アレクサンダー ズベレフ。 ズベレフが陰性を報告「今後も定期的に検査を受ける」、UTS参戦のティームも問題なし

サーブが信じられない方向へ。ズベレフ、ダブルフォルトの悩みが更に深刻に

アレクサンダー ズベレフ

ミーシャ・ズベレフ 基本情報 フルネーム Mikhail Alexandrowitsch Zverev 国籍 出身地 、 居住地 、 生年月日 1987-08-22 (32歳) 身長 190cm 体重 81kg 利き手 左 バックハンド 両手打ち ツアー経歴 デビュー年 2006年 ツアー通算 4勝 シングルス 1勝 ダブルス 3勝 生涯獲得賞金 5,519,747 アメリカ合衆国ドル 4大大会最高成績・シングルス ベスト8(2017) 3回戦(2018) 3回戦(2008・17) 4回戦(2017) 4大大会最高成績・ダブルス 2回戦(2017) 2回戦(2009・17) 1回戦(2007・09・10・17・18) 2回戦(2008-09) キャリア自己最高ランキング シングルス 25位(2017年7月24日) ダブルス 44位(2009年6月8日) 2018年7月6日現在 目次• 家族 [ ] の生まれで、現在はのに拠点を持つ。 出身の元テニス選手 ()の息子である。 父は、ミーシャのコーチも務める。 また10歳年下の弟のもプロテニス選手である。 弟アレクサンダーとはツアーでダブルスを組んで、優勝がある他、男子国別対抗戦のダブルスにも兄弟で出場がある。 また、弟アレクサンダーは2016年にツアー優勝を果たしている。 来歴 [ ] のの2回戦で世界ランク5位のを破り、準々決勝進出。 ではダブルスでと組んで優勝。 ユージニーとは同年のでもダブルスで優勝している。 でも2回戦で元世界ランク1位のに勝利し、3回戦に進出。 はで3回戦に進出すると、世界ランク7位のに6-4, 6-1で勝利し、準々決勝に進出。 準々決勝でに敗れた。 またこの年初めてに選出された。 のでシングルスで初めて決勝に進出。 決勝でに敗れ準優勝。 その後は怪我でツアーレベルから落ちるも、に弟アレクサンダーの活躍に刺激を受けて復活。 の2回戦では相手のが無気力プレーで半ば試合を放棄し勝利(この後、キリオスには出場停止処分が科された)。 3回戦でを破り、8年ぶりのマスターズ準々決勝に進出。 準々決勝では世界ランク1位のから第1セットを奪うも6-3, 6-7 4 , 3-6で敗れた。 10月17日付のランキングで5年4ヶ月ぶりにトップ100に復帰。 でも準々決勝で世界ランク3位のに6-2, 5-7, 6-1で勝利し準決勝進出。 準決勝でに敗れた。 2016年最終ランキングは51位。 では10年ぶりに全豪の2回戦に進出すると、第19シードのを6-7 4 , 6-7 4 6-4, 7-6 7 , 9-7の逆転勝ちで破り、9年ぶりにの3回戦に進出。 3回戦でを破ると、4回戦では世界ランク1位のと対戦。 7-5, 5-7, 6-2, 6-4で勝利し、自身初の準々決勝進出を果たした。 準々決勝でに1-6, 5-7, 2-6で敗れた。 大会後の世界ランキングで35位となり8年ぶりに自己最高順位を更新した。 2月の対戦では弟アレクサンダーと共にに選出され、ダブルスには兄弟で組んで出場。 では準決勝で第2シードのを破りおよそ7年ぶりのATPツアー決勝進出を果たす。 その決勝では第1シードの地元から第1セットを先取するも逆転負けし、初のツアー優勝はならなかった。 2018年のでATPツアー3回目の決勝進出、決勝でに6-4, 6-4で勝利し、30歳でシングルスのツアー初優勝を果たす。 8月の3回戦で弟アレクサンダーとツアー初対戦、結果はアレクサンダーが勝利した。 ATPツアー決勝進出結果 [ ] シングルス: 3回 1勝2敗 [ ] 大会グレード 0-0 0-0 0-0 0-0 1—2 サーフェス別タイトル ハード 0—1 クレー 0—1 芝 1-0 カーペット 0-0 結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア 準優勝 1. 2010年9月26日 ハード(室内) 3—6, 2—6 準優勝 2. 2017年5月27日 クレー 6-4, 3-6, 3-6 優勝 1. 2018年6月30日 芝 6—4, 6—4 ダブルス: 10回(3勝7敗) [ ] 結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア 優勝 1. 2008年6月15日 芝 3—6, 6—4, [10—3] 準優勝 1. 2008年7月13日 クレー 3—6, 4—6 優勝 2. 2008年10月5日 ハード 6—3, 6—4 準優勝 2. 2009年1月10日 ハード 4—6, 3—6 準優勝 3. 2009年10月4日 ハード 室内 6—7 4-7 , 3—6 準優勝 4. 2015年5月3日 クレー 6—4, 1—6, [5—10] 準優勝 5. 2016年2月7日 ハード 室内 5—7, 6—7 4—7 優勝 3. 2017年2月12日 ハード 室内 6—4, 6—7 3—7 , [10—7] 準優勝 6. 2017年6月25日 芝 7—5, 3—6, [8—10] 準優勝 7. 大会 2006 2007 2008 通算成績 A A LQ LQ A LQ 5—8 A LQ LQ A A LQ 2—8 A LQ LQ LQ A A LQ 5—7 LQ LQ LQ LQ LQ LQ A A 4—5 脚注 [ ].

