物流 ウィークリー。 サイトについて

マツムラが破産手続き開始決定|信用情報|物流ウィークリー

物流 ウィークリー

は物流・運送・ロジスティクス業界の情報に特化した業界専門紙です。 出版社:物流産業新聞社 発行間隔:週刊 全国ネットの物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門紙。 運送業界から流通業界までのあらゆる最新情報を網羅。 トラック運送からSCMまで、実運送とロジスティクス、マテハン、RFIDに関する情報を総合的に報道している。 こんな会社で読まれています• 物流関連企業(陸運・倉庫・鉄道貨物・海運・航空貨物)のトップ及び管理者層• ロジスティクス関連企業• トラックメーカー• マテハンメーカー• 物流商社• 荷主企業(物流担当者)• 物流コンサルタント、関係団体、関係官公庁、大学・研究機関、調査団体、経営コンサルタント、ISO審査機関・ISOコンサルタント、その他 物流ウィークリーの定期購読関連エントリー 専門紙・業界新聞の一覧ページです。 専門紙・業界新聞をお探しの方のためのメニューページです。 日本ネット経済新聞はネットビジネスの専門新聞です。 実業に活かせるモバイル、SNS、ECのニュースが満載! 日経産業新聞は日本経済新聞社発行の経済紙です。 日本の産業界を分析・解説する業界専門紙で発行部数は約18万部。 日本証券新聞:ネット版は販・訪販、ダイレクトマーケティングの専門紙です。 毎週木曜日発行の週刊紙です。 フジサンケイビジネスアイは一日1回発行の総合ビジネス金融紙です。 日刊建設工業新聞は全国版建設専門紙として80年の歴史を誇る専門誌です 電子デバイス産業新聞は半導体産業新聞を全面リニューアル!近未来の成長産業に徹底フォーカスする専門紙(旧半導体産業新聞) 住宅新報は唯一の住宅・不動産総合全国紙です。 毎週火曜日発行の週刊紙です。 通販新聞は通信販売業界に関する日本で唯一の専門紙です!通販業界の動向を、関連企業まで幅広くカバーし、タイムリーな情報を提供します。 日本流通産業新聞は通販・訪販、ダイレクトマーケティングの専門紙です。 毎週木曜日発行の週刊紙です。 新文化はマ出版業界唯一の専門紙です。 毎週木曜日発行の週刊紙です。 新刊情報から流通問題まで、出版業界に関する情報が満載です。 文化通信はマスコミ界の専門紙です。 毎週月曜日発行の週刊紙です。 シルバー新報は週刊の介護保険の専門紙です。 健康ジャーナル は健康、美容業界のトレンドを横断的に網羅した総合新聞ですです。 第1、第3火曜日発行紙です。 エステティック通信は月1発行のサロン向け経営情報紙です。 美容専門誌部門 2011年上半期販売実績No1 自由民主は自由民主党の政党紙です。 毎週火曜日発行の週刊紙です。 み声新聞は聖書の視点から世界を読み解く週刊のキリスト教系新聞です。 毎週日曜日発行の週刊紙です。 週刊釣り新聞ほっかいどう(つりしん)は船釣りファン向けのタブロイド版新聞です。 花新聞ほっかいどうは、ガーデニングや盆栽・生け花・花作り生産者などの花人のための向けのA4判横長変型の隔週発行される新聞です。 日刊中国通信は中国の毎日の経済、政治の動きがわかります。

次の

サイトについて

物流 ウィークリー

(06月26日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月22日)• (06月19日)• (06月19日).

次の

飯尾運輸 ISO39001認証を取得|運送会社|物流ウィークリー|物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門紙

物流 ウィークリー

飯尾運輸(兵庫県川西市)はこのほど、道路交通安全のマネジメントシステムISO39001認証を取得した。 飯尾栄治社長は、「公道を使って物流という仕事に携わっている以上、重大事故は絶対に避けなければいけない。 そのことを社内に根付かせるためのマネジメントが必要だった」と同認証へのチャレンジを決めたという。 「社員が誇れるいい会社をつくりましょう」という経営理念を掲げる同社。 従来からISOの14001認証は取得していたが、今回の39001については、外部コンサルを活用せずに自力で取得する道を選択。 同社長は、「ドライバーの意見をしっかり聞くなど実態に即した形にし、浸透を図りたかった」とその狙いを明かす。 認証取得について、同社長は「事故がない環境を作るのは、運送業をやっていく以上は使命とも言える。 ISO39001を取ることで、こういう取り組みがあることを対外的にも理解していただき、結果的に顧客、地域、ドライバーそれぞれから選んでもらえることにつながる」と分析。 さらに、自力で取得したことで「ドライバーだけでなく、スタッフへの意識付けが浸透した」とも。 「たとえば、『朝、元気にドライバーに声かけをする』『社内環境を良くするために積極的にコミュニケーションを取る』など、スタッフが、他人事ではなく『自分事』として考えてくれたことは大きい」。 取得を意識し始めたのは1年ほど前。 社長自らセミナーに通うなど、認証への理解を深めていった。 「ISO特有の規格の読み込みと解釈が難しかった」と振り返るが、実際の作り込みについては、「すでに策定していた運輸安全マネジメントをベースにすることができた」という。 「マニュアルを作るのは大変だが、一度作れば、新人教育のテキストとして使うことも可能。 メリットは大きい」。 同認証の意義について、「事故は不安全行動がなければ起きない。 事故ゼロという結果よりも、プロセスをしっかりやることを前提に、具体的な行動として何をやるかが大切」と話す同社長。 新規荷主からの問い合わせの際、同認証の話題が挙がるなど、すでに手応えは感じている。 飯尾社長は、「これからの時代、安全と品質が良くないと顧客からは選ばれない。 その点、ISO39001は付加価値になるはず」とし、「もちろん取得して終わりではなく、今後も継続して事故防止活動に役立てていきたい」と語る。

次の