どんな顔をすればいいかわからないの。 こういうときどんな顔すればいいかわからないの

どんな髪型にしていいかわからない喪女に私がおすすめするのは「茶髪ショートカット」~(写真あり)

どんな顔をすればいいかわからないの

大好きな彼とのコミュニケーションでとても大切なのが、セックス。 確かに私も真剣にそんなことを考えていた頃があったなあと懐かしくなりました。 どうすればいいのか本気悩んでいる人にとっては大事な問題かもしれませんが、 喘ぎ声なんてあまり気にしなくてもいいんです。 今回は喘ぎ声に関して実際にいただいた質問からお答えしたいと思います。 *どうやって喘げばいいのかわからない 喘ぎ声は【出す】ものじゃなくて 【出ちゃう】ものです。 自然と呼吸が荒くなってしまう時に、 漏れた声が乗っかるという感じでしょうか。 だから「あぁぁん」とか「あっ、あっ」とかいう感じの声が多いですよね。 だから 意識して「アンアン」言おうとしなくて大丈夫です。 *でも変な声が出ちゃったらどうしよう? どんな声が出ても変ではないですよ。 体に受けた刺激に自然と出た声が可愛くて愛おしいものなんですよ。 *可愛い声で喘いだ方が男性は喜ぶ? 多少演技っぽくてもアニメ声のような可愛い声でアンアン言う声が好きな人もいれば、本気で気持ちよすぎて野生的な声が出てきた方が好きだという人もいます。 大きな声でワーワー大騒ぎするのが好きな人もいれば、声にならない小さな吐息に興奮する人もいます。 でも 相手の好みに合わせて喘ぎ声を出そうと頑張ると、そのことに集中してしまって体で感じている気持ちさが半減してしまいます。 それよりも 好きな人と濃厚な時間を過ごしている瞬間を心から楽しむことのほうが100倍大事ですよ。 *喘ぎ声が出ない時は頑張って出した方がいい?? 全く気持ちよくない時や痛い時には 気持ちよさそうな声を出す必要はありません。 でも 気持ちいい時にはそれを喘ぎ声で伝えてもらえると彼も嬉しくなるはずです。 彼の体を触れている時に吐息が漏れてきたり、うっかり出てきた声が聞こえると嬉しいですよね。 気持ちよさそうな喘ぎ声は、聞いている方も何となく一緒に気持ちよくなってしまうような効果があります。 気持ちよさのおすそ分けとして、 気持ちいい瞬間には声のボリュームを意識してちょっとだけ大きくするというのもいいですね。 中には緊張しすぎて声をついつい我慢してしまうという人や、どんなに気持ちよくても喘ぎ声が出ないという人もいると思います。 そういう場合は、 無理して出そうとせずに、言葉で「気持ちいい」と伝えるようにするといいですよ。 大事なのは可愛い喘ぎ声よりも、 気持ちよさや幸せな気分を共有しようとすることです。 頑張らずに2人の時間を心から楽しんでいれば自然と表情や呼吸はセクシーになっているはずですよ! これまでの連載は Betsy べっつぃー) セックスとメタルと米を愛するセックスライター。 女性がいかにセックスを楽しむかをテーマにというブログを執筆中。 恋愛メディアAM(アム)で好評連載中。 Twitter: BitchyBetsy.

