哺乳 瓶 乳首 サイズ。 新生児からのピジョン『母乳実感』の使い方~乳首サイズ、消毒方法など~

最初の哺乳瓶はどのくらいの大きさが何本必要なの? 完母希望でも買っておこう!|みのりんく mino

哺乳 瓶 乳首 サイズ

この記事をぱっと流し見• 最初の哺乳瓶は大小1本ずつに乳首2個 私が最初に用意していた哺乳瓶は 大小1本ずつ、乳首2つです。 基本的にはそれだけでOK。 ただ、 余裕があれば4本くらいあったほうが絶対にいいです。 というのも、ミルクは飲ませたら洗って消毒しないといけないんですよね。 3時間起きにあげるとすると、一日に授乳回数は8回。 そのつど洗うのが大変! でも、そのつど洗わないと足りない! 昼間はなんとかなっても夜は本当にしんどいです。 3時間おきといっても、ミルク作って飲ませて洗って消毒して……ってやってると、あっという間に1時間2時間たっちゃいます。 寝る暇がありません。 [st-kaiwa1 r]ちょっと余分に持っていれば、夜は水につけておいて朝洗うこともできます。 とはいえ、 最初から4本買う必要はありません。 入院中は病院のものが使えますし、ガンガン母乳が出るママは4本も持っていたら無駄になってしまいます。 最初は2本くらい持っておいて、母乳の状況によって買い足せば十分。 一番人気のピジョン『母乳実感』シリーズはドラッグストアでも買えますし、ネットで注文もできます。 もし退院時までにネット注文したり、誰かに買ってきてもらったりできるのであれば、出産前は買わずに病院で使っていたのと同じものを買うのがベスト。 ただ、買えなかったら困るので、出産前に最低1本は買っておくことをおすすめします。 生後2週目 80~100ml• 生後3~4週目 100~120ml ただし、これは完全にミルクの場合。 混合だと母乳が出ている量にもよりますが、だいたい半分くらいですね。 哺乳瓶の種類はピジョンの『母乳実感』シリーズだと160mlと240ml。 ほかのメーカーでも同じような感じです。 生後3ヶ月くらいから一回200ml程度、ミルクを飲むようになりますが、それまでは160mlでも大丈夫そう。 大は小を兼ねるので、ゆくゆく大きい240mlを買うようであれば、最初から240mlを持っていてもいいと思います。 50ml以下の目盛りがあるか• 付属の乳首のサイズが大きすぎないか 新生児だと最初に飲むミルクの量は50ml以下。 私は混合だったので、新生児のうちはずっと40mlくらいしか飲ませていませんでした。 大きい哺乳瓶だとたまに50ml以下の目盛りがないときがあります。 付属の乳首のサイズも要注意。 『母乳実感』シリーズについていたのは、3ヶ月から使えるMサイズ。 乳首だけ買い足さないといけません。 プラスチックとガラス。 