次の

アレクサンダー・ズベレフ

アレクサンダー ズベレフ

アレクサンダー・ズベレフ プロフィール 名前 アレクサンダー・ズべレフ 生年月日 1997年4月20日 身長 198cm 体重 86キロ 国籍 ドイツ 出身地 ハンブルク 利き手 右手 バックハンド 両手打ち 愛称 サーシャ 憧れの選手 フェデラー• 5才でテニスをはじめる• 2013年、プロデビュー• イケメンで容姿はまさに『テニスの王子様』 スポンサーリンク アレクサンダー・ズベレフ 家族• 父:元プロテニス選手• 母:元プロテニス選手• 兄:プロテニス選手 ミーシャ・ズべレフ 父、母ともにロシア出身のプロテニス選手でした。 そして10才年上の兄もプロテニス選手です。 ズべレフの家族は、テニス一家なんです! アレクサンダー・ズベレフ イケメンに彼女は? 身長198cmで、すらっとした容姿 そして イケメン テニスファンが テニスの試合を見る以外の楽しみとして 容姿があると思います。 アレクサンダー・ズべレフの容姿は まさに 『テニス界の王子様』 気になるのは 彼女はいるのか? ということですが 調べてみたところ、いろんな情報が飛び交っていることがわかりました。 やはり、みんな気になるのですね。 しかし、残念ながら 正確な情報は見つかりませんでした。 彼女も気になるところですが それより今は テニスに集中して欲しいと思います。 スポンサーリンク アレクサンダー・ズベレフ プレースタイル MAX220キロを超えるサーブ 198cmの身長から打ち下ろすサーブは、一振りでエースポイントを取ることができる! 安定したストローク ラリーでもパワフルに打ち込みます。 しかも安定感がありミスが少ないのが特徴です。 ネットプレー チャンスボール以外はネットにあまり出ていきません。 サーブとラリーで相手を押し込んでおいて、相手ボールが短くなればネットに出るという印象です。

次の

アレクサンダー・ズベレフ、ウワサの彼女との2ショットを公開!「どう見ても僕たちはただの友達」というが…?