次の

第21話 こういうときどんな顔すればいいかわからないの

どんな顔をすればいいかわからないの

喪女におすすめの髪型は「ショートカット」 結論から言いますと、「ショートカット」をおすすめします。 もっと、これ!って答えを頂戴って思われるかもしれません。 でもですね…残念ながら、 これにすれば垢ぬける!かわいくなれる!という髪型は存在しません。 万 人に似合う髪型は存在しない、というのが私の考えです。 その人の骨格・顔立ち・パーツによって、似合う似合わないがあります。 そりゃ顔面偏差値が高ければだいたいの髪型にあうかもだけど。 泣 万人に似合う髪型が存在しない理由 骨格には、丸型・卵型・面長型・ベース型…などがあります。 そのため、一概にこの髪型にすればあか抜ける!とは言いがたいのですよ。 この、「似合う髪型はその人の特徴次第」ということを証明するため、2つほど実例をあげてみてみましょう。 それは、人の骨格、パーツによって、似合う髪型・似合わない髪型があるということです。 リヴァイ兵長は、丸顔。 一方で、下の画像の人は面長です。 そのため、ミスマッチが起きているのです。 このように、どんなに垢抜けた髪型でも、人によってはさらにダサくなってしまうことがあります。 「このモデルみたいにしてください!」と写真を見せて頼んだけれど、鏡の自分をみて「なんだこのブス…」 となるのは、こういったカラクリがあるわけです。 なので、あくまで 「ショートカット」=短い長さの髪型 をおすすめします。 ロングじゃなくてショートカットがおすすめの理由 ショートカットが喪女におすすめな理由は3つあります。 朝のセットは寝癖直しだけでOK! ショートカットは、髪型をアレンジする必要がありません。 ロングですと、髪を巻いたり、束ねたりといった作業が必要になりますが、ショートカットは寝癖を直すだけで様になります。 朝はなるべく寝ていたい。 ワックスとかコテとかなにそれ??な喪女にはショートカットがおすすめです。 ツヤサラを維持しやすい 髪型以前に、髪の毛がゴワってパサパサなのは、クソドブスです。 脱喪女には、ツヤサラが大前提です。 どんな髪型でも、ツヤサラだったらきれいに見えます。 アニメの奇抜な髪型はツヤサラに描かれているから可愛いのです 逆にどんなおしゃれな髪型にしてもらっても、髪がパサパサだとクソドブスになります。 なので、脱喪女のためには、ツヤサラを保つ必要があります。 ショートカットはロングに比べてツヤサラを維持しやすいので、おすすめなのです。 洗髪と乾かしが楽 ショートカットはロングに比べて、手入れが楽です。 髪洗うのも乾かすのもショートカットは圧倒的に早いです。 ツヤサラに必須のトリートメントの使用量もロングより少なくてすむので、経済的です。 ショートカットにするだけでは不十分!髪も染めよう! もしかしたら 黒髪じゃダメなの? 茶髪はビッチのやることだから 茶髪とか量産型の女になるのいやなんだが?いやなんだが? とかつての私のように思われるかもしれません。 でも、考えてみてください。 量産型の「女」のほうが、量産型の「喪女」より千倍ましじゃないですか? なぜ皆が髪を染めるかというと、それが脱喪女に一番てっとり早いのです。 簡単におしゃれに見えるのです。 モデルも芸能人も、顔面偏差値が東大~早慶上智レベルのひとでさえ、ほとんど髪を染めています。 これはすなわち、「茶髪にする=垢ぬける」ということです。 実例をあげるために、私のビフォーアフターを公開しますね。 色を染めただけで、ちょっと垢抜けた感じがしますね! 猫背だからブス感はあるけど えッ?なにも変わらないって? 周囲の人にはかわいくなったっていわれましたけど?怒泣 というわけで(?)、てっとり早く喪女を抜けるためには、髪を染めるのが1番の近道なのです。 美容師への注文はどないすればええんや?という疑問 美容室初心者あるあるです。 私もはじめの頃は、「あのぅ…えと、あ、垢抜けたくて…」ってな感じで、キョドってなにも言えませんでした。 けど、何度か行くなかで、注文方法を学びました。 まず美容師には以下の3点を伝えましょう。 ・具体的イメージはないが、ショートカットにしたい ・自分のコンプレックス 私の場合は面長コンプレックス を改善できるような感じ ・髪の色は、とりあえず眉毛を染めなくてもOKな程度の明るさがいい こちらがこれ!とイメージを決めていく必要は全くないです。 最低限の希望を伝えたあとは、美容師におまかせしたいという感じで大丈夫です。 ある程度の希望を伝えると、「美容師がじゃあこんな感じでどうですか?」と提案してくれます。 提案がきたらこっちのものです。 「ジャアソレデオネガイシマス」 と呪文を唱えるだけでOKです。 あとはプロに任せましょう。 まとめ 以下、喪女が垢ぬけた髪型にするための私の主張をまとめます。 でも、美容師もプロです。 私の経験上、ださい人間が来たからといって「うわっこいつなんやねん」と顔に出されたことはありませんので、安心してください。 心では思ってるかもしれないけどね。 美容師一人に「うわっ…」って思われるのと、町ですれ違う人々に「うわっ…」って思われ続けるのとどちらがいいか考えたら… ね? おわり.