素材はどっち? 哺乳瓶の素材にはプラスチックとガラスがあります。 私はプラスチックしか持っていませんでしたが、病院ではガラスを使っていました。 ガラス プラスチック メリット 冷めやすい においや汚れが落ちやすい 傷がつきにくい 頑丈 軽い デメリット 重い 冷めにくい 病院で使っているくらいですし、清潔が保てるのはガラスかなぁという気がします。 傷がつきにくいですからね。 早く冷めるというのもうれしいポイント。 ミルク冷ましている間の赤ちゃんの泣きっぷりって相当すごいです。 精神的にやられます。 ただ、 本当に重いです。 ずっと持っていると手が疲れてしまいます。 プラスチックはなんといっても頑丈。 ガラスのように割れることがありません。 軽いですし、持ち運びに便利です。 ある程度、月齢が大きくなってくると赤ちゃんが自分で哺乳瓶を持ってミルクを飲むようになります。 そんなとき、 プラスチック素材なら軽いですし、ぶん投げても安心。 飛んできますよ、哺乳瓶。 [st-kaiwa1 r]トータルで考えるとプラスチックの方が楽です。 完母で育てたいと考えている妊婦は9割だという調査結果もあるくらいです。 でも、同じ調査で、 産後一ヶ月を母乳だけで育てているママはたったの5割。 半数はミルクを足しているんですね。 そのくらい、完母って実は難しいんです。 先輩ママのお下がりをもらっても• すぐに完母になった• 赤ちゃんが哺乳瓶を拒否した などの理由で、哺乳瓶がきれいなまま残っている人もいます。 そういったママのお下がりをもらうのも手。 『母乳実感』はとってもいい哺乳瓶ですが、赤ちゃんによっては別のメーカーが合うという子も。 違う哺乳瓶をもらえそうだったら試してみるのもいいですよ。 新品でも使う前に消毒はするの? ちなみにですが、哺乳瓶は買った後に消毒するんでしょうか。 答えはYes。 買ったばかり、開けたばかりでも、洗って消毒はしておきましょう。 私は子育てに関しては、「やったほうがいいのかな?」と少しでも不安に思ったことは、無理のない範囲でやるようにしています。 買った哺乳瓶を洗って消毒するくらいだったら簡単な作業ですから、消毒せずに使って下痢でオロオロするくらいならやっておいたほうが安心です。 哺乳瓶を持っている姿はかわいいよ 私は完母にしたいという思いが強すぎて、いざ哺乳瓶を使うのが悔しくてたまらなかったです。 出産前にはウキウキしながら買ったはずなんですけどね。 でも、冷静になって見てみると、哺乳瓶で一生懸命ミルクを飲んでいる姿はかわいかった。 自分で持てるようになると、小さな両手で哺乳瓶をつかんで、本当にかわいかったです。 [st-kaiwa1 r]いまは「完母にしたい!」と思っていたとしても、一度は哺乳瓶を使ってみるのもいいものですよ。

