クリーム ランキング。 エイジングケアクリームのおすすめランキング15選【乳液も紹介!】

【楽天市場】フェイスクリーム

クリーム ランキング

管理人おすすめ! 保湿クリーム、顔用と体用では違う? 保湿クリームが欲しいと思ったときにどんなクリームを選びますか? 顔に使う顔用のものと体や手などに使うボディ用の保湿クリームではやっぱり使ってみると違います。 もちろん顔にも体にも両方に使えるタイプの保湿クリームもあります。 そういった商品でもいいものももちろんあるのですが、どちらかというと保湿のみに特化したタイプです。 そういった保湿クリーム、体にはいいかもしれませんが、 40代50代の大人女性の顔に使うのにはちょっと勿体ないかな・・と思います。 もっと多機能な顔用の保湿クリームがあるからです。 40代50代の大人世代の女性にとって 乾燥は大敵です。 ただ、だからといって 保湿だけのケアでOKという訳ではありません。 きっとプラスアルファの機能があったらうれしいと感じる人の方が多いのではないでしょうか? 例えば・・ほうれい線、目尻のシワ、目の下のたるみや目の落ちくぼみ。 くすみやハリのなさ、フェイスラインのゆるみ、顔全体のたるみなど。 年齢を重ねてくるとどうしても色々な肌の悩みが出てきてしまいます。 保湿だけでどうにかできるものではないのですが、乾燥は大敵。 乾燥からくるシワなどは肌の乾燥が酷いとより酷くなりますし、くすみやハリのなさ、透明感のなさなども肌の乾燥が影響している部分も大きいです。 現にしっかりと保湿を行って水分力が上がると透明感が出て若々しい印象の肌になります。 逆に 若い人でも乾燥肌や敏感肌で肌が乾燥したり 肌トラブルを抱えやすいとその分老けて見えるということも本当にあるとされています。 そう考えると、ただ肌が乾燥するから保湿、保湿力が高い保湿クリームを使うというよりも 保湿力だけでなくその先にある肌の悩みのことも考えた化粧品、クリームの方が効率的な場合も多いですよ。 そういった保湿クリーム、化粧品を紹介していければと思っています。 実際「クリーム」を探すとなると意外に見つからなかったりするので・・当サイトではちょっとマニアックですが、 大人世代の女性、特に40代50代女性におすすめの、保湿重視だけどプラスアルファで悩みにアプローチするように考えられた、 顔に使える保湿クリーム、その中で口コミなどで評価が高く実際管理人も使ってみておすすめのクリームを紹介してく予定です。 40代50代におすすめの保湿クリームの選び方は? 保湿クリームと言っても色々あると言いました。 一般的に保湿クリームというと乾燥肌や敏感肌のためのクリームという印象が強いのではないでしょうか。 手荒れ対策のハンドクリームやカサカサ肌対策の保湿ボディクリーム、ガサガサの足の踵用の足用保湿クリームなど。 顔用の保湿クリームだけでも実は結構沢山あります 「保湿」という部分だけを重視すると・・ 例えば体に使えるクリームを顔にも使うなどの方法もあり、使い方や選び方は様々です。 保湿だけを重視するなら顔にも使える体用の保湿クリームでのケアもいいと思います。 また、子供や10代20代の若い世代なら正直どういったタイプのクリームでも大丈夫かとも思います。 ただ、 40代50代の色々な肌の悩みも出てくる世代には単に保湿するだけのクリームではなく 肌の悩みにアプローチできるような保湿クリームを選ぶのもいいのではと思います。 40代50代の肌悩みにアプローチする保湿クリーム 40代50代の大人女性の肌の悩みはというと・・人それぞれな部分はあると思いますが、• ハリのなさ• フェイスラインのゆるみ• たるみ• ほうれい線• くすみ などが多いのではないでしょうか。 保湿クリームというよりはエイジングケア用のクリームが得意なのですが、 肌の乾燥が悩みの一因ということもあり保湿クリームでもそういった肌の悩みが得意なケースもあります。 個人的には使うのなら単純に 保湿するだけでなくプラスアルファの機能のある保湿クリームの方が効率的かなと思います。 肌の悩みも色々あり、全てを補うようなクリームはありませんが、例えば乾燥小じわが得意、フェイスラインのたるみが得意、シミやくすみが得意などあります。 何かの専門に特化した訳ではなく複数の悩みに対応していることも多いです。 毎日のケアにそういったクリームを上手に取り入れることで簡単にケアもできますよ^^ 大人の肌には乾燥が大敵 20代後半から30代、40代、50代と年齢が上がるにつれ肌の状態も変わってきます。 一番感じるのが乾燥と言われます。 それまで肌の乾燥とは無縁!というような人であっても年齢が上がってきたら急に乾燥してきた!ということも多々あります。 また、 自分では気づいていないのだけど実は乾燥している・・というケースも増えてます。 そして恐ろしいのが乾燥などの影響が肌にすぐに、モロに出てしまうこと。 若いときは少し乾燥してるかな?位で特に見た目には影響がなかったのに 年が上がるにつれ、乾燥を感じて鏡を見るとほうれい線やシワががっつり浮き出てきたり、化粧が浮いて崩れてきたり。 メイクが崩れるからシミやくすみ、毛穴もカバーしきれなくなったり。 思いがけず結構酷いことになること・・ありませんか? ちょこっと保湿するくらいだと肌の乾燥した感じはなくなっても、顔を見ると全然回復していなかったり。 色々と問題も出てきてしまうのが大人の肌の乾燥の怖いところ。 でも逆に考えればきちんと乾燥ケアが出来ていればそういった悩みから解放されるというようにも考えられます。 保湿ケア・水分ケアがしっかりできると肌の弾力にもいいですし透明感も出ます。 メイクの崩れも少なくなりますし肌荒れなどのトラブルも減ります。 そう考えると毎日のスキンケア、保湿ケアは大切。 水分だけでなく油分も減りがちな大人女性の肌には保湿クリームでのケアが効果的なんですね。 保湿クリームではないのですが向けなどその年代におすすめのものなどはより納得できることも多いです。 また、夜専用のなんかも簡単ケアで濃厚ケア?ができるのでおすすめ。 保湿力が高いものも多いのでそういうのを取り入れるのもいいと思います。 40代50代の大人世代になると乾燥だけでなくシミやくすみが気になることも。 はっきりわかりやすいシミにはシミにいいとされる成分などが入ったなどを併用するといいです。 ただ、軽いくすみやシミなどは、しっかり肌を保湿することで透明感が出て目立たなくなったり 肌のターンオーバーが正常化することで整っていくということも多く、結果としてシミなどが気にならなくなるということも多いです。 乾燥肌という自覚があってもなくてもしっかりとした保湿が大切になりますよ^^ 大人女性には濃厚なクリームがいい? 年齢が少しずつ上がってくると、濃厚なクリームが効く!というイメージ、なんだかありませんか? 実際私もそういうイメージを持っていて、年齢肌が気になったら濃厚クリーム!と思っていました。 確かにある程度の年齢になると 濃厚クリーム、効きますね! 