次の

第21話 こういうときどんな顔すればいいかわからないの

どんな顔をすればいいかわからないの

おれは自分の顔がわからない。 と、いったところで、相貌失調の一種というほどの話ではない。 おれは子供のころ、まじまじと鏡で自分の顔を見たことがある。 そこには、目があり、鼻があり、口があった。 眉毛なども生えていた。 おれはいくら鏡を見ても、おれの顔の特徴というものがわからなかった。 「こんなに普通の顔があるのだろうか」と思った。 「普通の顔があるとすれば、自分の顔ではないか」と思った。 一種のを起こしていたかもしれない。 ただ、その思いはその後の自分にも引き継がれた。 おれという人間の顔は、他人が見たらどう思うのかさっぱりわからない。 おれが鏡で見てみても、どう表現していいのかさっぱりわからない。 おれにはおれの顔がどうにもわからない。 だから、おれはいくらか自分の顔に特徴というものを与えようとした。 左耳には三つのピアス、コンタクトにする気はない眼鏡、雑に染めた髪、無精髭、。 ……そうしたところで、どれだけ特徴があるかわからない。 ピアス、眼鏡、茶髪、無精髭の三つが揃ったおっさんの写真を五つ並べられたら、どれが自分かわかる自信がない。 有名人に似ていると思ったこともない。 一度だけ、映画『』のに似ているかも、と思い上がったことはあるが、眼鏡と髭にすぎない。 ピアスもか? 人から言われたことといえば、祖母からは子供のころに「平安貴族のようだ」と途方もなく曖昧な例えをされたり、このごろも女性から「歌舞伎役者のようだ」と褒められたりしたこともあるが、どこの何右衛門かわからない。 ああ、ただ、肌はきれいで色白だとは思うけれど。 というわけで、おれは自分の顔はあくまで普通の顔であって、似顔絵師に依頼しても困惑するんじゃないかと思っている。 とはいえ、このごろは加齢のせいもあって、ビデオ通話などで自分の顔が映ると、「こんなんだったっけな?」と思うこともあるが、やはり「こんなんだっけな?」というだらしなく老けた顔も、どうにも「目と鼻と口がついている」というだけの「普通のおっさん」という印象しかない。 もちろん、「普通の目と鼻と口がついていると思えるだけで十分じゃないか」と怒られることもあるだろう。 とはいえ、おれはおれの顔について、いつまでたってものっぺらぼうのような気がしているというのは、おれひとりのなかで確かなことなのである。 なんなら、のように顔にタトゥーでも入れてやろうかと思わないでもないが、痛いのは嫌だななどと思いながら、老けるか老けないかして死んでいくのだろう。 ……肌のケアといえばのソフトよな。 というか、これもなんだろうか、ちょっと冷静に見ていられないというか。 その理由はというと、これは正味なところ、もう本当にこの日記を公開し始めてから、一番書くべきかどうか迷うというか、まあ今さらどんな勘違い野郎と思われたところでしょうがないので勝手に言ってしまうが、のウシジマくん装束が、どうも俺っぽい。 ……いやね、あくまで、ウシジマくんのね、このドラマのね、格好の場合のね、そのね、あまり大型でない二足歩行する哺乳類のオスがメガネ掛けてピアスして無精髭生やしている点では、そう言えなくもないかもしれないという程度の、なんというか、ウミ金ヤシジマくん? 程度の、その程度の話なのよ。 実際ね、このドラマのことを知って、記事に写真が出てて「これは!」と思って、隣の人に「これ、俺に似てないっスか?」って聞いて、「……? あー、まー、ねー」くらいのリアクションだったんだけれども、ただね、まあ、そんな、なあ、ほら、書くんじゃなかった。 goldhead.

次の