次の

母乳実感の哺乳瓶の乳首のサイズアップとビーンスタークのニプルとの互換性 : トイレのうず/ブログ

哺乳 瓶 乳首 サイズ

赤ちゃんが哺乳瓶でミルクを飲むのを嫌がったり、飲まなくなることってありませんか? そのような場合、ひょっとしたら哺乳瓶の乳首が原因の可能性もあります。 そんなときは哺乳瓶の乳首を他のものに変えることで、赤ちゃんがミルクを飲んでくれるようになることもあるようですよ。 そこで今回は、哺乳瓶の乳首について、どんな種類があるのか、また選び方についてご説明します。 哺乳瓶の乳首を変えるだけで本当に飲むの? 赤ちゃんが哺乳瓶のミルクを嫌がるのには、いろいろな理由があります。 しかし、同じ経験をしたママのなかには、哺乳瓶の乳首を変えることで赤ちゃんがミルクを飲むようになったという人もいます。 実際に経験したママの体験談をご紹介します。 最近お嬢ちゃまがミルク飲みたくないーって感じで、哺乳瓶拒否か!と思ったけど乳首をMサイズ(4カ月から用)に変えたらゴクゴク飲むようになりました。 哺乳瓶は、赤ちゃんが生まれる前に買って準備しておくことが多いため、新生児用の乳首が付属している場合があります。 しかし、赤ちゃんは成長とともに口が大きくなったり、ミルクを飲む量が多くなったりと成長していきます。 そのため、月齢が大きくなってからも同じ乳首を使い続けている場合は、赤ちゃんの口に乳首が合わなくなり、哺乳瓶でミルクを飲まなくなることがあるのです。 哺乳瓶の乳首にはどんな種類がある? 哺乳瓶の乳首には、穴サイズや穴の形がいろいろあります。 今回は、ピジョンのスリムタイプ哺乳瓶用の乳首を例に、その違いをご紹介します。 このシリーズの乳首には、• クロスカット• スリーカット の3種類の穴の形があります。 丸穴 「丸穴」とは、乳首の先端に丸い形の穴が開いているもののことをいいます。 同じ丸い形でも、穴の大きさは様々。 また、丸穴タイプの大きな特徴として、吸わなくても少しずつミルクが出てくるということがあります。 そのため、新生児から生後9ヶ月以降まで、赤ちゃんの飲む量に応じて長く使われるタイプでもあります。 普段は穴が閉じていますが、赤ちゃんが乳首を吸うことで開きます。 大きく穴が開くので、食物繊維などが入っている果汁などをあげるときには、このクロスカットがおすすめです。 スリーカット 「スリーカット」とは、「Y」の形のように、乳首の先端の穴が中心から3方向に開けられているもののことをいいます。 このタイプもクロスカットと同じく、赤ちゃんが乳首を吸って先端が潰れることで穴が開き、ミルクが飲める仕組みになっています。 スリーカットはクロスカットほど大きく穴が開くことはないので、吸う力によってミルクの量がコントロールしやすいという特徴がありますよ。 その他にもメーカーによっては、乳首の穴の形ではなく、穴の数によってミルクの量をコントロールしているところもあります。 哺乳瓶の乳首の基本的な選び方 哺乳瓶の乳首を選ぶ際には「月齢」と「ミルクを飲み終わるまでの時間」を目安にします。 哺乳瓶の乳首の選び方1:月齢 哺乳瓶の乳首を選ぶ際、一番簡単な目安になるのが、赤ちゃんの月齢です。 哺乳瓶の乳首のパッケージには、その乳首ごとの月齢の目安が記載されています。 哺乳瓶の乳首の選び方2:ミルクを飲み終わるまでの時間 赤ちゃんがミルクを飲み終わるまでの時間も、乳首選びのポイントになります。 一般的には哺乳瓶でミルクを飲ませるときも、おっぱいと同じく、10〜15分くらいで飲み終わるのがいいとされています。 そのため、それよりも時間がかかりすぎているなら、もっと量が多く出るタイプのものを選びましょう。 それとは逆に、早く飲み終わってしまう場合には、ミルクが出にくい乳首に付け替えてあげてもいいかもしれませんね。 哺乳瓶の乳首の交換は「飲まない」解消法のひとつ この記事では、哺乳瓶の乳首を選ぶときのポイントをご紹介してきましたが、乳首は赤ちゃんによって好みが分かれます。 そのため、赤ちゃんの月齢に合わせた乳首を買っても飲まないという場合もあります。 そんなときは、少し散財しますが、乳首自体の形が大きく違う、別のメーカーの哺乳瓶に変えてもいいかもしれません。 または、ミルクを変えたり、授乳する場所を変えてもいいかもしれません。 哺乳瓶の乳首を変えることは、あくまでもミルクを嫌がるときの解消法のひとつです。 哺乳瓶の乳首を取り替えても、赤ちゃんのミルク離れが続くようなら、他の方法も試してみてくださいね。

