったため、主としてGHQの事後検閲で引っかからないようにするため吉川自身によるかなりの箇所の改訂が行われている。 ) その後出版されたものも基本的にこの「戦後版」のままである。 文庫 [ ]• 『宮本武蔵』全8巻(1975年、())• 『宮本武蔵』全8巻(1989年11月 - 1990年1月、(講談社)) 吉川の死後50年が経過した2012年末にが終了したために、2013年以降は、などからも出版されている。 関連書籍 [ ]• 『随筆 宮本武蔵』(1939年7月、朝日新聞社) 吉川が武蔵について記した随筆をまとめて、新聞連載終了と同時期に発表した随筆集。 史実を追わずに吉川が創作した箇所の解説や、武蔵についての考察(佩刀、画業の評価、実戦で二刀を使ったか? など)を記している。 また、執筆のきっかけとなったとのトラブルや、直木に呶鳴られるまで「観念的にしか武蔵について知識がなかった」ことを明かしている。 『随筆 宮本武蔵』(1977年1月、吉川英治文庫(講談社))• 『随筆 宮本武蔵/随筆 私本太平記』(1990年10月、吉川英治文庫(講談社)) 関連作品 [ ] 映画 [ ]• 宮本武蔵 地の巻(1936年、、監督:) - 宮本武蔵:• 宮本武蔵 風の巻(1937年、、監督:) - 宮本武蔵:• 制作の宮本武蔵シリーズ - 未完、宮本武蔵:• 宮本武蔵 地の巻(1937年、監督:)• 宮本武蔵 草分けの人々(1940年、監督:)• 宮本武蔵 栄達の門(1940年、監督:稲垣浩)• 宮本武蔵 剣心一路(1940年、監督:稲垣浩)• 宮本武蔵 一乗寺決闘(1942年、監督:稲垣浩)• 宮本武蔵 決戦般若坂(1942年、、監督:) - 宮本武蔵:• 制作・監督の宮本武蔵シリーズ - 未完、宮本武蔵:片岡千恵蔵• 宮本武蔵 二刀流開眼(1943年)• 宮本武蔵 決闘般若坂(1943年)• 東宝制作・稲垣浩監督の宮本武蔵シリーズ - 全3部作、宮本武蔵:• (1954年)• (1955年)• (1956年)• 制作・監督の宮本武蔵シリーズ - 全5部作、宮本武蔵:• (1961年)• (1962年)• (1963年)• (1964年)• (1965年)• (1973年、、監督:) - 宮本武蔵: ラジオドラマ [ ] いずれもの朗読による。 連続放送劇 宮本武蔵(1943年9月5日 - 1945年1月15日 )• 生放送。 時局柄、国民の戦意高揚を目的としたため、武蔵とヒロイン・お通の恋を描いた場面は省略され、もっぱら剣の極意を目指す武蔵の姿を描いた場面中心に語られたという。 「に宮本武蔵切られけり」というが流行したが、当時NHK局員だったによれば、「本当は宮本武蔵の放送は一回も空襲に出会わなかった」という。 朗読「宮本武蔵」(1961年12月9日 - 1963年9月17日 全550回)• 改めて収録されたノーカット版。 のち、1973年・2002年に再放送。 1974年にレコード化。 2002年にはCD化された。 テレビドラマ [ ]• (1970年、) - 宮本武蔵:• (1984年 - 1985年、) - 宮本武蔵:• (1990年、) - 宮本武蔵:• (2001年、テレビ東京) - 宮本武蔵:• (2003年、NHK) - 宮本武蔵:• (2014年、開局55周年記念ドラマスペシャル) - 宮本武蔵: 演劇 [ ]• (作)• ( ) 漫画 [ ]• (作) 脚注 [ ]• 『慶長7年・同9年『黒田藩分限帖』• (『講談社文庫第1巻』 p. 5、)。 は、通算の「世界記録」を達成してからの境地について、「(武蔵にも)"たけぞう"という名の時代があった。 長じて"武蔵"になったように、道を極めたい一心でした」と述べている(『』 p. 58)。 『史談と史論』講談社文庫• 「占領軍の検閲の校正刷りによれば、絶対に占領軍がDELETIONを命じそうなところは殆ど「改訂補筆」されている」 『松浦総三の仕事 第3巻 』大月書店• 桑原武夫著『「宮本武蔵」と日本人』講談社の第5章参照。 99-100「暗転する戦局」、p. 330「年表 昭和18年(1943)」• 坂本朝一『放送よもやま話』文春文庫、1985年 pp. 23-25「正月の放送の思い出」• 外部リンク [ ]•