若いときには全然感じなかった効果をある程度の年になると感じるようになりました。 濃厚なクリームもとてもいいのですが、水分が多めの軽いジェルクリームなども肌質によってはおすすめです。 オールインワンジェルなどのジェルタイプのクリームは濃厚なクリームと比べて水分が多いです。 美肌のキモは水分と油分のバランス。 乾燥に偏れば肌荒れ、油分に偏ればニキビなど若いときからこれは変わりません。 肌質や肌の状態によっては油分よりも水分を多く補った方がいいケースが大人女性でもあります。 確かに油分多めの濃厚クリームは脂溶性の成分も配合できるので水溶性の成分が多い化粧品の多くとはちょっと違って、 じっくり時間をかけて効果が出る可能性もあります。 ただ、近年は化粧品の技術も素晴らしく水溶性成分でもしっかり届く成分も増えてきていますし そういったことをちゃんと考えて設計している化粧品も増えています。 例えばオールインワンジェルと濃厚クリームを併用するなど使い方の工夫次第で色々にアレンジもできますので 濃厚にこだわらずに肌質や肌の状態に合わせて色々なクリームを試してみるといいと思います^^ また、ファンデーションを保湿力の高い保湿ファンデーションにするのもいいですよ。 保湿クリームはもちろん保湿美容液やなど他のアイテムも保湿のものに切り替えていくと肌の乾燥対策にいい感じです。 肌の乾燥が気になる方は是非トライしてみて下さいね。 話がちょっとそれてしまいましたが、、それでは40代50代の大人女性向けの保湿クリームを紹介していきたいと思います。 ライスパワーのおかげでしょうか、かなり保湿力が高く潤います。 柔らかめのクリームで浸透が非常にいいです。 そういうクリームは正直うるおいの持続が弱いですが 米肌のクリームはちゃんとうるおい続けます。 保湿クリームで保湿しているのにべたつくだけで全然保湿できてない、とか 保湿クリームを使わないと悪い状態の肌が結局ずっと続く、という人におすすめ。 クリームで表面にうるおいの膜ができる感じの仕上がりのため、 外の影響から肌を守ってくれる機能もあります。 トライアルセットがあるので手軽に試せるのも魅力の一つ。 クリームもですが化粧水も美容液も保湿力かなり高めです。 優しい使い心地で保湿力しっかり、な米肌の肌潤クリーム、おすすめです。 メディプラスゲル オールインワンゲルの保湿クリームならメディプラスゲル、おすすめです! 仕事に家庭に忙しくスキンケアまで手が回らない・・という30代、40代、50代女性に対して作られているだけあります。 簡単ケアでしっかり保湿ができます。 オールインワンゲル化粧品は色々ありますが、メディプラスゲルはシンプルな使い心地。 水分が多く保湿力が高く、うるおいが持続します。 簡単ケアがウリのオールインワン化粧品、正直べたつくだけでうるおい感とか微妙なことも多いですが メディプラスゲルは「ちゃんと肌が潤う!」という実感があるのがすごくいいです。 肌の乾燥が酷い時や肌荒れ時にも使えて非常に助かっている化粧品でもあります。 ゲルなのでクリームと比べると油分は少ないです。 油分が欲しいという人にはおすすめしませんが、水分もしっかり補って保湿したいという人にはとてもおすすめです。 トライアルセットではなく現品になりますが公式だと初回限定の割安価格で買えます。 ディセンシア アヤナス ハリアップクリーム 敏感肌ブランド、ディセンシアのエイジングケア化粧品ライン、アヤナスのクリームです。 名前から分かりますが 「ハリアップ」を目指したクリームです。 プラスアルファの機能としてハリアップな エイジングケア機能も目指せるという一石二鳥、一石三鳥なクリームです。 ディセンシアは敏感肌ブランド。 特許技術のヴァイタサイクルヴェールが外部刺激から肌を守ります。 更に肌の方へは、うるおいと美肌成分を密封します。 年齢を重ねるとどうしても肌が乾燥しがちで、そうなると肌もデリケートになりがち。 そういう肌にはアヤナス、すごくいいです。 しかも単なる保湿クリームではなく内側からのハリも大切にしています。 ストレス肌のケアのことも考えているので、仕事に家庭に忙しい現代女性にはぴったりです。 雑誌などでも多く紹介されている人気ブランドです。 保湿+ハリ(エイジングケア)が気になる人にはイチオシですよ^^ こちらもトライアルがあるので手軽な価格で試すことができます。 化粧水や美容液もかなりいいので是非セットで使ってみて下さい。 ロべクチンクリーム 高保湿・低刺激のクリームならロべクチンクリーム! とにかく保湿! 他の機能はいいからしっかり保湿したい!という人にはロべクチンです。 肌荒れ、手荒れなどにも使えるクリームですが、顔にも使用できます。 敏感肌の人も使える低刺激なクリームなので非常にシンプル。 香りなどもないクリームですがその使い心地は抜群です。 こういったクリームだとすごくべたつくということも多いですよね。 でもロべクチンクリームは比較的べたつかずに使えます。 ちょっとジェルっぽい質感なのがいいのかもしれません。 私も酷い乾燥や肌荒れの時はロべクチンクリーム使います。 肌をしっかり保護してくれる感じがあって安心できます。 酷い手荒れの時も愛用しています^^ 顔にはもちろん、手荒れや足などの乾燥にもしっかり使えます。 お試し用のトライアルサイズは現在はありませんが、 初回限定の特別価格で購入できるので公式サイトからの購入、お得です。 ディフストーリー ラビジュークリーム あの 叶恭子さんご愛用の化粧品という噂?のディフストーリー。 ブログでも紹介されたことのあるディフストーリーのクリームです。 さすが、濃厚なクリームです!! 外の容器もとても豪華!!使うたびになんだかセレブな気分を味わえます笑 叶恭子さん愛用とか見た目のゴージャスさに目が行ってしまいますが、 実はかなりいいクリーム。 ただ濃いだけでなく保湿力もちゃんとありますしエイジングケアもしっかり。 濃厚なクリームですが変なべたつきはなく。 夜に使えば時間をかけて徐々に浸透していき、翌朝ふっくら、という感じで使い心地はとても気に入っています。 お値段がちょっと高めなこととトライアルがないのがネックではありますが、 いいクリームだと思うので気になる人は是非。 まとめ ここでは40代50代の大人世代向け、顔用の保湿クリームについてまとめてきました。 保湿だけでなく様々な機能のあるクリームが大人女性にはおすすめです。 とは言えなんでもいい訳ではなく、使い心地や保湿力、使い続けられる価格であるか、面倒はないかなども大切。 総合的に見て、管理人が使って良かったクリームを中心に紹介しています。 保湿クリームを探しているあなたの参考に少しでもなれば幸いです。 保湿クリーム ランキング 顔 保湿クリーム ランキング 顔 保湿クリーム ランキング 顔 保湿クリーム ランキング 顔 保湿クリーム ランキング 顔 保湿クリーム ランキング 顔 保湿クリーム ランキング 顔 保湿クリーム ランキング 顔 保湿クリーム ランキング 顔 保湿クリーム ランキング 顔.