次の

失敗しない!哺乳瓶のサイズや種類とおすすめの選び方

哺乳 瓶 乳首 サイズ

哺乳瓶のちくび 赤ちゃんの成長に合わせてサイズチェンジ 赤ちゃんは本能的にミルクの飲み方を知っていて、生まれたときから舌、あご、そして口の動きでミルクを吸います。 赤ちゃんのミルクを飲む力は成長と共に変化していくので、一般的に哺乳瓶のちくびも赤ちゃんの成長に合わせてサイズチェンジするもの。 順調に哺乳が出来て安心安心と思ったのもつかの間、赤ちゃんの口腔内の筋肉の発達に哺乳瓶のちくびが合わないと、赤ちゃんが 哺乳瓶のちくびを嫌がってミルクが進まない…ということも時々あるようです。 赤ちゃんの成長に合わせてママは哺乳瓶のちくびを選ぶことになるわけですが、市販される哺乳瓶のちくびは様々なものがあり選ぶのは一苦労!なかには哺乳瓶とセットで購入しなければいけないちくびも…。 ここでは赤ちゃんが哺乳瓶のちくびを嫌がる理由とちくびの選び方についてご紹介します。 哺乳瓶のちくび交換サイン 新生児のうちはミルクを飲む腔内の運動がバランスよく出来なかったり、吸てつ力が少し弱かったりするため、哺乳瓶のちくびも新生児用のものを使っています。 しかし、少し月齢が増し吸綴(きゅうてつ)力もつき、哺乳もスムーズにできるようになってきたら、哺乳量がどんどん増してくるので、哺乳瓶のちくびもそれに合わせてサイズを変更していく必要があります。 その他にも、いつもと同じようにミルクを作った、そして哺乳瓶・ちくびもいつもと同じものなのにもかかわらず、赤ちゃんがミルクを飲みながら文句を言うようなしぐさをしたりミルクを飲む時間に著しい変化が出てきたら、哺乳瓶のちくびが赤ちゃんの成長に見合っていないことが考えられるので、このようなときはちくびを交換してみましょう。 1月齢に応じたサイズをチェック 哺乳瓶のちくびの穴は主に3種類、丸穴とクロスカット、スリーカットがあります。 丸穴タイプの哺乳瓶のちくびは月齢に応じたサイズ変更が必要ですが、クロスカットとスリーカットは赤ちゃん自身の吸綴(きゅうてつ)力によって出る量が変化するので、サイズは変更する必要がありません。 月齢と哺乳瓶のちくびのサイズ(丸穴) 新生児期(生後7日以降)…SSサイズ(哺乳量目安80~120ml) 生後1ヶ月…Sサイズ(哺乳量目安120~160ml) 生後3カ月…Mサイズ(哺乳量目安160~200ml) 生後6か月…Lサイズ(哺乳量目安200~220ml) あくまでも目安です。 哺乳瓶のちくびは哺乳の度に使用するもの。 いわゆる消耗品ですので、 劣化の有無は常にチェックし1ヶ月程度を目安に交換してあげましょう。 2哺乳を嫌がっていないかチェック 赤ちゃんがミルクを飲みながら泣いたり文句を言うようなしぐさをしたりして、なかなかミルクが進まない状態は、哺乳瓶のちくびを嫌がっているサインである可能性も考えられます。 3哺乳時間をチェック 赤ちゃんの哺乳時間は目安として大体15分から20分くらい。 これよりも早く飲み終わってしまうなら、赤ちゃんが満足出来ない可能性も。 赤ちゃんが哺乳瓶のちくびを嫌がる理由 赤ちゃんが哺乳を嫌がる原因が哺乳瓶のちくびである場合、主に3つの理由その原因として考えられます。 1ミルクが出ない 赤ちゃんが吸てつしたときに出てくるミルクの量が、吸っても出てこない、またはミルクがあふれて上手く飲めない状態になり、当然赤ちゃんは不機嫌に…。 特に吸っても出てこないという場合には、疲労感のみが蓄積するので満足できず嫌がってしまう傾向があります。 ミルクの出が悪いかな?と思ったら• 哺乳瓶のふたを一度緩めてみましょう 赤ちゃんの吸てつ力が強いと哺乳瓶の中が密閉状態になりミルクの出が悪くなることがあります。 このような場合は哺乳瓶のふたを緩め、一度空気を入れてあげましょう。 哺乳瓶のふたはぎゅっときつく閉めるのではなく、ミルクを飲むときにこぼれない程度の力加減でふたをしましょう。 ちくびの穴はきちんと開いていますか? 哺乳瓶のちくび専用の洗浄ブラシなどを使って、ちくびが詰まってミルクの出が悪くなっていないか確かめましょう。 ちくびを洗うときやすすぎのときは、ちくびをおさえて水を出し、穴がしっかり貫通しているかも確かめましょう。 2ミルクが出過ぎる 赤ちゃんの吸てつ力とミルクの出のバランスが悪く、赤ちゃん自身が対応できるミルクの量に見合っていない場合も、赤ちゃん自身が思いがけない量のミルクにおぼれてむせてしまうだけで上手く飲めませんね…。 