次の

我孫子武丸おすすめ小説10選をご紹介~その多才さで読者を虜に~

たけ も ね 小説

開始二十ページで嫌な予感がしました。 六十ページで合わないことが確信に変わりました。 わたしはいま、読んだ本は全て書評に残し、苦手な本もさばけるよう修行中です。 理由は、賛否両論がある本がいい本であり、どこがどう合わないかを書くことは 意味があるだろうと考えているからです。 むしろ、自分と趣味の合わない人にもメッセージが届けばという思いもあります。 だから頑張りました。 百ページを超えるあたりから読速を上げ、とにかく文字を追うことに 切り替えました。 あとは根性でした。 それにしても。 これは、なんという。 参考でBookmeterを見にいったら、やはりリタイア組が出ているようです。 ということは読み手を選ぶ作品です。 合わないなりになんとかまとめてみました。 タイトルと書誌情報に惹かれて手に取りました。 アラフォーの女性四人の物語です。 うらやましがられるような一流の有名女性誌に関わっている フリーランスの人たちです。 フリーライター、コーディネーター、カメラマン、スタイリスト。 ちょっと前にもてはやされたカタカナ職業の専門家たち。 会社員なんて人生の墓場、デキる女は独立して腕一本で渡っていくと、 鼻息も荒く会社を立ち上げたような人たちです。 いま、会社を畳んで一介のフリーランスです。 そんな人たちはいま、というのがスタート地点です。 取材する先がパリだったり、著名芸能人の名前がちらりと出てきたりとか、 華やかそうな雰囲気を出そうとしています。 登場人物に芸能人ばりの美人がいたりして、何人もの男性を袖にしたりとか、 パトロンをどう繋げておくかなど、打算的な描写が続きます。 でも現実は、アラフォーにもなるとけっこうボロボロという 等身大の悲哀をさそうような展開です。 まあ、わたしは合わなかったので、指摘したいことが結構ありますが、 そこはぐっとこらえます。 じゃあ、どんな人にお薦めかをお伝えします。 これまでは服や音楽ばかり追いかけていたけど、 これからは教養も磨こうかなと読書をかじり始めて、 どうせならどどーんと分厚い本でも読んじゃおうかな、 でもよく分からないから、いつも難しそうな本を読んでいる 〇〇パイセン(そう、あなたのことです)に聞いちゃえー、 という人に向いています。 それも、マニキュアをいじりながらね。 心理描写はほぼありません。 華やかな女性たちが、社会から落ちこぼれそうになってなんとか 立ち直っていくというストーリーで、 ベタな「大人の」恋愛が多い作品です。 こんなこと書いちゃって大丈夫かと心配しないで下さい。 この本が合いそうな人は書評サイトを見ません。 なんだか、結構きつい書き方をしていると見えるかもですが、 これまでも、こんなタイプの本に出会ったことはあります。 つまり表面的な読みやすさを求める読者層がいて、 一定のニーズがあるはずなんです。 別に嫌味じゃないんです、ホント。 本ががっつりと好きな人にはお薦めしませんが、 この書評で向いている人にこの本が渡れば、 著者も出版社も幸せだと思いますので。 2020-06-13 15:52 それが「素晴らしい洞察」とされるのか「誤読」とされるのかも含めて、その分析はそのまま評者に返ってくるものですから、作品について疑問を呈するのも、問題点を指摘するのもありだと思います。 けれども、本を楽しんだ読者やこれから手に取ろうという読者を見下すような記述はいかがなものでしょうか。 少なくてもこの本、私は面白く読みました。 ラノベ、YA、漫画、ロマンス小説等々、本の話題ならなんでもOKというサイトなのに「この本が合いそうな人は書評サイトを見ません。 」などとどうして言い切れるのかも謎です。 いうまでもなく、書評サイトを閲覧するのはサイトユーザーだけではありません。 本が好き!のレビューはよくTwitterでも話題になっていますから、興味を持って見に来る方もおられるでしょうし、エゴサしている著者や編集者も多いことと思います。 そして一番の疑問は…爪の手入れをしながら本の話をするのって全然ありなのでは? 2020-06-13 16:13 正直なところ、この1週間、ものすごく悩みました。 この本を読んでもみましたし、嫌なものはスルーすればいいのだと、自分で自分に何度も言い聞かせてもみましたが、たけぞうさんが「苦手な本もさばけるよう修行中」でおられるということと、多くのレビュアーさんがこのレビューに「読んで楽しい」と投稿されておられるのを拝見して、今後のことを考えて、どうしても黙っていられませんでした。 「合わなかった本をどう評するか」 今一度、あれこれと考えてみていただけたら幸いです。 炎上を目的としているわけではありませんが、私のコメントに不快な思いをされる方もおられることでしょう。 暫く経ったら、上記のコメントとともに、このコメントも削除させていただきますので、「またあのうるさい、かもめ通信だよ!」ということで、どうかご容赦ください。 2020-06-14 19:00 >かもめ通信さん いつも真摯なコメントありがとうございます。 今週末はネットを使えない環境にいて返事が遅くなりすみません。 今回のご意見の一番の趣旨である、「合わなかった本をどう評するか」、今一度、あれこれと考えてみてとのこと、了解です。 言わずもがなですが、読者を見下すような意図は私には全くないのです。 でも、そう感じてしまった人がいるということが問題なんですよね。 たまたまそれがかもめ通信さんだから、こうして連絡してもらえたので感謝です。 だってとてもコメントしずらいと思いますもん。 しかも一週間も悩まれたとのこと。 これまでのやり取りを考えても、もっと気軽にご連絡もらって全然問題なかったのにと思いましたが、それこそがずれなんですよね。 それくらい言いにくい重さを感じられたのでしょうから。 同じように思う人がいるかもなので、どうぞコメントは消さずに。 自分も反省がてら書評をこのまま残し、次につなげたいのです。 2020-06-14 19:18 (続き) 言い訳を少しだけ書きます。 合わなかったとはいえ、作品の特徴を伝えるべきと思っています。 でも今回は、いろいろ考えてもかなりけなしそうだったので、内容紹介を最小限にとどめ、どんな人にお薦めかを茶化しながら書いてみました。 だって、まともに書くことで、本来薦めたい読者が離れたら、それはそれで意図しないことですから。 合わなかった内容を分かる程度に薄めに書こうとしたのですが、薄すぎたのもいけなかったのかなと。 さらにその茶化しかたで気分を害されたんですよね。 実は、次の書評から少し改良しようと取り組んでいます。 文末に【こんな人にお薦め】みたいにして、軽くまとめる案を考えてみました。 そうすれば今回みたいに本文でぐだぐだ書く必要もなくなりますし。 まだまだ修行中ですが、合わない本の書評を面白いと言って頂ける人もいるので、ハードルは高いですがいろいろ考えていきたいと思います。 まずは今回のコメントの御礼まで。