次の

【徹底比較】フェイスクリームのおすすめ人気ランキング28選【保湿・美白・エイジングケアにも】

クリーム ランキング

シミ取りクリームを探していて、気になるのはやっぱり 口コミ。 「 実際使ってどうだったの?」 これが一番知りたいですし、効果があってシミが取れたのなら自分でも使ってみようと思いますよね。 ただ、「 効果があった」といっても、 たまたま、その方のシミと、商品のシミ取り対策がマッチしたからということもあります。 人によって効果が違うこともありますし、 口コミだけで判断するのは、実は危険なことなんですね。 結局は自分で試してみないと 本当に自分にあったものはわからないのですが、 それでも多くの人に人気のある物は、自分にも効果的である可能性が高いのも事実。 シミ取りとターンオーバー ターンオーバーとは肌の新陳代謝のこと。 肌の生まれ変わりのことをいいます。 皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、 さらに表皮は一番内側から「 基底層(きていそう)」「 有棘層(ゆうきょくそう)」「 顆粒層(かりゅうそう)」「 角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。 基底層で生まれた細胞は形を変え表面の層に押し上げられる形になり、 最終的にアカとなって自然に剥がれ落ちていきます。 ターンオーバーの周期は 肌の部位によってターンオーバーの速度も変わってきます。 顔の皮膚の場合だとおよそ28日程度の周期なります。 また、年齢によっても変わってきて、 30代から40代になると45日程度かかるといわれています。 「ちょっとした傷の治りが悪くなった」と感じるのも、 肌の新陳代謝であるターンオーバーの周期の変化が関係しています。 シミ取りの口コミでいうと、 このターンオーバーを理解しているかどうかで、 口コミの内容も変わってきます。 「 数日試してみたけど効果がなかった」 こんな口コミですと、 シミが新陳代謝で外に排出される仕組みも理解していないですし、 まったく 参考にならない口コミです。 口コミで評判なシミ取りクリームランキング 人気口コミサイトでもよくきく ハイドロキノンという成分、 ランニング上位の化粧品に含まれていることが多い成分です。 ハイドロキノンはどんな成分? 古くから日本では医院・クリニックなどの皮膚科で「 シミ・ソバカス」等の治療薬として採用されていますが、 市販の化粧品での使用は意外に最近のこと。 ハイドロキノンとは、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、 メラニン色素をつくる細胞 メラノサイト そのものを減少させる成分なのです。 市販の化粧品での使用が認められた現在では、 シミ対策としてハイドロキノンが使われ、人気のシミ消しクリームの定番成分となっています。 ハイドロキノンは「 肌の漂白剤」と呼ばれていて、 美白成分として有名なビタミンCやプラセンタなどの10〜100倍の美白効果があると言われています。 ハイドロキノンが人気の理由? ハイドロキノンが人気の理由は、やはりその 効果と即効性です。 もともと皮膚科で使われる成分であるため、 シミ取りにおいてはお墨付きの成分です。 シミ取りに効果的でありながら、 その効果が発揮されるまでの時間も2週間から2カ月程度という即効性。 早く効くという特徴が人気の理由です。 ハイドロキノンの副作用 薬事法の規制緩和で市販の化粧品で利用できるようになったハイドロキノンですが、 規制されていただけあって、その利用方法には十分注意する必要があります。 病院のように、薬の使い方を説明されるわけでもないので、 しっかりと使い方を知っておく必要があります。 医師の処方箋が必要だったものなので、化粧品についている 説明書などはきちんと読むようにしましょう。 ハイドロキノンの濃度 一般的に販売されているハイドロキノンクリームは1%から5%くらいまのでの濃度があり、それぞれ特徴があります。 ハイドロキノンが 1%から3%の濃度では、多くの場合刺激が少ない代わりに 効果や即効性が低くなります。 ハイドロキノンが 4%から5%の濃度の場合は、逆に、 肌にピリピリとした刺激を感じる場合があるので注意してください。 高濃度のほうが早く効く場合もありますが、あくまでも肌に合うかが大事なので、 からなず事前に パッチテストをおこなうようにしましょう。 ハイドロキノンの副作用 ハイドロキノンは非常に強い成分であるため、人によっては肌に合わないこともあります。 炎症や赤みを起こすこともあるため、事前のパッチテストは必須になります。 また、長期間の使用は控えるようにしましょう。 皮膚科での処方においても2,3カ月で様子を見るようになっています。 紫外線に注意する ハイドロキノンを使用しているときは、紫外線を浴びないように注意してください。 ハイドロキノンによって紫外線に無防備になりますので、 クリームの使用は夜の就寝時に利用するのが効果的です。 知っておきたい肌の仕組み 肌細胞が生まれるプロセスとは? 私たちが普段お手入れのターゲットとしている肌は、 表皮といわれるおよそ0. 2ミリの部分です。 このわずか 0. 2ミリに力を注いでいるのですから、儚いものを感じますね…。 表皮のうち、一番下の基底膜という部分が、表皮細胞を生み出す大切な部分で、毛細血管から栄養分や、酸素を得ています。 この膜(層)は、土台となる真皮を守る役割もあるので、1層ですがとても丈夫にできています。 この 基底膜では次々に細胞が生まれるため、下からどんどん押し上げられ、生まれた肌細胞はどんどん変化していきます。 基底膜の上に、5から10くらいの層をなしている 分厚い部分が有棘層(ゆうきょくそう)。 ここで細胞はふっくら育ちます。 この有棘層が更に上に押し上げられると、 やや平たい顆粒層(かりゅうそう)となります。 文字通り、透き通った粒が中にはいった細胞なのですが、これには紫外線を反射する力があり、肌に透明感も与えてくれます。 この顆粒層がさらに押し上げられて、死んで平たく形を変えたのが 角質細胞です。 外側の刺激から肌を守る役割を果たしています。 潤いを作る保湿のメカニズムとは? 基底膜で生まれた肌細胞は、トゲトゲとした形でお互いがつながっている多角形なので、 有棘細胞(ゆうきょくさいぼう)と呼ばれています。 メラニンを作るメラノサイトもこの層にあり、細胞にメラニンを渡します。 つまり、この層で細胞が 紫外線から体を守る機能を身につけるわけです。 シミと関係の深いメラニンとメラノサイトは要チェックですね。 また、この層に異物から体を守るランゲルハンス細胞もあり、体のバリアとしてとても重要な役割を果たしています。 トゲトゲしてつながり合っている有棘細胞はだんだん平らになり、顆粒細胞(かりゅうさいぼう)へと変化します。 この時期に作られ、細胞内部に蓄えられる物質こそが、肌の保湿因子のモトとなります。 たとえばプロフィラグリンは角化が進むとフィラグリンに分解されます。 これが細胞のケラチンを角化させるため、丈夫なレンガ状の角質細胞へと変化します。 その後もアミノ酸に分解されてNMF(天然保湿因子)となるなど、形を変えて何度も活用されています。 顆粒細胞が死に薄い板状に積み重なっているのが、一番表面の角質細胞です。 死ぬ時に顆粒細胞が内側から放ち、細胞と細胞の間を埋めているのが細胞間脂質です。 セラミド(この成分はよく耳にしますね)などに代表される、潤いを抱える油分です。 細胞をレンガにたとえるなら、レンガどうしをくっつけている漆喰(しっくい)に当たる部分です。 また、細胞の内側にも、アミノ酸を主成分としたNMF(天然保湿因子)があり、これも水分を抱え込んでいます。 「 肌の水分は皮脂膜がキープする」とよくいわれますが、これは正解でもあり、間違いでもあります。 皮脂とは関係なく、角質細胞そのものに潤い保持機能があります。 皮脂とは違う、肌そのものの潤いになります。 ただし、できて時間が経った細胞では細胞がカサカサになり、細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が失われやすくなります。 これがひどく溜まると、肌のめくれや粉ふき状態につながります。 