アレクサンダー ズベレフ

ダブルスに関する場合は、「ダブルス」と表記しています。 選手紹介 プレースタイル 身長198cmの高い打点から繰り出す強力なサーブと、ストローク力のあるフォアハンドとバックハンドを持つ攻撃的なベースライナー。 ハード、クレー、芝のすべてのサーフェスでツアー決勝に進出するなど、まだ発展途上でありながら、どのサーフェスでも総合的にレベルの高いテニスを見せる。 将来の世界ランキング1位候補 10代でツアー2勝を挙げる活躍を見せ、次世代のNo. 1候補として「Next Generation」の選手の中でも注目を集めるアレクサンダー・ズベレフ選手。 2000年以降、10代でツアー2勝以上を挙げた選手を見ると、そうそうたるメンバーが並んでおり、今後のさらなる活躍が期待される。 選手名 最高ランキング レイトン・ヒューイット 1位 アンディ・ロディック 1位 ラファエル・ナダル 1位 ノバク・ジョコビッチ 1位 アンディ・マレー 1位 フアン マルティン・デルポトロ 3位 選手経歴 2013年~2014年 キャリア初期 2013年にプロに転向後、2014年にいきなり活躍を見せる。 2014年7月、ATPチャレンジャーでトップ100の選手を3人倒して優勝。 同月、ワイルドカードで出場したドイツ国際オープン(ATP500)では、2回戦で世界ランキング19位のミハイル・ユージニーを破るなど、トップ100の選手を4人倒して準決勝に進出。 準決勝で同7位のダビド・フェレールに敗れる。 年末の世界ランキングは136位。 2015年 トップ100入り 2015年5月、ATPチャレンジャーを優勝し、5月18日付の世界ランキングで85位となり、トップ100入りを果たす(18歳1ヶ月)。 ATPツアーでベスト4が1回、ベスト8が2回などの活躍を見せ、年間14勝17敗。 年末の世界ランキングは83位。 ATPワールドツアー・アワードで年間最優秀新人賞を受賞。 2016年 10代でツアー初優勝 2016年5月、ニース・オープンでツアー初の決勝に進出。 決勝で世界ランキング15位のドミニク・ティームに敗れ、準優勝。 6月、ゲリー・ウェバー・オープンの準決勝で世界ランキング3位のロジャー・フェデラーを破り、決勝に進出するも準優勝。 9月、サンクトペテルブルク・オープン(ATP250)の準決勝で世界ランキング9位のトマーシュ・ベルディヒ、決勝で同3位のスタン・ワウリンカを破り、 ツアー初優勝を果たす(19歳5ヶ月)。 ツアー優勝1回、準優勝2回、年間44勝24敗。 年末の世界ランキングは24位。 2017年 マスターズ初優勝、トップ10入り 2017年2月、南フランス・オープン(ATP250)を優勝し、10代でツアー2勝目を挙げる(19歳10ヶ月)。 5月、BMWオープン(ATP250)を優勝。 BNLイタリア国際でマスターズ初の決勝に進出。 決勝で世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチを破り、 マスターズ初優勝を果たす(20歳1ヶ月)。 5月22日付の世界ランキングで10位となり、トップ10入りを果たす。 7月20日、元世界ランキング1位のフアン・カルロス・フェレーロ氏をコーチとして迎え入れることを発表。 8月、シティ・オープンを優勝し、 ATP500シリーズ初優勝を果たす。 ロジャーズ・カップの決勝で世界ランキング3位のロジャー・フェデラーを破り、マスターズ2回目の優勝を挙げる。 11月、最終戦のATPファイナルズに初出場。 年間通算55勝22敗、ツアー優勝5回、年末の世界ランキングは4位。 2018年 ATPファイナルズ初優勝 3月、フェレーロ氏とのコーチ関係を解消。 マイアミ・オープンの決勝でジョン・イズナーに敗れ、準優勝。 4月、モンテカルロ・マスターズでベスト4。 5月、BMWオープン(ATP250)を2連覇。 マドリード・オープンの決勝で世界ランキング7位のドミニク・ティームを破り、マスターズ3回目の優勝を挙げる。 BNLイタリア国際の決勝で世界ランキング2位のラファエル・ナダルに敗れ、準優勝(マッチ13連勝でストップ)。 6月、全仏オープンでグランドスラム初の準々決勝に進出。 8月、シティ・オープン(ATP500)を2連覇。 8月21日、元世界ランキング1位のイワン・レンドル氏をコーチとして迎え入れることを発表。 10月、上海マスターズでベスト4。 11月、最終戦のATPファイナルズではラウンドロビンを突破し、準決勝で世界ランキング3位のロジャー・フェデラーを破り、決勝に進出。 決勝で同1位のノバク・ジョコビッチを破り、 ATPファイナルズ初優勝を果たす(21歳7ヶ月)。 年間通算58勝19敗、ツアー優勝4回、年末の世界ランキングは4位。 2019年 5月、ジュネーブ・オープン(ATP250)を優勝。 6月、全仏オープン2年連続でベスト8。 ツアー経歴(シングルス) ツアー勝利数 11勝 キャリア通算成績 300戦 200勝 100敗 自己最高ランキング 3位(2017年11月6日) ランキング推移(年末) 年 順位 2018 4 2017 4 2016 24 2015 83 2014 136 2013 809 グランドスラム成績 グランドスラム最高成績 ・全豪オープン:4回戦 ・全仏オープン:ベスト8 ・ウィンブルドン:4回戦 ・全米オープン:3回戦 年 全豪 全仏 ウィンブルドン 全米 2019 4回戦 ベスト8 2018 3回戦 ベスト8 3回戦 3回戦 2017 3回戦 1回戦 4回戦 2回戦 2016 1回戦 3回戦 3回戦 2回戦 2015 予選 予選 2回戦 1回戦 2014 — — — 予選 ATPツアー決勝での成績 決勝:17戦 11勝 6敗 カテゴリ 勝 — 負 グランドスラム 0 — 0 ATPファイナルズ 1 — 0 マスターズ1000 3 — 2 ATP500 2 — 3 ATP250 5 — 1 錦織選手との対戦成績.

次の