次の

たけ

たけ も ね 小説

『 裸の王様』はにが発表した短編小説である。 第38回下半期受賞作。 急速に組織化されつつあった戦後社会における個人の重みを問われている。 満たされない家庭生活と学校生活で萎縮してしまった少年太郎の気持ちを解き放つべく、<僕>は努力する。 あらすじ [ ] 大田太郎は山口の紹介で<僕>の画塾へ来ることになった。 ある日、山口が自分の担任クラスの生徒である太郎の絵画教育を<僕>に頼みました。 <僕>は実際に太郎に絵を描かせてみたが、どの絵を見ても人間がいなく、努力を途中で放棄した類型の繰り返しの絵しか描けていなかったのでした。 ある日、生徒の一人が小川でかいぼりをして、エビガニを釣ったことを話しているのを聞いて、太郎は田舎にいる時、スルメでエビガニを釣ったことを話した。 <僕>はそれを聞いて翌日、太郎と電車に乗り、川原に小魚を取りに行った。 太郎は<僕>の期待通り懸命に小魚を取ろうと藻と泥にまみれ、<僕>に芯の強さを感じさせた。 ある日<僕>は、新聞の小話からヒントを得て、即興でデンマークの文部省内児童美術協会宛てにアンデルセンの童話の挿絵を交換しようではないかと言う内容の手紙を出した。 すると、ヘルガ・リーベフラウと言う人物から返事が返って来た。 それから一週間程して、大田社長から電話があった。 大田氏は<僕>の絵の交換の話を知っており、<僕>の案を全国的な運動に拡大したいと提案した。 ある月曜日の夜、突然車に乗って太郎は<僕>の家に遊びに来た。 太郎と談笑する中、<僕>は太郎が新しく書いた五枚の作品を見て哄笑した。 そこには、フンドシをつけたチョンマゲの男が松の堀端を闊歩していた。 それは<僕>が前に生徒に話した、骨格だけの「裸の王様」を絵にしたものだった。 それを見て僕は太郎に創造力がついたことを見出して安心した。 暫くして、<僕>が児童画コンクールの審査会に行くと、すっかり失望してしまった。 そこには絵本にあるような類型的な絵ばかりが選ばれていた。 <僕>は、ここにあるのは描かされた絵ばかりで、子供の現実が出ていないと不服を述べて、名は明かさずに太郎の絵を審査員達に見せると、審査員は集まって口々に太郎の絵を非難し出した。 審査員達の態度に反感を抱きながらも、<僕>はこの絵が応募作では無く、大田氏の息子である太郎が描いたことを明かした。 すると途端に審査員達は沈黙して互いの顔を見合わせ、一人一人と壇を下りて大田氏に目礼して去って行った。 <僕>の中の激しい憎悪が笑いの衝動に代わり、窓から流れ込む日光の中で、再び腹を抱えて哄笑した。 テレビドラマ [ ] 本作を発表した1958年の・の2回に渡って、の『』で放送された。 出演:、、、、、、、 前番組 番組名 次番組.

次の