剥がれるから生まれるとは? 肌細胞が生まれて育つプロセスや、うるおいを作り出すしくみが見えてきました。 「 肌のバリアは皮脂膜」と思われがちですがそうではなく、細胞そのものが生み出す保湿成分が重要な事だとわかります。 そして、皮脂膜よりも細胞自らが作り出す潤いを重視するからこそ、「 常に表面にフレッシュな細胞が出るように」というスキンケアにつながります。 肌の細胞は「 新たなものが生まれるから表面から剥がれていく」のか、それとも「 剥がれるから、新たなものが作られる」のか? これまで「新しい細胞が生まれるのが先」とみなされることが多かったのですが、最近の研究により「 剥がれるから生まれる」という考え方にシフトしてきました。 一定の厚みをキープしようという働きが肌にはあります。 そのため、表面の角質層が1層失われることによって、「 新たな層を作ろう」というスイッチが入ります。 ところが、角質細胞の剥離を促す酵素が年齢を重ねるにつれて減ってきます。 また、肌表面に油分たっぷりの化粧水を塗ったりすることで、角質細胞が剥がれにくくなります。 角質細胞どうしをつなげている細胞間脂質も油の一種です。 この油に似せて作られている化粧品が、剥離を食い止める方向に働くのももっともなことです。 さらに、物理的な刺激が加わると、防衛機能が働いて肌は分厚くなります(アトピーなどがあって掻いてしまうなど)。 分厚くなってしまう原因がさまざまで、いたるところにあるのが角質細胞。 これらを上手に取り除くことこそが、肌本来の働きを高めることになっていきます。 ほおのシミが気になって肝斑の薬を探してませんか? 「 シミ=肝斑」と思う人が多いようですが、 女性が気にするシミの多くはいわゆる日焼けでできたシミである老人性色素斑です。 シミが気になり始めると、まずは 美白化粧品でケアすることを思いつきますが 美白化粧品の多くは、皮膚の中でメラニン色素が作られるのを防ぐことを目的としています。 つまり、今あるシミを消すわけではなく、これからできる シミの予防が主な目的なのです。 代表的な美白成分 市販の美白化粧品でよくつかわれている美白成分をまとめました。 美白化粧品を買うときは、美白成分を参考にしましょう。 成分でうまく見つけられない場合は、「 医薬部外品」の表示があるものを選ぶのがおすすめです。 医薬部外品とは、薬と化粧品の中間のような位置づけにあるもののこと。 厚生労働省が効能を認めた美白成分が含まれている化粧品は「 医薬部外品」として扱われ、「 日やけによるシミ・そばかすを防ぐ」と、効能も表示することができます。 ただし、医薬部外品のほうが、そうでない化粧品とくらべて必ずしも効果が高いというものではありません。 また、人によって合う・合わないがあるので、 自分の肌で試して選ぶのも忘れずに。 紫外線を浴びたことを知らせない! メラノサイトに働きかけるエンドセリンの働きを阻害します。 成分名…カモミラET、t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)、トラネキサム酸 メラニン色素をつくらせない! チロシナーゼの働きをじゃましたり、量を減らしたりして、メラニン色素がつくられるのを防ぎます。 成分名…エラグ酸、アルブチン、ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、リノール酸、トラネキサム酸、油溶性甘草エキス(グラブリジン)、ハイドロキノン、マグノリグナン メラニン色素の排泄を助ける! ターンオーバーを活発にして、メラニン色素の排泄を促します。 一般的に、 クリームは 油分成分が多めに配合されていて、 ジェルは 保湿成分などの水溶性成分の割合が多くなっています。 そのため、 使用感は、クリームはしっとり、ジェルはさっぱりしていることが多いのです。 また、オールインワンジェルやオールインワンゲルなど、オールインワンタイプの化粧品はジェル状になっているものが多いです。 シミ取り化粧品の場合ですと、 クリームタイプが多くなります。 ジェルタイプの方はさっぱりした使い心地で、毛穴の奥に成分が浸透しやすいなどのメリットもありますが、 クリームタイプは美白成分の他に保湿クリームを配合しているものが多く、美白ケアしながら保湿ケアも同時進行で行えます。 また、顔全体に塗るタイプやピンポイントケア用のタイプもあるので、選ぶときには注意しましょう。 レシピでシミ肌を改善する シミやソバカスは、紫外線などの刺激で発生した活性酸素から細胞を守ろうと、大量につくられたメラニンが、 皮膚の新陳代謝の低下から排出されないまま残ったものです。 シミ肌を改善するには、活性酸素を発生させる紫外線を避けるとともに、メラニンの生成を抑え、 皮膚の新陳代謝を促す栄養素を賢く摂ることが大切です。 抗酸化ビタミンのCは美白作用やコラーゲン生成もする! ビタミンCは血液中にあって、体内に発生する活性酸素を真っ先に消去する 抗酸化作用を持っています。 また、メラニンを作り出すメラノサイト内のチロシナーゼという酵素の働きを阻害して、メラニンの生成を抑えるほか、できてしまったメラニンの色を薄くする美白作用もあります。 さらに、ビタミンCにはコラーゲンの生成を助け、 皮膚の健康を保つ役割もあります。 まさにきれいな肌を目指す人には不可欠な栄養素ですね。 抗酸化作用をもつビタミンEは血行促進効果もある! ビタミンCが消去しきれなかった活性酸素を、メラノサイトの細胞膜の表面で待ち受けて攻撃するのが ビタミンEです。 さらに、活性酸素を消去して酸化したビタミンEは、ビタミンCによって再生され、ビタミンEはもう一度、抗酸化作用を発揮することができます。 ですから、ビタミンEとビタミンCは一緒にとるほうが得策。 ビタミンEは血行をよくし、 皮膚の新陳代謝を高める働きもします。 ビタミンCの働き ・ メラニンの生成を抑える! ・ メラニンを還元して色を薄くする! ・ 血液中の活性酸素を消去する! ・ 酸化したビタミンEを再生する! ・ コラーゲンの合成を助け皮膚の健康を保つ! ビタミンEの働き ・ メラノサイトの細胞膜の表面で活性酸素を除去する! ・ ビタミンCの助けを借りて、くり返し抗酸化作用を発揮する! ・ 血行を良くして、皮膚の新陳代謝を促し、メラニンの排出を早める! おすすめの食材 一番のおすすめは、 ビタミンCとビタミンEがともに 豊富な緑黄色野菜です。 特に赤ピーマン、ブロッコリ、モロヘイヤ、ほうれん草、かぶの葉は、 ビタミンC、ビタミンEの栄養素密度が高い最強のシミ予防食材です。 紫外線によって発生する活性酸素の消去能力が高いカロテン類も豊富です。 赤ピーマンは緑ピーマンに比べてビタミンCが2倍、ビタミンEは5倍もあります。 アーモンドやかぼちゃ明太子にもビタミンEが豊富に含まれています。 菜の花にもビタミンC、ビタミンE、カロテンが豊富に含まれています。 アーモンド油には劣りますが、コーン油も比較的ビタミンEが多い油です。 マヨネーズはビタミンEが豊富ですが、高カロリーなので注意しましょう。 これらの食材を上手に使ったレシピで、 毎日の食事でもシミ対策していきましょう。 シミ対策!美白化粧品の選び方 美白成分を確認する シミ対策の美白化粧品の正しい 選び方は、まず第一に 美白有効成分が入っているかどうかに注目しましょう。 美白成分といっても様々なものがあげられますが、現在日本で有効成分として認可されているものは20種類ほどとなっています。 その中で 美白化粧品にもちいられているものはアルブミンやビタミンC誘導体、トラネキサム酸などがあげられます。 また現在では認可されている大注目の 美白成分にハイドロキノンが挙げられます。 漂白作用が高いことから皮膚科や美容クリニックなどではハイドロキノンクリームとしてシミ治療にも処方されています。 近年ではハイドロキノン入りの化粧品も購入できるようになりました。 一般的な美白成分よりも何十倍も効果があると期待されていますが、場合によっては 副作用が出る可能性もあるので取り扱いや使用には十分な注意が必要です。 保湿成分も重要 次に 肌を潤す保湿成分がしっかりとはいっているかということです。 私たちの肌は紫外線から肌を守るためのバリア機能が備わっていますが、水分が不足し肌が乾燥状態になるとそのバリア機能が低下してしまいます。 