ミルクがあふれてしまうときは ちくびのサイズアップの結果赤ちゃんの口からミルクがあふれるようなときは、サイズを戻してみる、穴やちくびの形状を変えてみる等の対応をしてみてはいかがでしょう。 3形や材質が気に入らない 突然ちくびの材質や形状を変えた場合、これも赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる理由となってしまうと考えられています 哺乳瓶のちくびの材質と特徴 ちくびの材質は、ゴム製、イソプレンゴム製、シリコン製があります。 シリコン製は透明で弾力があり、やや硬いちくびです。 またにおいがないのが特徴です。 硬さがあるために吸綴力の弱い赤ちゃんは口腔内でフィットせず嫌がることもあります。 ゴム製とイソプレンゴム製は、黄色で柔らかく、シリコン製よりも柔らかくお母さんのちくびに感触が似ています。 しかしゴム臭があるために嫌がる赤ちゃんもいます。 ちくびの形状 ちくびの形はメーカーによって様々。 通常の哺乳瓶では、丸型でお母さんのちくびに似たをしていますが、メーカー独自に開発され、より口腔内にフィットする独特の形をしたものもあります。 最も一般的なシリコン製・通常の丸型のちくびの場合、見た目はお母さんのおっぱいに似ていても、口腔内ではフィットしない状態であることも。 哺乳するときに ちくびが口腔内にフィットしないと赤ちゃんにとって吸てつしづらく、空気をたくさん飲んだり、こぼしたりする原因にもなります。 赤ちゃんがちくびのサイズを変えても哺乳を嫌がった場合、ちくびの形を変えることで意外にも哺乳がスムーズにできたということもあります。 哺乳瓶のちくび選びのポイント 哺乳瓶用のちくびの選び方にはいくつかのポイントがあります。 赤ちゃんの授乳時の様子や月齢等も考えて選んであげましょう。 1ちくびの材質を変える 同じ形状のちくびでも ゴム製のちくびは柔らかくシリコン製は固め。 ちくびの材質の違いは赤ちゃんの口腔内のフィット感にも関係します。 ちくびの材質を変えるするだけで赤ちゃんの哺乳力が増すということもあります。 しかし、 ゴム製のちくびは若干ゴム臭が気になる他、熱に弱く劣化しやすいのが難点。 使用しているうちにゴムの弾力性がなくなり哺乳時にちくびがペタンコになってしまうと逆に飲みにくくなるためこまめに劣化チェックをしましょう。 2ちくびの穴のサイズを変更する 穴の形状が丸穴のちくび使用の場合、赤ちゃんの月齢に応じたサイズ変更をしていきます。 新生児はSSサイズ、1か月~3ヶ月の赤ちゃんはSサイズ、3ヶ月から6カ月はMサイズ、6カ月以降に使用するLサイズがあります。 サイズは目安にすぎないので、赤ちゃんの発育に合わせて一番飲みやすいものを選択するようにしましょう。 穴の形状がクロスカットとスリーカットの場合、ちくびのサイズは一種類です。 ただ月齢が小さいと吸綴できないこともあるため、嫌がる場合があります。 クロスカット・スリーカットのちくびは、ミルクが上手に飲めるようになった赤ちゃんにおすすめです。 スリーカットはクロスカットよりもミルクの出方をコントロールしやすくむせにくく、クロスカットはお茶や果汁を飲むときにに適しているとされます。 生後2ヶ月頃からの使用を目安に。 3ちくびの形を変える 丸型のちくびで嫌がるという場合、ちくびの形を思い切って変えるという方法もあります。 丸型以外にもちくびはメーカーによって様々な形状があり、より口腔内でフィットするように設計されているものも多く、赤ちゃんが飲みやすくできています。 赤ちゃんに使用するものだから…洗浄&交換が大切 毎日使用する哺乳瓶と乳首。 使用したら基本的にすぐに洗浄をすることが大切です。 時間がたつと乾燥したミルクが穴をふさぎ、さらにばい菌の温床となり不衛生になりがちです。 哺乳瓶とちくびは、哺乳が終わったらちくび専用のブラシと洗剤を使用して細部までしっかり洗浄し、電子レンジ消毒、煮沸消毒、薬剤消毒などで衛生を保つようにしましょう。 哺乳瓶のちくびは、赤ちゃんが噛んだり、洗浄・消毒を繰り返したりすることで、劣化していきやすい物ですので、使用の度にちくびの亀裂がないか、ゴムのへたりはないか等も気を付けてチェックして、ミルクが飲めなくなる前に早めに交換してあげましょう。

次の