肌が乾燥すると抵抗力が落ち、その結果 紫外線などによってシミができやすい状態になります。 シミ対策をするのであれば肌の保湿は必ず必要となります。 美白効果を高める保湿成分は セラミド、ヒアルロン酸などがあげられます。 低刺激なものがおすすめ 最後に敏感肌の人は特に肌に優しい 低刺激処方になっているかということも確認しましょう。 どんなにシミにきく化粧品だとしても、肌に刺激を与えては意味がありません。 近年では敏感肌で悩む女性が急増していることから、成分にこだわった 低刺激の美白化粧品も数多く販売されています。 低刺激かどうかを見分けるポイントは、ハイドロキノンを配合していないことが挙げられます。 肌が弱い人には刺激が強すぎるので、敏感肌の人は有効成分に ビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶと安心です。 敏感肌専門ブランドでつくられているものを選べば、低刺激な成分にこだわった化粧品づくりがなされているので、肌トラブルのリスクが少ないと言えるでしょう。 シミに効果的な美白成分とは? シミのケアを自宅で行う場合、まずは 効果的な美白成分を知らなければなりません。 美白成分の持つ作用は大きく二つに分けることができ、肌中でシミやくすみの元になるメラニンを作らせないようにする働きと、既にできてしまっている シミ等を薄くするメラニン還元の働きとがあります。 メラニンの生成抑制とメラノサイトの阻害がかなめ メラニンの生成を抑える働きを詳細に見ていくと、生成に関わっている酵素のチロシナーゼの働きを抑え込むタイプとメラノサイトに指令を出す情報伝達物質の働きを阻害するタイプに分けられます。 ケアを行う際には、きちんとした効能が得られるように 厚生労働省が認可している成分が含まれているものを選ぶと 効果的です。 メラニンの生成抑制に効く成分のうち、チロシナーゼの活性化を阻害するのはビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、プラセンタエキス等です。 情報伝達物質の働きを阻害するのは カモミラETやトラネキサム酸、t-AMCHAです。 メラニンの還元作用があるのは ビタミンC誘導体ですが、この成分はメラニンの生成も抑えるのでどちらの効果も得られるタイプということになります。 同じように両方の作用を持つ成分としてハイドロキノンが有名ですが、ハイドロキノンは刺激が強いので 敏感肌やインナードライの人には向きません。 一般的な化粧品に含まれている濃度なら問題が無いケースも多いのですが、普段から肌トラブルが起こりやすい人にはリスクが高くなります。 一つの成分で対策を行う場合には ビタミンC誘導体を取り入れるのが現実的です。 シミの改善と予防を一度に行えますので、非常に効率の良いケアを実践できます。 どちらか一方の効果しか得られない成分を取り入れる場合には、もう片方の効果を補うためにダブルで使わなければなりません。 シミの対策においては、 改善と同時に予防を行うことが推奨されています。 一度できてしまったものを薄くするのは大変ですので作らないための対策が必要なのですね。 ハイドロキノンクリームの特徴と使い方 ハイドロキノンの特徴 ハイドロキノンクリームとはハイドロキノンと呼ばれる成分を配合したクリームのことを表します。 ハイドロキノンの 特徴としては、シミになるメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑制したり、メラニンの生成を抑える働きなどがあり、 シミに高い効果が期待されるといわれています。 一言でハイドロキノンクリームといってもその種類は非常に様々で、製品によって配合されるハイドロキノンの濃度が異なります。 市販されているものの多くは 1パーセントから4パーセント程度の濃度のものが多いです。 ハイドロキノンクリームは、既に発生してしまったシミにアプローチするために使用されることが多く見られます。 またシミだけではなく色素沈着やニキビ跡の改善、 シワの軽減などのさまざまなスキンケアに使用されています。 ハイドロキノンクリームの正しい使い方 ハイドロキノンクリームの正しい使い方は、まず最初に使用する前に パッチテストを行いましょう。 パッチテストのやり方としては傷絆創膏にハイドロキノンクリームを塗って、二の腕などの皮膚がやわらかい部分に貼って、24時間そのまま貼っておきます。 24時間後に傷絆創膏をはがしてみて、 赤みや炎症などの肌のトラブルが多くなければ、使用しても大丈夫です。 多くの場合、洗顔後すぐに顔に塗布しがちですが、洗顔の直後には角質層に水分が多く含まれているので、ハイドロキノンの浸透性が高くなってしまいます。 洗顔直後につけてしまうと効果が出過ぎてしまうケースが多いので、 洗顔後20分程度たってからぬるようにしましょう。 また化粧水や乳液などでケアをした後に塗り込むのもおすすめです。 シミが出ていない部分にハイドロキノンクリームをつけてしまうと 白斑ができるなど肌のトラブルを引き起こす可能性があります。 そのためシミだけにピンポイントでぬれるように 市販の綿棒などを使い塗るのがおすすめです。 ハイドロキノンクリームを使う場合には紫外線対策をしっかり行い、使用期限をしっかり守り、同じ部分に長期間塗り続けることのないように気をつけましょう。 トレチノインクリームの特徴と使い方とは? 肌のトラブルを予防したり改善させたりするには、 良質な成分が配合されたクリームを使うことが大切です。 皮膚のマッサージをすることも効果的ですが、ただマッサージをするだけではなく、クリームとマッサージを合わせて行うことが必要になります。 合わせることによって、相乗効果が期待できるわけです。 さまざまなクリームが販売されているので、どのような成分が配合されているのか、特徴は何なのかを十分に確認し、自分の肌に合ったものを見つけましょう。 トレチノインクリームの特徴 皮膚を若返らせる効果が期待できるとして注目を集めているのが、 トレチノインクリームというクリームです。 トレチノインクリームは、一般的なサプリメントのように手軽に購入で切るものではありません。 日本では、 医薬品としての扱いを受けているのです。 そのため、トレチノインクリームが必要なときは、クリニックなどの医療機関で処方してもらう必要があります。 医療機関の処方に基づいて入手するクリームなので、簡単に購入できない煩わしさはある反面、 安心感もあるクリームだといえますね。 トレチノインクリームの 大きな特徴は、紫外線による肌へのダメージを軽減させたり、血流を改善させたりする効果が期待できる点です。 肌トラブルの中でも、 シミ・くすみ・乾燥などの悩みを解消したいときに役立ちます。 トレチノインクリーム1つで、さまざまな悩みに対応することができるので、多くの商品を購入せずに済むメリットがあるのです。 トレチノインクリームの正しい使い方 ただし、使う上で注意しなければならないこともあります。 医薬品の扱いを受けているということは、それだけ 副作用につながるリスクが高いということでもあるのです。 正しい使い方をするように心がけていないと、せっかくの効果が半減してしまいます。 まず、いきなり肌トラブルがある部位に塗るのは禁物です。 目立たない部分に試し塗りをして、何もトラブルが生じないことを必ずチェックしましょう。 また、 最初のうちは薄めに塗り、少しずつ濃くしていくのが基本ですよ。 人気のシミ消しクリームはどんなもの? 加齢に伴い、 シミなどの肌トラブルに悩まされるようになります。 シミができるのは年齢のせいだから仕方ない、と思ってしまう人もいますが、しっかり対処すればシミを消すことも不可能ではないのです。 大切なことは、シミができてしまったことに気づいたら、 できるだけ早く対処を始めるべきだということです。 シミが濃くなってから対処しようとすると、 跡が残りやすくなったり、消えるまでの時間が長くなったりします。 シミをなくしたいときに用いる商品は、なんといっても シミ消しクリームです。 シミ消しクリームという特定の商品があるわけではなく、さまざまなシミ消しクリームがあることに注意しなければなりません。 つまり、全てのシミ消しクリームが自分の肌に合うとは限らないのです。 複数の商品を比較して、 安心して使えるものを見つけなければなりません。 とはいえ、最初からベストなクリームを見つけるのは難しいので、まずは 人気の高い商品を試してみることが大切です。 人気の高いシミ消しクリームとしては、たとえばビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1. 9、シャネルのル・ブラン・クリームTX、アスタリフトのアスタリフトホワイトクリームなどが人気なので紹介します。 QuSomeホワイトクリーム1. 9 美白有効成分として知られる ハイドロキノンが配合されていて、 高い浸透力に定評があるクリームです。 しっかり浸透することで、シミに対して直接的な働きかけをしていきます。 1日1回、夜に使うだけで済むため、 コストパフォーマンスが高いです。 ル・ブラン・クリームTX 配合されているのは、 トラネキサム酸という美白有効成分です。 効果が 12時間持続するところが特徴です。 シミはメラニンが原因となるわけですが、このクリームを塗ることでメラニンの生成が適正に抑えられ、健康的な美しさにつながります。 アスタリフトホワイトクリーム アルブチンという美白有効成分、ツボクサエキスという植物成分が配合されています。 肌を紫外線から守りながら、 シミ・くすみに対処するクリームです。 ローションや美容液と合わせることで、相乗効果も期待できます。 ビーグレンの特徴と成分 いろいろな肌トラブルを解消する効果が期待できる化粧品ブレンドの ビーグレンは、ワンランク上の浸透テクノロジーの実現を可能とした医療レベルの 国際特許を取得した化粧品としても有名です。 その技術には配合成分が 肌への浸透力を高めるといった 特徴があります。 そんなビーグレンですが、ニキビやシミ、敏感肌やアンチエイジングといったそれぞれの肌トラブルに対して原因を追究しており、それゆえに 個別の肌悩みに特化しています。 そのため、しっかり肌トラブルの改善を期待することができますし、アイテムのバリエーションも豊富にそろっています。 トライアルセットがオススメ いきなり商品を購入して使用するのが不安だったり、本当に自分の肌悩みに対して有効的なのかどうかといったことを知りたい際には、 トライアルセットの利用が大変便利です。 トライアルセットは肌悩み別に分類されており、ニキビケアにニキビ跡ケア、目元ケアと毛穴ケア、ホワイトケアやエイジングケア、たるみケアに乾燥ケアといった全8種のラインナップがあり、そのセットによって多少違いが生じていますが、おもに 洗顔料と化粧水、美容液とゲル、クリームといったアイテムが入っています。 しかも、これら全8シリーズはすべて共通の同じ価格設定となっており、その価格もお試し価格なので豊富なアイテムがそろっていながら 2000円以下というお手頃価格となっています。 肌悩みが一つでない場合、複数の種類のトライアルセットを利用することも不可能ではありませんし、そうすることで肌悩みに対してより高い改善効果を期待することもできます。 ピーグレンは公式サイトから通販で購入する方法が一般的です。 気に入ったアイテムを単品で購入することはもちろん、トライアルセットもすべての種類が販売されており、ネット通販なので直接ショップに出向く必要がないので時間や手間もかからず、いつでも 好きな時に手軽かつ簡単に購入することができるところも嬉しいポイントです。 アンプルールの特徴と成分 近年では様々な美白に特化した化粧品が販売されていますが、話題の美白化粧品の二つに アンプルールが挙げられます。 アンプルールの 大きな特徴は現役の皮膚科医が開発した ドクターズコスメであるということです。 独自の新安定型ハイドロキノンを配合していて、 積極的にシミにアプローチすることができるスキンケアです。 肌への刺激も最小限とされているため、肌が弱くなかなか美白ケアに取り組むことができないという人にも使いやすい 美白化粧品です。 期待できる効果としては、なかなか消えない シミを薄くさせる、くすみを軽減させ 透明感のある肌に導く、 乾燥しがちな肌に潤いを与える、 皮膚の下に隠れたシミを表面に出させないようにするなどの効果が期待できます。 新安定型ハイドロキノンはアンプルールだけ アンプルールに含まれている魅力的な成分として、 高い美白効果のあるハイドロキノンが挙げられます。 ハイドロキノンは美容皮膚科でもシミの特効薬ともいわれている成分で、アンプルールには新安定型のハイドロキノンというシミに効果的な成分が豊富に配合されています。 新安定型ハイドロキノンとは、ハイドロキノンを安定化させて皮膚への刺激を少なくしたものです。 ハイドロキノンの役割は、シミのもとともなるメラニンを抑制する働きが高く、 一般的な美白成分の100倍もその効果があるとされています。 この新安定型ハイドロキノンが配合されているのは アンプルールのみです。 現在シミに悩んでいる人にも効果的で、透明感のある肌へと導くことができるでしょう。 そのためすでにできてしまった メラニンを還元する効果も期待できます。 またアンプルールにはビタミンC誘導体も含まれているので、美白だけではなく 肌のターンオーバーを促して健康な肌へと導くことができます。 妊娠や授乳中でシミが気になりシミを薄くしたいと思っている人や、敏感肌で低刺激のしみにきくスキンケアを探している人、今までどの美白化粧品も効果が感じられなかった人、保湿力の高い美白化粧品を探している人に、アンプルールは 特におすすめの美白化粧品です。 シミウスの特徴と成分 スキンケアは大半の女性が行っていますが、その仕方には個人差があります。 スキンケアにはステップが複数あり、3ステップの方が多いのですが中には5ステップの方もいます。 忙しい現代女性にとって大切ではありますがスキンケアは負担になっている現実があります。 そういった背景から、全ての工程を一つにまとめられる オールインワンジュエルが注目されています。 オールインワン化粧品にも種類がありますが、ジェルタイプは浸透率が良いことで注目されています。 中でも医学誌でも取り上げられた事のある効果が高い シミウスがあります。 シミウスの特徴はグリチルリチン酸・プラセンタエキスが主成分に配合されている事です。 グリチルリチン酸は抗炎症作用があり、 肌荒れやニキビに効果的です。 赤みの改善・予防ができる特徴もあります。 プラセンタエキスにはしわやたるみの改善効果が期待できます。 また 美白効果も高い特徴があります。 医薬品なので高配合 これらの有効成分が配合されているシミウスですが、オールインワンと言われるだけに 贅沢成分が他にも多く含まれています。 肌の悩みは上記以外にシミがありますが、加齢によりシミを改善する機能は低下していきます。 これは自然な事なのですが、 シミウスで抗う事ができます。 シミウスが高い効果がある理由には 医薬品である背景もあります。 医薬品に指定されているので有効成分の配合量も多いのです。 その事から リピート率も93%以上であり、試した方のほとんどが満足している商品です。 シミの改善・予防に欠かせないのが 保湿です。 プラセンタ・天草エキス・シコンエキスにサクラ葉抽出液といった 本格的なシミ対策成分が含まれています。 そして保湿のコラーゲンとヒアルロン酸の効果で加齢に負けないシミ対策ができるのです。 最後に保湿について一言加えると、シミウスは保湿性も高いですが特徴は 保水と言う事です。 他の方に差をつけられる贅沢なスキンケア用品と言えます。 アスタリフトの特徴と成分 アスタリフトはエイジングケアに 最適なスキンケアブランドです。 赤の力で幸せにをコンセプトに、みずみずしさや透明感、ハリ、健康的、輝きという5つの鍵を揃えたフォトジェニックビューティを目指しているので、幸せなエイジングを望む方はアスタリフトを始めましょう。 アスタリフトの 最大の特徴はメイン成分のナノアスタキサンチンとナノリコピンにあり、赤の力がすみずみまで行き届き、フォトジェニックビューティへと近づけます。 サケの身に含まれるアスタキサンチンとトマトに含まれるリコピンがハリと弾力をもたらしますが、開発メーカーである富士フイルムが 独自のナノ化技術によって浸透性や安定性を高めており高濃度の配合に成功しています。 ワンランク上のエイジングケア ダブルの赤の力が肌のハリを高めたら、 保湿成分のセラミドがうるおいを与えて若々しい肌へと導きます。 人の肌に存在するセラミドと同じ構造のヒト型セラミドを採用していることが特徴的で、ナノ化されたヒト型セラミドが高濃度で配合されています。 極小サイズのセラミドが肌内部をすみずみまでうるおすので、 ワンランク上のエイジングケアを望む方には特におすすめです。 アスタリフトスキンケアシリーズには 美白とハリケアを目指す方のためのホワイトも用意されており、溢れる透明感と澄んだ輝きを実現し、晴れやかな美白肌へと変えていきます。 アスタリフトホワイトは 守る技術と攻める技術が取り入れられていることが 特徴です。 肌の奥深くまで届く紫外線から守るため世界初の紫外線防御剤であるD-UVガードの開発に成功していて、これまで防げなかったDeepUVAをしっかり防いでくれることが最大の魅力ですね。 さらにシミの原因となるメラニンを攻めるため、 シミの骨にアプローチする技術を導入しています。 シミの骨とはメラノソーム構造タンパクのことでメラニンを蓄積してシミを作る原因となっていますが、アスタリフトホワイトにはメラノサイトを眠らせる独自性成分のナノAMAを配合していて、 肌の奥深くまで浸透して最大限の効果を発揮します。 サエルの特徴と成分 女性にとってコスメや日々のスキンケアは こだわりたいことの一つですよね。 巷では様々なコスメがありますが、自分自身が成分や使い道に納得をして選ぶ事が大切です。 そのような中で今注目を集めているコスメが サエルです。 サエルの 特徴は、 美白成分が多く含まれていることにあります。 保湿効果もしっかりありますが、それだけでなく 美白を目指すコスメです。 更に、乾燥がちな冬のお肌もしっかりと守る 独自の保湿成分が特徴的です。 このおかげで お肌に潤いを与えてみずみずしい印象を保てます。 女性が年齢を重ねると気になるのがお肌のくすみです。 影ができたり、お肌自体の透明感も失われたりなど様々なお肌のトラブルが発生します。 サエルにはお肌の 透明感を高める成分もしっかり配合されています。 年齢を重ねると失われるつやなどもしっかりと保つ事ができます。 敏感肌や乾燥肌におすすめ 毎日メイクやクレンジングなどでお肌に負担をかけ続けている女性にとって、 肌荒れや炎症を起こす事は避けたいですよね。 サエルには抗炎症作用のあるエキスがたっぷりと含まれている為、炎症などを防ぐ効果があります。 敏感肌や乾燥肌の人にはお勧めのアイテムといえますね。 このように、毎日使うスキンケアなので様々な効果を期待しつつ、お肌には優しい成分のアイテムを使いたいです。 毎晩寝る前にクリームを塗りこむだけで、翌朝にはプルンとした張りのあるお肌が期待できるのが 女性から人気が高い理由ですね。 サエルを使い続ける事で お肌の刺激から守る層を、お肌に作る事ができます。 このおかげで、 肌の炎症を抑えトラブルを回避します。 バリア機能や炎症抑制機能のあるスキンケアの代表でもあるサエルは、成分が肌に優しいだけでなく、 使い心地が簡単という点が一番のメリットです。 トラブルを起こさない健康的なお肌へ仕上げる為に欠かせないスキンケアアイテムです。 更にスキンケアだけでなく、メイクグッズもそろっているので、ライン使いできて非常に便利です。 シズカゲルの特徴と成分 オールインワン化粧品の シズカゲルは、 シミ・小じわ・たるみ・肌荒れ・乾燥等に効果的です。 医学誌に掲載された独自成分が配合されているのが 大きな特徴であり、 医薬部外品です。 医薬部外品ということは一般的な化粧品よりも優れた効能が期待できますし、 効能評価試験もきちんと受けていますので信頼性がありますね。 アルブチンとフラバンジェノール 配合されている成分で着目したいのはアルブチンとフラバンジェノールです。 アルブチンは厚生労働省が美白に有効であると認めていますので、シミ対策に積極的に取り入れたい成分です。 その働きは、シミの原因となるメラニンを作り出す酵素チロシナーゼの働きを阻害して メラニンの生成を抑えます。 新たなシミやそばかすができるのを防ぐことができますので、 予防としての優れた効果が期待できますね。 フラバンジェノールは天然のポリフェノールの一種であり、フランス南西部ランド地方で育った松の樹皮から作られています。 ポリフェノールには健康効果や美肌効果、老化予防効果があることで有名ですが、このフラバンジェノールにはポリフェノールの中でもかなり高い抗酸化作用が備わっています。 抗酸化作用の働きによってメラニン色素を作り出すチロシナーゼの働きを抑え込むことができますので、 シミやそばかす、くすみの改善に効果的です。 モイストキープエマルション シズカゲルには独自の技術が取り入れられており、 モイストキープエマルションという手法によって 肌の奥深くまで有効成分を届けることができます。 その結果、美白作用を持つ成分も効果的に肌に作用させることができますし、潤いも奥まで伝わります。 アンチエイジング作用のあるビルベリー葉エキスやユキノシタエキス、オリーブ油等も配合されていますので、 老化予防対策にも効果があります。 更に、女性の肌のことを考えてセラミドやカンゾウフラボノイド、マロニエエキス、ユキノシタエキス、スクワラン、天然ビタミンEも配合されていますので、乾燥や肌荒れケアもしっかりと行えるタイプですよ。

次の

BBクリームおすすめ23選|20・30・40&50代別も紹介【人気ランキング付】

クリーム ランキング

1.保湿クリームの役割 保湿クリームの主な役割は以下のとおりです。 水分の蒸発を防ぐ• 水分を保持する ここからはこの役割についてご紹介します。 水分の蒸発を防ぐ 保湿クリームは油分を多く含んでおり、水分の蒸発を防ぐためにつくられたアイテムです。 化粧水や美容液の成分を浸透させるために、フタをする重要な役割を果たすのが保湿クリームです。 化粧水や美容液だけでは成分が蒸発してしまい、せっかくの効果がムダになってしまいます。 保湿クリームは、スキンケアの最後の仕上げとしてお使いください。 水分を保持する 保湿クリームは水分の蒸発を防ぐだけではなく、保持する役割もあります。 最近の保湿クリームには「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」など、誰でも一度は目にしたことがある成分が配合されています。 これらの成分は、肌にうるおいを与え、乾燥肌に効果的です。 もともと、乾燥肌の方は肌のバリア機能が低下していることが原因なので、それを解消し、健康な肌へと戻してくれます。 画像: 乳液との違い よく比較されるのが乳液との違いです。 乳液と保湿クリームの役割は、どちらも水分の蒸発を防ぐためのアイテムなので同じです。 しかし、乳液は油分よりも水分が多めに配合されているので、保湿クリームよりも軽めのテスクチャーとなっています。 10代や20代などは乳液で十分ですが、30代以降で肌質に変化を感じる方は保湿クリームに切り替えると良いでしょう。 2.保湿クリームの選び方 保湿クリームは、肌質や年代によっておすすめアイテムが異なります。 自分にとって、どれがベストなのかを知るために、カテゴリ別に詳しくお伝えしていきます。 肌質に合わせる 肌質は大きく分けて、乾燥肌、混合肌、脂性肌、敏感肌に分類されます。 まずは、自分がどの肌質なのかを知ることが大切ですので、馬場 さおりさんによる肌質の見極め方をご紹介します。 馬場 さおりさんコメント 一番わかりやすい方法は洗顔後です。 まずは洗顔後3分待ってみてください。 3分後にどのように変化するかで肌質のタイプが分かります。 乾燥肌:ピリピリ、カサカサしていると感じた方は乾燥肌です。 混合肌:カサつきとテカリ、両方あるという方は混合肌です。 脂性肌:テカテカ、ペタペタする、という方は脂性肌です。 敏感肌:肌が赤くなるという方は敏感肌です。 乾燥肌 乾燥肌は、皮脂量・水分量ともに足りていない状態です。 すなわち、肌質の中でも一番肌がカサカサしやすく、突っ張るように感じる方が多いでしょう。 乾燥肌の方には保湿クリームの使用がおすすめです。 もし、保湿クリームを使っても乾燥するという方は、乳液と保湿クリームのW使いを推奨します。 混合肌 部分的にテカテカ、カサカサするという混合肌の方は、皮脂量が多いのに対して水分量が足りていません。 このタイプの特徴は、おでこや鼻などTゾーンのテカりが目立ちますが、頬や口まわりなどUゾーンは乾燥しています。 混合肌の方は、Tゾーンに対して乳液、もしくは少量の保湿クリームを薄く塗り、Uゾーンは量を多めに重ねて使うと良いでしょう。 脂性肌 脂性肌は、皮脂量・水分量ともに多いので、保湿クリームはあまりおすすめしません。 このタイプに推奨するのは、水分が多く油分が少なめな乳液です。 もし、保湿クリームを使用するのであれば、薄く塗ることを心がけてください。 敏感肌 敏感肌は乾燥が原因で、肌を守るバリア機能が低下していることで起こります。 つまり、保湿クリームでバリア機能を向上させることが大切です。 パラベン、エタノール、レチノール、香料などが配合されているものには注意が必要です。 これらは敏感肌にとって害となる成分なので、成分表を見ながら購入しましょう。 年代で決める 保湿クリームは年代によっておすすめ度合いが異なります。 理由は皮脂膜にあります。 皮脂膜は、人の体でつくられる天然の保湿クリームです。 皮脂分泌量が多いほど、皮脂膜が多くつくられますが、年代によって皮脂分泌量は変化します。 画像: 女性は20代をピークに、徐々に皮脂分泌量が減少していきます。 保湿クリームは油分が多めなので、10代や20代の皮脂分泌量が多い年代にはおすすめできません。 いっぽう、肌質に変化を感じるようになった30代、40代以降の方は保湿クリームに切り替えると良いでしょう。 50代や60代、ひどい乾燥にお悩みの方は、乳液と保湿クリームのW使いがおすすめです。 50代以降の方でも、そこまで乾燥していないのであれば保湿クリームのみで十分です。 季節で使い分ける 一年のシーズンの中でも、特に乾燥しやすいのが秋・冬です。 秋・冬になると、乾燥するという方も多いのではないでしょうか。 そういう方は、春・夏は乳液で、秋・冬は保湿クリーム、というように使い分けてみるのも有りですよ。 乾燥肌の方にピッタリなのが『バランスアップ クリーム』です。 とにかく保湿力が高くて、オールシーズン使える逸品。 冬の乾燥しやすい時期など、一時的に取り入れるのもおすすめです。 今回おすすめする保湿クリームの中でも、コスパがダントツに良いので、ケチらず使えるのもポイントが高いですね。 さらに、保湿力が高いクリームにありがちな、ベトっとした質感がないので、メイク前でも安心して使えるアイテムです。 バランスアップ クリームの詳細 メーカー 資生堂 内容量 50g 1gあたりの値段 43. 2円 参考価格 2,160円(税込) 4.保湿クリーム人気ランキング10選 ここからは、『プロの逸品』がお届けする保湿クリーム・人気ランキングをご紹介します。 冬の乾燥する季節や、ひどいカサつきにお悩みの方におすすめしたいのが『リモイストクリーム』です。 スクワランオイルと馬油が含まれており、とにかく徹底的に保湿したいときにピッタリなアイテムです。 スクワランオイルは、乾燥や紫外線から肌を守りうるおいをキープしてくれます。 しかも、スクワランはもともと私たちの中でつくられている成分なので、体にとっても優しいのも魅力的。 馬油は火傷やあかぎれ治療にも使われる成分で、紫外線などの刺激から肌を守ってくれる役割があります。 オイルが配合されていますが、べったりせずスーッと肌に浸透していくのが良くわかるクリームなので、使いやすいですよ。 リモイストクリームの詳細 メーカー 明色化粧品 内容量 30g 1gあたりの値段 35. 2円 参考価格 1,058円(税込) 「豆乳イソフラボン」の文字が大きくパッケージにプリントされた『なめらか本舗 クリーム NA』は、CMで見たことがある方も多いのではないでしょうか。 その秘密は「豆乳発行液」と呼ばれる成分にあります。 女性の肌づくりに重要な役割を果たし、肌の内側に直接アプローチを働きかけ、弾力とうるおいを与えてくれます。 肌に元気がないときや、ゴワゴワしているように感じるときなどにぜひお試しください。 なめらか本舗 クリーム NAの詳細 メーカー SANA 内容量 50g 1gあたりの値段 20. 5円 参考価格 1,026円(税込) 乾燥を改善できて、なおかつエイジングケアもできる万能な保湿クリームをお探しの方にピッタリなのが、『ルルルン プレシャスクリーム』です。 酵母の力により、お肌のキメを整え、透明感のある肌へと導いてくれます。 もう1つ注目していただきたいのが、新型ペプチドと呼ばれる新成分です。 化粧品原料展示会で金賞を受賞したこちらの新成分は、細胞核を内側から支えてくれることで、お肌にハリと弾力を与えてくれます。 次第に肌は元気を取り戻し、みずみずしい肌へと変化するでしょう。 「最近肌の調子が悪い」と感じる方におすすめです。 ルルルン プレシャスクリームの詳細 メーカー グライド・エンタープライズ 内容量 80g 1gあたりの値段 24. 3円 参考価格 1,944円(税込) 馬場 さおりさんがおすすめしていた保湿クリーム『アクアレーベル バランスアップ クリーム』。 とにかくコスパが抜群な保湿クリームなので、贅沢に使えます。 50gの大容量なので、使い方によっては3ヶ月以上も使える逸品。 価格を重視している方におすすめです。 こちらの保湿クリームを使用した方からは「肌にハリが出てきた」「ニキビができなくなった」と高レビューばかり寄せられています。 ニキビ予防に有効なグリチルリチンが含まれているので、乾燥しやすくニキビもできやすい、という方は、ぜひ一度お試しになられてはいかがでしょうか。 バランスアップ クリームの詳細 メーカー アクアレーベル 内容量 50g 1gあたりの値段 43. 2円 参考価格 2,160円(税込) 乾燥に効果的な成分「セラミド」「アルガンオイル」「ヒアルロン酸」「スクワラン」「コラーゲン」が贅沢に配合されているのが『チューンメーカーズ 原液保湿クリーム』です。 「笑うと目元や口元がピキッとなる」「夕方になると肌がカサつく」と感じる方に非常におすすめできるアイテムで、高濃度な成分が内側からうるおいヴェールをつくり、肌を守ってくれます。 「原液」と書かれているので、使い方が気になるかと思いますが、朝晩のお手入れの最後にこちらをパール粒大すくって塗るだけなので簡単です。 原液保湿クリームの詳細 メーカー チューンメーカーズ 内容量 50g 1gあたりの値段 54円 参考価格 2,700円(税込) 肌のリフトアップにおすすめしたいのが『ルシェリ リフトグロウ クリーム』です。 肌にうるおいを与えるのみならず、ハリと弾力を与え、自然なツヤをもたらしてくれます。 その秘訣は、『KOSE』独自の技術によって生み出されたテクノロジーの力にあります。 肌のメカニズムを分析し、浸透力の高い成分を配合することによって、これまでにないエイジングケアアイテムをつくりだすことに成功しました。 フェイスラインを引き締めてくれるので、たるみにお悩みの方にとても効果があるアイテムです。 さらに、スズランを基調としたフレッシュフローラルの香りが楽しめるので、癒しの効果を与えてくれるでしょう。 ルシェリ リフトグロウ クリームの詳細 メーカー KOSE 内容量 40g 1gあたりの値段 108円 メーカー希望小売価格 4,320円(税込) 30代以降におすすめする保湿クリームが『素肌しずく プラセンタクリーム』です。 「プラセンタ」「セラミド」「コラーゲン」など15種類もの美容成分を贅沢に配合しており、乾燥小じわを目立たなくさせ、みずみずしい肌へ導いてくれます。 クリームですが、美容液と同じような成分が含まれているので、これ1個あるだけでもう美容液は必要ありません。 実際にユーザーからは「くっきり刻まれた小じわが目立たなくなってきた」「使用していくうちに肌にツヤが出てきた」と嬉しい声がたくさん寄せられていました。 30代以降のエイジングケアにとてもおすすめできる逸品です。 素肌しずく プラセンタクリームの詳細 メーカー アサヒグループ食品 内容量 60g 1gあたりの値段 21. 6円 メーカー希望小売価格 1,296円(税込) 5.保湿クリームの売れ筋ランキングはこちら ご参考までに、保湿クリームの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

次の